top

3冠達成のリヴトラスト?不動産投資のリヴグループを徹底調査

将来の不安を解消するために投資を行う人が増えていますが、その中でも不動産投資がサラリーマンから主婦などの幅広い年齢層で人気となっています。
不動産投資によって給与とは別の収入が得られるだけでなく、節税効果や相続税対策などの税対策も可能です。
しかし投資そのものが初めてという場合、多くのメリットがあったとしても不安が生じるでしょう。
このような不動産投資のニーズに応えながら、コンサルティングサービスを展開しているのがリヴトラストです。
リヴトラストを含むリヴグループは、投資に関するインターネット調査で3部門が2年連続で1位という評価を得ている会社です。
そこで今回は、3冠達成したリヴトラストや不動産投資のリヴグループについて解説していきます。

リヴトラストの会社概要

高層ビル

株式会社リヴトラストは、不動産に関するニーズに応えている会社です。
ここでは、リヴトラストの会社概要や沿革について紹介していきます。

会社概要

社名:株式会社リヴトラスト
所在:東京都港区六本木7丁目18-18 住友不動産六本木通ビル10F
設立:2007年9月
代表:杉本一也
資本金:1,000万円
事業内容:不動産の売買、賃貸及びその仲介、損害保険の代理店業務、生命保険の募集に関する業務、前各号に付帯する一切の業務
加盟団体:公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会、公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会、住宅産業信用保証(株)加盟

株式会社リヴトラストは、不動産の売買や賃貸の仲介以外にも、損害や生命保険やこれらに付帯する業務を請け負っています。
「リブトラスト」と間違われるケースもありますが、「リヴトラスト」が正しい名称です。
リヴトラストは、リヴグループ内で2007年に設立されました。
リヴグループには、リヴトラスト以外にも多くのグループ会社があります。
沿革でリヴグループ内の設立を確認してみましょう。

沿革

2003年2月:株式会社リヴ設立
2007年9月:株式会社リヴトラスト設立
2008年2月:株式会社リヴシステム設立
2009年3月:株式会社リヴインターナショナル設立、株式会社リヴビルディング設立
2009年10月:株式会社リヴイン設立
2014年3月:株式会社リヴホールディングス設立
2017年6月:株式会社リヴホテル設立
2017年7月:株式会社リヴサービス設立、株式会社Lankuunoをグループ化
2017年9月:有限会社An impressionをグループ化
2018年2月:ホテル「SAKU REN JIMBOCHO」OPEN

リヴトラストは、リヴグループ内でも初期に設立された会社であり、株式会社リヴと同様に不動産関連に特化した業務を行っています。
社名に「リヴ」と付くのは、英単語の「alive」が元となっていて、生きるや生き生きとしたなどの意味が込められています。
不動産で資産価値をより高め、新しい価値の創出を常に心がけている企業であることが社名から読み取れます。

資産活用のリヴグループ

お金

総合不動産企業となるリヴグループは、都市開発事業から資産運用までの相談を受けています。
ここでは、リヴグループがどのような事業を請け負っているのか、各会社の事業内容についてみていきましょう。

各会社の事業内容

株式会社リヴ

・不動産開発事業
・不動産に関するコンサルティング業務
・リノベーション事業
・不動産の売買および仲介
・損害保険代理業

株式会社リヴトラスト

・不動産の売買、賃貸およびその仲介
・損害保険の代理店業務
・生命保険募集に関する業務
・前各号に付帯する一切の業務
・ライフプランコンサルティング事業

株式会社リヴシステム

・不動産の賃貸および管理
・不動産の売買および仲介
・損害保険代理業務
・建物保守、メンテナンス

株式会社リヴビルディング

・マンション管理事業
・ビル管理事業
・プロパティマネジメント事業
・建物の保守、メンテナンス

株式会社Lankuuno

・放課後等デイサービス事業
・児童発達支援事業

有限会社An impression(アン・インプレッション)

・居宅介護支援事業
・放課後等デイサービス
・児童発達支援事業

株式会社リヴインターナショナル

・不動産の売買、賃貸およびその仲介
・海外不動産の売買、賃貸およびその仲介
・海外不動産に関するコンサルティング業務
・損害保険代理店業務
・生命保険募集に関する業務
・前各号に付帯する一切の事業

株式会社リヴサービス

・放課後等デイサービス事業
・児童発達支援事業
・子会社経営管理

リヴグループでは、各会社によって行っている事業が異なります。
しかし、これらは企業理念である「生きるを活かす」を中心とした幅広いサービスとなり、本物の価値ある資産となるように多くの事業でサポートしていることがわかります。

利用するメリットとは?

