2ch(2ちゃんねる)や5ch(5ちゃんねる)でよく見かける不動産会社アルテカとは

こんにちは!

今回はアルテカの野村紘一さんについて調べてみました。

野村紘一さんの経営哲学に「総合的な高付加価値」があります。高級感を大切にしつつ人が生活できる(利便性が高い)ようにすることで不動産の価値を高め、買い手をみつかりやすくします。売り手にも住む人々に大きな感動を与え続けているのが野村紘一さんです。

では、早速、詳細についてみていきましょう。

野村紘一さんが代表の会社で行うリフォーム

2ch(2ちゃんねる)や5ch(5ちゃんねる)でも見かけますが、高齢者が運転する事故のニュースを見聞きするごとに、他人事ではないと考えます。年齢に関係なく、事故というのは偶発的に起こるものですし、巻き込まれるものだからです。事故を避けるためには運転をやめるという決断が有効ですが、生活をする上では車のない状態になると不便になってしまいます。

そこで高齢になったら運転をしなくても、生活をする時に困らない立地にある住まいへの引越しを検討しています。いくつか候補となるマンションを見つけましたが、予算に合わせて選んだものは中古マンションになりました。中古マンションはすでに人の流れが周囲にあるので、比較的立地が魅力的ですし、新築よりも価格面でお得感があります。ただそのまま入居するのであれば、以前の持ち主の痕跡が残っていますし、建設当時から時間がたっているので設備も古くなっています。

そこで2ちゃんねるでも話題になっていた野村紘一さんが代表を務める株式会社アルテカに、リフォーム・インテリア部門が存在することを知る相談することにしました。野村紘一さんの素晴らしい住まいを提供するという理念に基づいて、相談をするとマネージメントコーディネーターが親身になって対応をしてくれました。リフォームにかけられる費用の範囲内で、できることや絶対にこだわりたい部分をリストアップしていくので効率的な話し合いができます。

リフォームを行う上で気になっていたのが、耐震診断でした。マンションそのものは耐震性が高いということで安心感を持っていましたが、それでも震度7以上の大きな地震の場合に耐えられるかどうか不安があったからです。震度7でも耐えられる最新耐震工事があるということ、そして希望をすれば建築工事部門と連携をしているので工事が行われることを知り安心しました。

内装リフォームをすることで、クロスの全面張替えの他にキッチンなどの設備も新しくすることを考えています。マンション全体を建設するスキルを持っている会社だからこそ、リフォーム工事も安心して任せられます。

野村紘一さんの経営哲学を考えてみた

株式会社アルテカの野村紘一さんの経営哲学は「タイムイズマネー」や「総合的な高付加価値」など様々ありますが、今回は「総合的な高付加価値」について考えていきます。

「総合的な高付加価値」とはすなわち不動産の価値を高める事です。

例えば近年の賃貸住宅では当たり前となっている内装のリフォームは利用者を呼び込みやすくするための方法であり、建物の価値を高くしています。特に人が生活できるようになっている事がポイントとなっているものの、野村紘一さんの場合はこれを高級感と周囲の環境を壊さない自然的な要素を重視して成功しました。個人的には一定のブランド、つまり高級感を大切にしたことが好ましいです。

その理由は最近の京都の光景に思うところがあるからに尽きます。国内だけでなく、海外の観光客を重視するようになっている京都は常に人混みであふれています。それは街が活性化している証拠であるものの、そのために京都は「ジパング」になりつつあるように思えてならないのです。「ジパング」とはいわゆる外国における日本のイメージで、派手でクールなジャパンとまとめられます。しかしそれはあくまでイメージでしかなく、本来の日本の姿は地味で静かである事が実際のところです。

けれども観光客は本来の姿を見たいのではなく、本物の体験をしたいと語ります。そのため京都には着物レンタルといったサービスが普及し、外国人が思い描く建物や体験が多くなりました。まさに町全体が1つのアトラクションとなりつつあるわけですが、自分にはどうしてもこのままでは寂れてしまうような気がしてならないのです。どんなに人気を博したものでも時代の流れとともに衰えていきます。

