トキネクトとは?倉知礼門?「デザインで時を繋ぐ」企業を徹底調査!

デザインとは、設計に基づいた形にしていくことという意味がありますが、それ以外にも目的を達成するためのコンセプト設計や思考の枠組みなどの意味を持っています。

デザインという言葉を耳にする機会も多いと思いますが、これはデザインそのものの概念が様々な分野や場所に存在しているからです。

このような”デザイン”を用いて、様々な点を繋いでいくことを目的にしているのがトキネクトです。そして、トキネクトの代表取締役を務めているのが倉知礼門氏です。

トキネクトは、「デザインで時を繋ぐ」という企業であり、デザインに重点をおいて相手に伝えることを仕事としています。

しかし、デザインを通じて伝えることの意味や、そのコンセプトとなるものがわからないと感じる人もいるでしょう。

そこで、この記事では、「デザインで時を繋ぐ」トキネクトを徹底調査していきます。

また、企業でのデザインやブランディグの重要性などにも触れていくので、デザインがなぜ必要とされるのかなどを知りたい人は参考にしてみてください。

 

企業におけるデザインやブランディングの重要性とは?

ブランディング

ブランディングとは、企業や製造されている商品などのブランドイメージを定着するために用いられることです。

そもそもブランドそのものは、見た目や製品、サービスなどから得られる体験などを通じて作り上げていきます。

この製品やサービス、また企業に対しての価値をこれらの体験によって高めていくこともブランディングとなるのです。

ここでしっかりとブランディングが定着していくと、ユーザーにはこのようなメリットが得られます。

 

メリット

・差別化ができる

ユーザーが企業やサービス、製品に対して目的を持った選択ができるため、他との差別化にもなります。

例えば、選択肢がない場合は漠然とした物を対象としていますが、ブランディングの定着により、「○○には▲▲ブランドの商品がいい」という選択になります。

これにより、商品選択の際に、他の商品との差別化が可能です。

 

・選択が単純化できる

企業イメージがユーザーに伝わっていないと、適切な選択が難しくなります。

イメージの定着により、ユーザーが持っている情報の整理がされて、選択肢を単純化できます。

これにより、同じジャンルの店舗であってもブランディングによって他店との差別化がされることで、ユーザーに違いを伝えられます。

 

・品質保証

ブランドの知名度アップにより、ユーザーの信頼度も増していきます。

信頼度が高まっていくと、品質に関しての保証も手厚くなっていき、ユーザー側も安心感が持てるでしょう。

 

・表現手段の定着

ブランドのイメージが定着していくと、製品やサービスなどに対してユーザー側も寄り添っていくことが増えます。

例えば、おしゃれに見られたいから一流ブランドの服を身に付けるなど、自分自身の表現手段にもなっていきます。

 

このように企業や製品、サービスの持っているものを広告やデザイン、ブランディングなどによって伝えることは重要であり、これらによって経営状況や売上、ユーザーの印象などが全く異なっていきます。

特に情報が溢れている現代だからこそ、企業におけるデザインやブランディングはとても重要性があると考えられるでしょう。

 

大企業には企業ごとのイメージがある。中小企業ではどうか?

ブランディング

すでに、大企業と呼ばれるような誰もが知る会社では、長年の歴史やネームバリューが存在しています。

これにより、既に固定されたイメージが定着していることが多くなっていますが、これらを持たない、またはまだ作り上げていない中小企業は、どうやってブランドを作っていけばよいのでしょうか?

長年の歴史やネームバリューが存在している大企業は、その社名や製品名を聞いただけでどのような企業なのかが伝わります。

これは、このイメージこそが企業の築き上げた”個性”となっているからです。

この大企業の持つ個性は、これまで特定の製品やサービスがユーザーにとって識別されているため、ブランドとなって個性を発揮しています。

そのため、これらを持っていない中小企業はブランディング戦略が重要です。

理由は、ブランディング次第でこれからの企業イメージが作り上げられていくからです。

しかし、ブランディングが重要だと知っていたとしても、他の企業と同じような方法を取って成功できるとは限りません。

そこで、企業側がブランディングを行うメリットを確認してみましょう。

 

メリット

・ユーザーの独占

ブランドとしての価値が固定されることで、ユーザーから企業側に信頼や愛着する気持ちができます。

これにより、一定ユーザーの独占や固定に繋がります。

 

・知名度アップ

多くのユーザーに認知されていくことで知名度も高まっていき、競合に対して差別化が図れます。

 

・資源調達が優先される

知名度の向上により、資金提供や調達をよりスムーズに行えます。

信頼や将来性の高さで、多くの資源調達が優位になっていくでしょう。

 

・協力体制の強化

認知度の高まりにより、協力体制が強化されていき、共同サービスや提携製品などの誕生にも繋がります。

 

・価格競争の回避

同じ機能や品質を持つ製品だと価格での競争が生まれやすいのですが、ブランディングによって回避が可能です。

 

このように、ブランディングによって企業が得られるメリットは多くあります。

まだ完成していないブランドイメージをプラスにするためには、ブランディングがとても大切になっていくのです。

 

トキネクトがおこなっていることとは?

会議

ブランディングによって本当の自立をサポートしてくれるトキネクトは、どのような会社なのでしょうか?

ここでは、トキネクトの会社概要・事業内容・仕事内容などを紹介していきます。

 

会社概要

社名:株式会社トキネクト

代表:倉知礼門

設立:2020年12月

資本金:300万円

 

事業内容

  • ブランディングを軸にしたウェブサイト企画、構築、運営、写真撮影
  • 映像制作
  • グラフィックデザイン、広告デザイン
  • 名刺デザイン、リーフレットデザイン
  • 店舗デザイン、設計、施工など
  • 戦略
  • 実施
  • 展開

トキネクトでは、ブランディングを軸にしたウェブサイト企画から映像制作、グラフィックデザインや広告デザインなど、デザインに関する事業を中心に運営しています。

トキネクトには、総合演出/ ディレクション、デザイナー/ シェフ、映像制作 / 音響など専門の担当により、様々な想いや魅せ方、表現をデザインしてくれます。

前述したように、同じブランディングであっても大企業と中小企業では、その方法や手段も異なっていき、同じ内容を真似しても成功することはできません。

それぞれの持つブランド力や広報力、将来などを考慮してデザインにしていくのがトキネクトの仕事ということでしょう。

 

トキネクトの評判は?採用情報は?

ビジネスマン

このようにデザインやブランディグを中心に企業活動を行っているトキネクトですが、デザインやブランディングを学びたい人にとっては、とても魅力的な企業となります。

そこで、気になるのがトキネクトの会社評判です。

トキネクトの会社評判について調べてみたところ、口コミや評判を見つけることができませんでした。

また、現在は採用情報もなく、弟子募集もおこなっていないようです。

今後の動向をチェックして追記していきたいと思います。

 

まとめ

パズル

トキネクトは、「TIME」+「CONECT」で「時を繋ぐ」思いのこもった企業であり、デザインで新たな部分を繋げて創り上げてくれます。

企業におけるデザインやブランディングはとても重要な部分であり、ユーザーや企業にとってもメリットとなる部分が多いのが特徴です。

情報が多い世の中で、自立するためにも欠かせない部分となるでしょう。

 

また、今後はさらに発展していく企業であると予想できますが、現時点では口コミや評判が見つかりませんでした。

今後もトキネクトの動向をチェックしてみましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。