• HOME
  • ブログ
  • 企業分析
  • シリアルアントレプレナー(連続起業家)の松本剛徹氏やリアルプロモーションについて徹底解説!

シリアルアントレプレナー(連続起業家)の松本剛徹氏やリアルプロモーションについて徹底解説!

松本剛徹氏は、シリアルアントレプレナー(連続起業家)として知られている人物です。
現在は、株式会社リアルプロモーションの代表取締役を務めており、各種セミナーなどにも積極的に登壇しています。
書籍も販売していることから、幅広い場面で活躍していることがわかるでしょう。
今回は、幅広く活躍している松本剛徹氏が一体どのような人物なのか徹底的に解説していきます。
松本剛徹氏が提供しているサービスなどが気になっている人、松本剛徹氏がどのような人物か知りたい人などは必見です。

松本剛徹氏はどのような人物なのか?シリアルアントレプレナー(連続起業家)とは?

はじめに、松本剛徹氏はどのような人物なのか知るために経歴からみていきましょう。
ここでは、シリアルアントレプレナーについてもあわせて解説していきます。

【松本剛徹氏の経歴】

1985年に生まれた松本剛徹氏は、慶応義塾大学環境情報学部が最終学歴となっています。
慶応義塾大学を卒業してすぐに富士通株式会社に入社しました。
大手企業に入社したのですが退職し、株式会社DeNAに転職しています。
株式会社DeNAでは、モバイルマーケティングに関する事業に従事していたそうです。
2011年には株式会社リアルネットという会社を創業しますが、年商10億円の企業まで成長させた段階で大手企業に売却しています。
株式会社リアルネットは、20代経営者ベストベンチャー30に選ばれるきっかけとなった会社でもあるため、松本剛徹氏にとって思い入れがある会社だと考えられるでしょう。
それでも売却をしたのは、松本剛徹氏がシリアルアントレプレナーだからです。
シリアルアントレプレナーとは、いくつもの企業を立ち上げては売却を繰り返す人を指します。
これまでに松本剛徹氏が手掛けてきた事業は、マッチングビジネス事業やイベント講演会事業、AI(人工知能)事業、メディア事業、教育事業、コンサルティング事業、HP・LP制作事業などです。
多角的な事業展開により、グループの年商は20億円を超えるまでに成長しました。

【シリアルアントレプレナーとは?】

松本剛徹氏はシリアルアントレプレナーと呼ばれています。
いったいシリアルアントレプレナーとはどういった肩書きなのでしょうか?
シリアルアントレプレナーは、連続してベンチャー企業を立ち上げる起業家のことです。
成功させた事業をIPO・メガベンチャー・大企業に売却して売却益を得ます。
その売却益と成功体験から投資家の信頼を獲得し、新たな事業を立ち上げていきます。
起業したビジネスが上手くいかなかったとしても、そこで得た経験を糧にして次の事業にチャレンジしていくのです。
日本ではまだまだそのような手法が浸透しておらず、ベンチャー企業やスタートアップ企業のM&Aはそこまで盛んではありません。
それどころか、事業売却などに対するネガティブなイメージが先行しているため、積極的にシリアルアントレプレナーを目指すのは難しい状況になっています。
一方、海外ではメガベンチャーに事業売却をするケースが比較的多く見られるため、シリアルアントレプレナーとして活躍している起業家の数も日本より格段に多いです。
海外でそのような手法が浸透しているのは、企業買収が成長戦略になっている企業が多いからだと考えられます。
近年は、日本の企業も海外と同じような考え方を取り入れつつあるので、シリアルアントレプレナーの存在感が今後は大きくなっていくのではないかと考えられます。

松本剛徹氏が代表を務める株式会社リアルプロモーションはどんな会社?

