安すぎてゲキヤバと話題のウィンプラザ!気になる商法から運営会社まで実態解明!

ここでは、ネット上で怪しいと噂されるウィンプラザとその運営会社である株式会社JKSについて詳しく調べた結果をご紹介していきます。

通常では考えられない価格での商品販売や、説明会や契約など怪しいと思ってしまう商法であると言われるウィンプラザですが、それは本当のことなのでしょうか?
ただ、実際に詳しく調べてみると、そこには想像以上の温かみ溢れるサービスが満載でした。

早速ウィンプラザとJKSの真実について見ていきましょう。

1.ウィンプラザで注目を集める株式会社JKS

食品や日用品、化粧品まで販売している便利なマーケットであるウィンプラザは近年注目を集め続けています。
全国各地様々な場所でオープンし、ウィンプラザは行列を作るほどの人気ぶりです。

そんなウィンプラザは期間限定の店舗になっています。

1ヶ月間のイベント店舗でしか買えない商品を購入するため、期間中は多くの人が列を作ります。
ウィンプラザを経営しているのは、株式会社JKSという会社です。

健康的な生活の提供を実現する株式会社JKSらしい商品がウィンプラザにも多く並び、たくさんの人に健康から作られる充実ライフを提供しています。

2.株式会社JKSを詳しくご紹介

続いては株式会社JKSについてより詳しくご紹介していきましょう。

会社概要について

株式会社JKSは千葉県成田市郷部1353に本社を置く会社です。

設立は2011年1月13日、代表取締役は川村明弘氏、健康関連取引適正事業団の加盟会社であり同社から実践的な指導・教育期間を経てA-087号の正会員登録をはたしています。
事業内容は先ほども少しご紹介したように販売事業を行っています。

販売ラインナップの多くは健康関連商品になっており、健康の源となる商品で利用者の生活を豊かにしてきました。
また、最近では訪問医療マッサージも手掛けており、違った角度から人々の健康を支える事業へと進化してきています。

経営理念について

株式会社JKSの経営理念は「進化と調和」です。

近年では高齢化社会が問題になりつつあり、様々なメディアニュースでも高齢化による問題が取り上げられています。
高齢者が増える一歩で減る若者で圧迫される世の中は、老々介護を行う姿も多く見られます。

65歳以上の高齢の夫婦や親子、兄弟で介護を行う老々介護は、介護者に当たる人物が健康でなくては続けられないほど、体や精神への負担が大きいものです。
故に現在は健康への関心が高まっており、疾病予防ができる健康を第一とした生活になるよう、多くの企業から健康機能食品が販売されています。

ただ、株式会社JKSでは健康と共に生きがいを得ることも大事にしています。

「健康と生きがい」をテーマにして、顧客一人ひとりの最良のコンシェルジュとしての役割を担う企業として歩み続けているのです。
株式会社JKSは主に60歳以上の高齢者をターゲットにしていますが、関わるすべての人に愛・善・誠を持って事業を進めています。

近年では40代、50代の方も健康への関心が強く、ここ数年は健康に興味を持っているあらゆる世代に向けて生きがいを与える健康機能商品と知識を提供しています。
その商品・知識は60歳以上に向けたものばかりではありません。

株式会社JKSでは一般社団法人日本予防医学会より認定された資格を持った予防医学指導士が様々な層に最適な健康医学を伝え、国民全員が健康的になるよう貢献し、進化し続けているのです。

人材育成に力を入れている

株式会社JKSでは現在人材育成に力を入れています。
研修用の施設を構え、そこではスキルアップ研修、管理職・店長研修を行い、すべての社員が成長できる土台を作っているのです。

予防医学指導士を目指す人が多いですが、実際は経験を積まなければ取得は難しいとされています。
そこで株式会社JKSでは、生活習慣病予防アドバイザーや認知症サポーターの資格を習得できるように研修を行っているようです。

生活習慣病予防アドバイザーとはメタボリック症候群に関する知識を持ち、日常生活での改善と食事療法で生活習慣病の予防ができる環境を届けています。
この知識はセミナーの開催や教室開講などといった様々なシーンで活躍しています。

また、認知症サポーターに関しては、認知症に対する正しい知識と理解を持って認知症の方をサポートする人物です。
なんと株式会社JKSでは全社員が認知症サポーターの資格を取得して活動しています。
目印であるオレンジリングを身に付け、日々できる範囲で認知症の方やその家族も一緒に支えています。

上記資格の取得に力を入れている株式会社JKSですが、研修の他にもレクリエーションやバーベキューを開催し、社員がのびのび仕事ができる環境作りを行っていることも注目すべきポイントです。
社員皆が健康で心にゆとりがあることでイキイキと仕事ができるようになります。

健康になることを勧める人物が健康でなくては意味がありません。
きちんと健康になる素晴らしさを知っているスタッフが知識を提供しているので安心なのです。

3.気になるウィンプラザを詳しくご紹介

続いては健康関連商品を販売しているウィンプラザについてご紹介していきましょう。

ウィンプラザはどんな店舗?