確かに京都は「ジパング」を取り込んだことで「総合的な高付加価値」が高まったかもしれませんが、あまりにも依存的です。「ジパング」を取り込んだまでは良かったと思いますが、本来の日本らしい部分まで押しつぶしたのは良くなかったと思います。このように「総合的な高付加価値」は深く、あらためて野村さんの凄さが分かりました。

野村紘一さんの不動産売却の手法について

不動産会社の代表である野村紘一さんは一部の地域の地価の下落に伴い、売却の手法を改めることによってさらなる利益の向上を考えています。例えば、都心部から離れた立地が劣悪な地域の場合、値段が付けられないことがあります。一般的な不動産会社であれば、0円で物件を手放すこともありますが、野村紘一さんの場合は更に買い手が見つかりやすくしているのです。

買い手を見つけるためには、何よりもその周辺の地域が安全であり、なおかつ利便性が高いことをアピールすることが重要です。特に近年は超高齢化が深刻で、従来の日本家屋では高齢者の生活が不便になってしまいます。そこで、事前に住宅の耐震補強工事などの安全性を高めるなどの手段を取るだけでなく、階段やトイレなどに手すりを取り付けたり、段差を減らしたりするなどの内装工事を行っています。こうすることで高齢者でも安全かつ快適に生活をすることができるのです。

ただし、全ての不動産に同様の工事をするわけではありません。周辺に病院や商業施設などが存在しない限り、それらの工事を行ったとしても損失が増えてしまうだけです。最低でもタクシーやバスなどで通うことができる範囲内の住宅の改装工事を行うようにしています。こうすることで一方的に不動産の価格を落として売り払うのではなく、付加価値を高めることで損失を低減させているのです。

野村紘一さんのこの不動産売却の手法によって、会社経営は非常に安定しています。また、近年では災害発生によって不動産の倒壊や損壊のリスクも発生するようになりました。しかし、一部の災害はその被害規模を予測することができます。例えば、海岸沿いや近くに河川がある場合は大雨や地震などによって洪水、もしくは津波により浸水の被害が発生してしまうことが予想されます。物件が浸水した場合、木造住宅では腐食が進行してしまうこともあるのです。これらの不動産はなるべく災害発生前に売却処分することで、損失を低減させています。

現代社会でも大きな感動を与えている野村紘一さん

人間というものは今までになかった素晴らしいものに出会うと少なからず感動を覚えるものです。それは人々が日々暮らす住居に関しても同じことが言えるでしょう。例えば遠い私たちの祖先は、他の動物たちと同じく風雨にさらされる環境で暮らしていたと想像しますが、何かのきっかけで自然に出来た洞窟や雨をしのげる大木を見つけると、そこに移り住んだと思われます。そこで暮らすようになり、前より居心地のいい環境だと分かった時、私たちの祖先は物凄く大きな感動を心に抱き、それを作り出し用意してくれた大自然の何者かに感謝の念を抱いたに違いありません。

そういった遠い過去と比べると物やサービスがたくさん溢れ、かつ豊かな文化が育ち、多くの面においてクオリティが高くなったグローバルな現代社会において、極めて大きな感動というものはもう得られないかもしれません。

ところが「一流」と名の付くものは、進化した現代社会においても人々に大きな感動を与えています。例えば、エントランスに心癒される水の流れを施していたり、有名作家の美術作品を展示しているなど、優雅な雰囲気で満たされた空間を演出した高級マンションがあります。ただ暮らしやすいといった機能面だけを重視した居住場所ではなく、一歩入っただけで心のゆとりを感じさせ高級感に包まれたような気分にさせてくれる「一流」が施されたマンションです。

そういった高級マンションを提供し続けているのが、アルテカ・グループの代表を務める野村紘一さんです。今や高級マンションは多くなってきていますが、数十年も前から続けているのが不動産総合商社のアルテカです。まだ高級と名の付くマンションが極めて少なかった時代に「億ション」と呼ばれる高級マンションを売り出し、日本の高級マンションブームを作り出したのが、実は野村紘一さんです。

多くの面でクオリティが高くなった今の時代でも野村紘一さんは住む人々に大きな感動を与え続けています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。