シリアルアントレプレナーとして多くの事業に携わっている松本剛徹氏は、株式会社リアルプロモーションの代表取締役を務めています。
続いては、松本剛徹氏が代表取締役を務めている株式会社リアルプロモーションがどのような会社なのかご紹介します。

【会社概要】

株式会社リアルプロモーションは、2019年10月1日に設立された会社です。
東京都港区にある品川グランドセントラルタワーに拠点を置いています。
総合マーケティング支援事業、講演会・イベント事業、経営コンサルティング事業が主な事業となっています。

【企業理念】

株式会社リアルプロモーションでは、これまでにはなかった商品やサービスを生み出すことをミッションとして掲げています。
ただ新しいものを生み出すのではなく、“本物”であることを何よりも大切にしています。
提供している側が“本物”だと誇示するのではなく、顧客側が“本物”だと感じなければ意味がないとまで言っているのです。
つまり、双方の考えが一致した時こそ、提供している商品やサービスに価値を見出せると言えるでしょう。
そんな株式会社リアルプロモーションでは、「100年100億」というビジョンも打ち立てています。
このビジョンは、100年続く会社を目指したいという思いが込められています。
100年続く会社を目指すには、安定した利益が必要になるので100億円の利益も目指しています。
安定した利益を手にするために多角的な事業に取り組んでいるのも、シリアルアントレプレナーとして多くの事業に携わってきた松本剛徹氏の経験が活かされていると考えられるでしょう。
時代の変化に対応するためにも、多角的な取り組みを行っているのは必要なファクターだと言えます。
また、株式会社リアルプロモーションでは7つの思考行動指針を大切にしています。
これは、社内の取り決めをするための重要な指針として打ち立てられているものです。
具体的には、以下の7項目が行動指針として掲げられています。

・自ら考え、行動し、協力を仰ぎながら、結果を残す
・上手くいった時は周りに感謝、失敗した時は自分の責任
・「なぜ?」「どうすれば?」を常に自分に問いかける
・自分の仕事だけやれば良いは論外
・お客様は神様ではない
・人や物事の50%を見る
・2種類の約束を守る

松本剛徹氏が出版した書籍にはどんなものが?

シリアルアントレプレナーであり株式会社リアルプロモーションの代表取締役を務めている松本剛徹氏は、書籍も手掛けています。
これまでに出版したのは、『ゼロから始めるスマートフォン集客術』、『ゼロから年商10億円企業を創る』という2冊の書籍と、『スマホ通販完全マニュアル』という電子書籍です。
『スマホ通販完全マニュアル』に関しては、口コミや評判などを見つけられませんでした。
しかし『ゼロから始めるスマートフォン集客術』、『ゼロから年商10億円企業を創る』に関してはAmazonで購入可能となっており、口コミも掲載されていました。
ここでは、それぞれの口コミをご紹介します。

『ゼロから始めるスマートフォン集客術』の口コミ

“具体的事例もふんだんに紹介されているのでとても理解しやすいです。
スマートフォン集客に興味がある方はまず読んでみた方が良いと思います。”
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R15QJ34P6YTV3W/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=487723182X

スマートフォンを使った集客にこれからチャレンジしたい場合おすすめの1冊です。
まずはこの本を読んでおくと、どのようにするとスムーズなのか理解し、実践しやすくなるでしょう。

“読むと、「そうだね」と共感はできる内容です。でも、スマホ向けサイトを作るとか、店舗に有効とか、見る人の導線を考えよとか、まあ当たり前と言えば当たり前のことでびっくりするほどの内容ではないような気がします。スマートフォン向けサイトのことを学ぶ初心者(初めてスマホ向けページを作る方、これから業者に発注される方)にはよいですが、既にスマートフォン向けサイトを運営されている型にはちょっと物足りない内容かも知れません。”
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3D0GA9TR49TN9/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=487723182X

慣れている人にはもしかするとわかりきった内容かもしれません。
しかし、初心者にとっては収穫のある内容になっているため、読んでおいて損はないと考えられます。

『ゼロから年商10億円企業を創る』の口コミ

“私は現在年商規模で1億ぐらいの会社を経営していて、年商規模がすべてではないとおもうのですが、
年商10億円を目指しています。言葉でいうのは簡単ですが、今でもいろんな問題が山積みなのに、
今の10倍の売上規模になったら、もっと大変だと思います。今の私の規模のステージ
の章を何度も読み返してしまいました。今の私の悩みや不安がそのまま書かれていました。
机上の空論ではなく、本当に実際に会社を経営している人でないとわからないことがたくさんかかれていました。今ではスタッフさんもいて、みんなに支えられてここまでやってきたので、もっと年商規模が大きくなると、もっと大きな問題や、考えないといけないことがあると思いますが、大変なことばかりだけどやりがいもあるので、がんばっていこうとおもいました。ずっと、置いておきたい1冊です。”
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RD2TEM0NLM66I/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B09XGXL414

