アールエスアセットマネジメント株式会社の基本情報

こんにちは!

本日は、アールエスアセットマネジメント株式会社の基本情報をご紹介していきます。

アールエスアセットマネジメント株式会社では、再生可能エネルギーを用いたファンドを運営する企業です。

そんなアールエスアセットマネジメントは具体的にどのような事業を展開しており、どのような取り組みで将来のためのサービスを提供しているのでしょうか?

今回はアールエスアセットマネジメントの基本情報や沿革、将来的なビジョンなどをまとめてご紹介しましょう。

アールエスアセットマネジメント株式会社の基本情報

アールエスアセットマネジメント株式会社は、再生可能エネルギーの分野で資産管理や環境事業に取り組んでいる企業です。

具体的にどんな事業を行っている会社なのでしょうか?

アールエスアセットマネジメント株式会社の基本情報をご紹介します。

アールエスアセットマネジメント株式会社の概要

アールエスアセットマネジメント株式会社は東京都港区赤坂に本社オフィスを構えています。

オフィスは赤坂駅から徒歩1分で、近くにはTBSテレビなどのオフィスビルが立ち並ぶ一等地にあります。

主な業務は太陽光発電を中心にした再生可能エネルギーファンドに対するアセットマネジメントですが、設備設置のサポートや市場調査、環境ビジネスのコンサルティングなどエネルギー事業全般に関わっています。

主な事業内容について

アレンジメント事業とインベストメント事業の2つを中心に事業を展開しています。

どのような事業なのか、その内容をご紹介しましょう。

アレンジメント事業

アレンジメント事業は若手アセットマネージャーが中心となって取り組んでいる業務です。

主にファンドストラクチャーの構築と運営管理業務が行われています。

太陽光発電で作られた電気は固定買取制度により、20年間は一定の価格で売却することが可能です。

安定した収益を得られやすことから投資価値の高さが注目されています。

投資家は利益を得る目的として太陽光発電事業を行う特別目的会社を立ち上げ、アールエスアセットマネジメント会社はその特別目的会社に対して出資リターンを最大化させるストラクチャーの構築を行います。

ストラクチャーは社外弁護士や会計士のアドバイス、投資シミュレーションの徹底や投資家との協議を重ねて構築されるので、納得のいく出資リターンが得られると期待できます。

提携会社を通じて設備を設置する土地の選定から設置工事、運用中のメンテナンスまで提供することで、投資家は初期コストを抑えて設備を保有可能です。

太陽光発電設備はアールエスアセットマネジメント会社が運営し、資産状況やメンテナンス状況は常時レポートでまとめられ、投資家に提供されます。

自ら運用する必要がなく、レポートは透明性が高いので安心して任せることができるでしょう。

インベストメント事業

インベストメント事業は太陽光発電設備を持っている特別目的会社にTK出資を行っている事業です。

TK出資とは匿名組合出資のことを指し、匿名組合員と呼ばれる複数人の投資家が特定の太陽光発電設備に投資し、その資金で運用して出た利益を分配する投資になります。

匿名なので投資家は投資先がどこなのか分からず、また出資を受けた特別目的会社も誰から出資を受けたかは分からない仕様となっています。

また、投資リスクは出資の持分のみに発生するので、出資以上の損失を受けないことが大きな特徴でしょう。

アールエスアセットマネジメント株式会社は特別目的会社が安定した収益を確保できるように、TK出資を通じて支援しているのでしょう。

同時に再生可能エネルギーファンドに興味を持つ投資家が気軽に投資できる機会を与えてくれる事業と言えます。

その他事業

アールエスアセットマネジメント株式会社では、太陽光発電以外にバイオマス発電、風力発電、地熱発電、風力発電の開発や事業化をサポートしています。

用地交渉や計画、設置、運用・保守までトータルでサポートしているので、効率良く発電事業を始められます。

また、新規で環境ビジネスを始めたい事業者に対してコンサルティングも行っています。

専門知識やノウハウ、実績、市場調査による情報をフル活用し、環境ビジネスの構築を手助けしているのです。

最近はアジアを中心に海外の環境ビジネスにも取り組んでいます。

まだ経済的に発展が乏しいアジアはエネルギーや環境に関する問題が懸念されており、対策が必要とされています。

課題解決に向けて大手商社などのパートナー会社と共に、国ごとの課題やニーズにあった環境事業を展開していく予定です。

アールエスアセットマネジメント株式会社の沿革

アールエスアセットマネジメント株式会社は2013年3月に設立されており、まだ比較的歴史の浅い会社であることが分かります。

設立された背景には2011年3月に起きた東日本大震災が影響していると考えられます。

東日本大震災ではM7クラスの大地震が発生し、海岸側の街は津波に飲み込まれ、さらに福岡の原子力発電所はメルトダウンによる原爆事故が発生し、多くの犠牲と被害が出ました。