リヴトラストを含めたリヴグループでは、多くのサービスを提供しています。
ここでは、サービス内容と実際にリヴトラストを利用した場合のメリットについて紹介していきます。

リヴトラストのサービス内容

リヴトラストでは、マンション経営など賃貸業務に関するサポートを中心としています。
ここにはサブリースシステム、集金代行システムというものが存在しています。
マンションオーナーとなると入居に関する契約や手続き、内装の補修やアフターケアなど多くの業務を請け負わなければなりませんが、サブリースシステムの利用によって、これらの業務を全てリヴトラストに任せられるということです。
また、リヴグループによる集金の代行も利用できます。
そのため、専門的な知識や経験がなくても誰もがマンションオーナーになれるという部分が大きな特徴です。

リヴトラストを利用するメリット

リヴトラストでは、収入を増やしたいという願いを叶えるためのマンション経営をサポートしています。
現代では、将来の収入や仕事に対しての不安や悩みを抱えている人が多くいます。
しかし結果的に悩んだままであったり、不安を抱えたままになっていたり、有効に活用する手段が見つからないままの場合もあるでしょう。
このような悩みや不安を堅実で賢く活用できるのがマンション投資であり、多くのメリットが得られるようにサポートするのがリヴトラストです。
リヴトラストでは不動産投資の安全性や収益性、また手間や知識が不要なメリットを活かした運用をサポートしています。
グループ会社で一貫体制を整えているため、契約後も強力なサポートが受けられるのがメリットです。

実際のサービス内容について

リヴトラストでは、マンション経営に関しての業務を担うサービスを提供しています。
マンション経営は投資リスクが少なく、長期的に高い利回りが見込める市場として注目されていますが、投資に関しての知識がないことが不安になってしまうケースも少なくありません。
このような不安を抱えている場合でも、リヴトラストの豊富な実績とノウハウ、サービス内容の充実により、安心と安全な投資が実現できます。
ここでは、リヴトラストが3冠を達成した理由となるサービス内容に注目してみましょう。

サブリースシステム

リヴトラストが提供しているサブリースシステムは、マンションオーナーとリヴグループが賃貸借契約を締結し、第三者に転賃することでマンションオーナーが毎月決まった賃料を受け取るものです。
リヴグループが仲介となる形なので、入居の有無に関係なくマンションオーナーは一定の収入を得られるのがメリットです。
これにより入居者の募集から家賃管理、更新や解約の手続き関連やクレーム処理などの業務を全て任せることができるだけでなく、マンションの保有だけで安定した収入を得ることができるでしょう。

集金代行システム

不動産投資に関しては、リヴグループ全体でサポートしています。
特に賃貸管理で問題となる家賃に関しては、リヴグループがマンションオーナーに代わって責任をもって集金しています。
賃料の集金はもちろんですが、督促業務、退去時の点検も含めて代行してもらえるのが特徴です。

まとめ

不動産投資などは、知識や経験によって成功か失敗かが分かれてしまうと思われがちです。
しかし、リヴトラストのサポート体制は、不動産投資に関しての知識や経験がなくても運用できるため、非常に魅力的だと言えるでしょう。
リヴトラストでは、常に新しい情報や知識を共有し、不動産投資に関しての物件探しから購入後のサポート、そして未来設計に至るまでをトータルコンサルティングし、しっかりとサポートしているのが特徴です。
また、不動産投資によって心配な空室や賃料未回収などのリスクを背負わないように、サブリースシステムを導入しています。
このサブリースシステムによって、賃貸マンションをリヴグループが借り上げることで毎月の家賃がしっかりと保証されます。
収入面以外にも原状回復工事やトラブル対応などにも立ち会ってくれるため、ワンストップで全てを依頼できるのがポイントです。
マンション経営など不動産投資に興味があるものの、不安や心配があるという人はリヴトラストを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。