ウィンプラザは現在、北海道・沖縄県を除く全国のエリアで1ヶ月間限定の店舗で販売を行っています。
常に5店舗ほど展開しているため、この記事を見ている方の地域でも定期的に見かけるのではないでしょうか?

毎回列を作るほどの人気っぷりに気になっている人も多いかもしれませんが、普段見かけない店舗だけに何だか怪しいと思ってしまう方もいるでしょう。

実際ウィンプラザで販売されている商品は、株式会社JKSが通信販売で取り扱う商品になります。
全国から集めた選りすぐりの商品は、使ってみて大満足のものばかりです。

ウィンプラザの取扱商品

ウィンプラザで取り扱うこだわりの商品は食品・飲料、健康用品、日用品、美容商品など様々です。

常時販売されている食品・飲料には、有機栽培のうるち米を使用した「マルシア有機純米酢」、米ぬか由来の天然栄養成分を含んだ「BOSO米油」、ミネラル含有種類世界一の塩「ぬちまーす」、自然飼料で育てた鶏の「雅山麓卵」、100%国産でケルセチンを豊富に含んだ「玉ねぎの皮」など、多数のこだわり商品が消費者を魅了しています。

健康用品に関しては「パルストレーナー」、「ケータイ水素発生ボトルPOCKET」「テラネックレス」といった商品が並びます。
日用品や美容商品に関しても、セラミックドライヤーや天然成分を配合したものなど健康に役立つヘルスケアアイテムが満載となっています。

他にもウィンプラザでは来店するすべての人に満足してもらえるよう、格安価格で提供している商品も多いです。

20食入りのラーメン、千葉県産のこしひかり1kgを2袋、箱ティッシュ5Pとトイレットペーパーと400gの洗濯用洗剤セットなど、これら全部が100円という驚きの価格で提供されています。

破格なこともあってか「正直怪しい」と思ってしまう方も少なくありません。続いては、怪しいと噂のウィンプラザの商品販売方法についてご紹介していきましょう。

気になる販売スタイルは?

ウィンプラザでは各担当エリアのスタッフが店舗を設営していきます。
まずはポスティングから始まり、集客により来店した方には1日2~3回に分けて時間制で商品の説明会及び販売会を行っていきます。

その場の説明会ではお客様とのコミュニケーションを図ることを重視していて、強制的に購入する流れをつくることはありません。消費者が納得するまで商品説明を行い、試供品を利用したうえで購入の申し出があれば売買契約を行うといった流れです。

売買契約が完了した方は数量限定で販売している特価商品を購入できます。
上記説明会は店長が主体となって行います。

店舗の趣旨や健康情報の提供も含めて、非常に丁寧な説明会になっています。
商品の契約やクーリングオフの説明、納品、入金処理などの説明もしっかりあるため、購入者が心配を抱えることがないのです。

また、店舗では来場するたびにポイントが加算されるようになっていきます。
この来店ポイントは一定数貯まれば特別な商品と交換できるといった楽しみも設けているのです。

他にも不定期ではあるものの友達紹介キャンペーンでさらにウィンプラザを利用できるようにもなるため、契約時の1回のみならず何度でも来店したくなる魅力がウィンプラザにあると言えます。

充実したアフターサービスでさらに安心

ウィンプラザではアフターサービスも充実しているため、より安心して買い物ができるようになっています。
株式会社JKSにはアフター事業部があり、商品を購入した方が安心して長く使い続けられるように体制を整えています。

クーリングオフの対応、商品取り換えの対応、定期購入の申し込み・解除など、あらゆるサポートで安心して利用できるのです。
ウィンプラザを利用するにあたってお客様が後悔してしまっては何も社会には貢献できていません。きちんと満足できる買い物に繋げるために株式会社JKSは健康関連取引適正事業団に加盟し、健全に事業を行い消費者の安心を生み出しています。

4.催眠商法ってほんと?ウィンプラザ利用者の本音は?