年商規模が大きくなればなるほど、悩みや不安の内容が変わっていくものです。
この本は、それを経験した松本剛徹氏が手掛けているため、それぞれのレベルに合う知識を学び取れるようになっています。
不安を感じた時の心強い味方になってくれる1冊になっていることがこの口コミからわかります。

“この本は名前の通り、企業の将来に対しての目標の作り方、問題点の乗り越え方などが示されていました。
本当にためになる事がたくさん書かれていました。”
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1ZXHB5H1CPQOF/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B09XGXL414

企業が長く経営を続けるには、将来的な目標を考えることも重要になります。
問題点を乗り越えるためのヒントも得られるため、起業家なら必携の1冊だと言えるでしょう。

無料Webセミナーや無料メールマガジンでは何を発信している?

松本剛徹氏は、無料Webセミナーや無料メールマガジンで情報発信を行っています。
最後に、無料Webセミナーや無料メールマガジンで発信していることをご紹介していきます。

【無料WEBセミナーについて】

無料WEBセミナーの内容

「0→1を次々生み出す新規ビジネスの作り方」というタイトルで無料WEBセミナーは開催されています。
松本剛徹氏の他に、小島幹登氏も講師を務めています。
シリアルアントレプレナーである松本剛徹氏と新規事業をいくつも立ち上げてみた多角化経営者である小島幹登氏が、ビジネスチャンスの掴み方やアイディアの探し方、収益につながるビジネスモデルの作り方、そして売上を得るまでの6つのステップを無料で公開しているのです。
小島幹登氏は、株式会社イーメディックなど複数の会社を経営している人物で、シリアルアントレプレナーとしての一面を持っています。
佐藤文昭氏との共著である『1か月で3億稼ぐジョイント思考』は、堀江貴文氏からも絶賛されている書籍です。
松本剛徹氏と小島幹登氏が講師を務めている無料WEBセミナーでは、これから起業したいと考えている人に最適な情報を発信しています。
儲かるのはどのような事業なのか知りたいと思っている人も要チェックです。

無料WEBセミナーの口コミ

“参入した新規事業の成功確率を上げたいため申し込みました。ビザスク活用やビジネスモデルの解説などが学びになりました。”
引用元:https://real-pro11.com/newbusiness01rp/webinar_video/opt/mm.html

新規事業を成功させることは、起業家にとって必要なことです。
そのためのヒントを得られるのは起業家にとって大きなメリットだと言えるでしょう。
だからこそ、このような口コミがあると言えます。

“コンテンツは沢山あるが、セールスが上手くいかないのが課題でしたが、顧客分析・競合分析のやり方が学びになりました。”
引用元:https://real-pro11.com/newbusiness01rp/webinar_video/opt/mm.html

セールスが上手くいかなければ、売上にも反映されなくなってしまいます。
それではビジネスとして成り立たなくなってしまうので、顧客分析や競合分析のやり方を学べるのは有益だと言えます。

【無料メールマガジンについて】

無料メールマガジンは、「0→1の新規事業を次々生み出す連続起業家の日刊メルマガ」というタイトルです。
メルマガを受け取ると、期間限定特別Zoomセミナーに参加したり、特別無料動画を視聴したりできるようになります。
多角化経営のヒントなどを得られるため、起業家にとって有益な情報が手に入るツールなのです。

まとめ

シリアルアントレプレナーのひとりである松本剛徹氏は、これまでに幅広い事業を展開してきました。
起業と売却を繰り返し、そこで得た知識を活かしたビジネスを株式会社リアルプロモーションで展開しています。
松本剛徹氏が書籍を出版したり、様々なセミナーに登壇したりといった実績も有しています。
無料Webセミナーや無料メールマガジンによって、提供しているノウハウや知識もこれまでの経験で培ってきた有益なものばかりです。
これから起業を考えている人や松本剛徹氏などのようにシリアルアントレプレナーを目指したい人は、ぜひ書籍や無料Webセミナー、無料メールマガジンなどをチェックしてみましょう。
書籍やセミナーなどの口コミ・評判を見てみると、いずれも満足度が高いことがわかります。
そのため、企業を目指す人ならぜひチェックしておきたい書籍やセミナーだと言えるのです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。