地震が起きると電気や水道、ガスといったライフラインは止まってしまうことが多く、被災地では生活に困難が生じます。

また、原子力発電での事故は環境や人々の健康に悪影響を及ぼす危険性があります。

大きな地震を経験したことで、日本では安定かつ安全な電力供給が求められるようになりました。

再生可能エネルギーは自然の力なので環境に悪影響を与えず、また資源が枯渇するリスクや健康被害を与える事故が起きる可能性が低いという利点があります。

近年は家庭と産業の両方で普及し始めていますが、まだまだ発展段階であり安定した電力供給には至っていません。

アールエスアセットマネジメント株式会社は安全な再生可能エネルギーを広め、安定した電力供給の実現を目指して設立されたと考えられます。

アセットマネジメントをメイン事業にしている理由は、人々に関心を持ってもらうきっかけを作るためでしょう。

そもそも固定買取制度も普及を促すために政府が推進したものなので、再生可能エネルギーファンドに対するアセットマネジメントは普及に有効と言えます。

アールエスアセットマネジメント株式会社は投資家の出資リターンを最大化にしつつも、インフラ改革への貢献を理念にしているので、単純に利益を追い求めている会社ではないことが分かります。

歴史が浅い会社ですが、現時点で設置実績は全国でも数多く、豊富な実績を持っています。

アグレッシブになりすぎない投資は、多くの投資家に受け入れられていると考えられます。

今後の展開まとめ

アールエスアセットマネジメント株式会社は、再生可能エネルギーを用いた海外環境ビジネスを展開しており、世界からも注目を浴びている事業です。

国によって抱えている課題は異なりますが、それぞれのニーズに合った問題解決法で実績を積み上げています。

発展途上真只中の企業ですが、今後どのような展開が予想されているのでしょうか?

ここでは、アールアセットマネジメントの将来性について解説していきましょう。

アールエスアセットマネジメント株式会社の将来展望

アールエスアセットマネジメントは、今よりもさらに安全な電力を供給しインフラ改革していくビジョンを持っています。

現在の日本は少子高齢化や過疎化が進み、遊休地が徐々に増え始めています。

この遊休地を持て余すことなく太陽光発電設備を設置し、有効活用しているのがアールエスアセットマネジメントです。

新たな電力供給に励むことは大切ですが、それには設備を備えるための土地が必要になります。

新たな電力供給に取り組むためにはできる限りコストを抑えたエネルギー供給も同時に求められるでしょう。

そんな中、アールエスアセットマネジメントは、うまく扱いきれず処置に困っている遊休地に目を付けたのです。

過疎化が進んでいる地域の土地は、低価格な分需要がありません。

不動産や駐車場経営をする事業もありますが、そのような土地活用では期待以上のリターンは得られないでしょう。

利用する人がいなければ初期費用にお金がかかり大きなリスクにつながります。

その点、太陽光発電はメリットが多く得特異な土地活用と言えるでしょう。

そのことにいち早く目をつけたアールエスアセットマネジメントは、遊休地をそのままにしておくのではなく再生可能エネルギーの供給地として活用しているのです。

今後も遊休地を活用したエネルギー供給をさらに増やしていくことでしょう。

将来的にバイオマス発電を稼働

今後、アールエスアセットマネジメントはバイオマス発電による電力供給を稼働させる予定です。

現在安定的なベース電源として大手発電所と共に開発を進めています。

限りある資源かつ効率的に利用するには、持続できる形で資源循環を行うことが理想とされています。

バイオマス発電は、カーボンニュートラルの考えのもの、環境負荷の少ない発電方法として大きな注目を浴びている安定した発電施設です。

 

今回は日本国内のエネルギー事情に有益な環境側面を与えているアールエスアセットマネジメントの基本情報や沿革、今後の展望などについて解説しました。

アールエスアセットマネジメントが行っている太陽光発電は環境に貢献していることはもちろん、事業性や経済性にも強く関連付いています。

その証拠に発電設備設置の実績は、全国規模にまで発展しています。

海外環境ビジネスも視野に入れていることから、今後の展望についてはさらに期待できるのではないでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。