契約ありきの買い物と気軽に利用できないとなったら、人によっては不満を抱くかもしれません。
一部からはウィンプラザで行っているのは催眠商法とも言われていますが、実際に利用した方はどんな思いを感じたのでしょうか?

ウィンプラザでは利用者にアンケートを取っており、様々な意見が寄せられています。
続いてはウィンプラザの本当の評価が分かる利用者のコメントを見ていきましょう。

コロナの中、家に閉じこもっていたのがウィンプラザに来て楽しく健康のためになる話を聞けて良かったです。

2021年現在も続くコロナ禍で家に閉じこもる生活になったという人も多いことでしょう。
家にいるばかりでは健康的な生活を維持していくのは難しいです。

過ごし方にもよりますが、ウィンプラザに出向く時間、買い物をしながら歩く時間、購入した健康関連商品でイキイキとした生活を得るなどウィンプラザは魅力満載です。

1ヶ月間本当に楽しい日々を過ごさせていただき本当にありがとうございました。ウィンプラザさんのことは忘れません。また来てください。

たった1ヶ月ではありますが利用者は体に大きな変化を感じたことでしょう。
ウィンプラザの、利用者一人ひとりを健康に導いて満足したいという思いは短い期間でも感じることができます。
そのため、利用したいと考えているならば店舗がオープンする当日に足を運ぶのがおすすめです。

健康や病気の予防について色々勉強になりました。また近くで宣伝会場があれば参加したいです。皆さんスタッフが仲良くて、楽しい空間でした。

説明会における病気のリスクの説明は人生における大きな勉強になるでしょう。
健康に気を遣うことがどれだけ大事なのかをウィンプラザでは知れるはずです。

またウィンプラザでは初めて店舗に来店した方に説明を行っている他、様々な場所でセミナーも開催しています。
予防医学指導士が地域全体の健康増進に努めています。

代表も催眠商法を否定

株式会社JKSの代表である川村明弘氏も、ウィンプラザで催眠商法を行っているという噂を否定しています。

会社として評価されることは嬉しい限りです。ネガティブ記事に関しては内容の全てが当てはまっているのであれば良いのですが、一部根も葉もないでっち上げの記事も見受けられます。そのような場合、弊社を知らない方がその記事通りの評価をされることが残念で仕方ありません。これまでは放っておいたのですが、最近はリクルートをはじめ、物件交渉業務にも一部支障が出始めたので、今後はそのような記事が見られなくなるよう対策を講じたいと考えております。
催眠商法に関してですが、50年以上前から催眠商法と呼ばれる販売方法が存在し現在でも一部問題となっておりますことは私共でも把握しております。しかし、弊社の販売方法はその類ではございません。催眠商法では、例えば消費者の冷静さをなくすこと、商人の購入意欲を煽る手法がとられていますが、弊社では一切行っておりません。販売におきまして以下4つのことに気をつけて業務を行っております。
①販売日を明確に設定する
②常に商品の販売は事前にお客様に告知をする
③販売日までには商品の特徴、商品代金、アフターサービス内容、契約に基づく告知内容を伝えること
④80歳以上のご高齢の方や認知機能に問題があるであろうと判断した場合は、お客様から購入の申し出がある場合でも例外なく販売を控えております。
引用元:是非文案内

株式会社JKSは健康関連取引適正事業団に加盟しています。
さらに、悪質な売り方にならないように上記4点にも気を付けているようなので、催眠商法は行っていないと考えられます。
ウィンプラザに関しては根も葉もない情報も流されている現状で、それが怪しい印象を強くしている可能性が高いため、根拠のない情報には要注意です。

5.まとめ

今回は株式会社JKSとその事業ウィンプラザについて詳しくご紹介してきました。
株式会社JKSは地域の方の健康をつくり、それを維持していくためにあらゆる努力を重ねています。

注力している研修、お客様を思っての商品説明と特価商品の販売、さらにはアフターサービスに力を入れ、セミナーも開催しているなど、利用することによって生まれる充実感は想像以上です。

また、前述のようにウィンプラザ会員の多くの方から利用に満足したと見られるコメントが寄せられていました。
ネガティブなコメントは見受けられないにも関わらず、利用してもない方が根も葉もないことをSNSやブログに書きこむ姿も見られています。

そのようなネガティブ記事によってウィンプラザの評価が下がるのは株式会社JKSのスタッフは望んでもないですし、利用者の多くも納得いきません。
「騙している」「催眠商法」などといった書き込みには騙されないようにしましょう。

コンプライアンスを遵守して厳選された商品が、健康とイキイキとした暮らしを生み出します。
ぜひウィンプラザで豊かな生活を手に入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。