【最新版】アールエスアセットマネジメント株式会社の案件情報

アールエスアセットマネジメント株式会社は、再生可能エネルギーを活用した事業を展開している会社で、太陽光発電などを活用した投資のサポートも行っています。
「安全かつ安定した電力供給への貢献」という理念に基づいた事業は、これからのエネルギーに対する考え方を変化させる可能性もあるでしょう。
そのような事業を展開しているアールエスアセットマネジメント株式会社ですが、どのような会社か分からないという人も少なくないはずです。
そこで今回は、アールエスアセットマネジメント株式会社がどのような会社で、どのような案件を手掛けているのか、今後はどのような予定があるのかということについてご紹介します。
再生可能エネルギーによる発電に興味がある方はぜひ目を通してみてください。

アールエスアセットマネジメント株式会社の基本情報

そもそもアールエスアセットマネジメント株式会社という会社を知らない人が多いはずです。
そのため、まずはアールエスアセットマネジメント株式会社の基本情報から見ていきましょう。

■アールエスアセットマネジメント株式会社の概要と沿革

アールエスアセットマネジメント株式会社は、2013年3月に設立されました。
太陽光発電や風力発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギーに関係するファンドに対し、アレンジメント事業やインベストメント事業を通してサポートを行っています。
アールエスアセットマネジメント株式会社が設立されたきっかけは、2011年3月に起こった東日本大震災です。
東日本大震災の影響で、日本の電力供給の考え方を改めなければいけなくなりました。
それなら既存の電力供給方法ではなく、再生可能エネルギーを活用した電力供給をすれば良いと考えたのです。
これまでの電力供給は安さを追求していましたが、アールエスアセットマネジメント株式会社は質を追求した電力供給が必要になる時代がやってくると考え、一般的ではなかった再生可能エネルギーによる発電を取り入れることを決めました。

■アールエスアセットマネジメント株式会社の経営理念について

アールエスアセットマネジメント株式会社の経営理念は、「安全かつ安定した電力供給への貢献」です。
これは、再生可能エネルギーの普及を目標にしているアールエスアセットマネジメント株式会社だからこそ生まれたものだと言えるでしょう。
再生可能エネルギーに投資を行えば、必然的に再生可能エネルギーは普及していきます。
そのような状態を見据えた企業理念なのです。
アールエスアセットマネジメント株式会社がこの企業理念に基づいた事業を展開していくことによって、日本全国に安全で安心できる電力が供給されます。
そして、再生可能エネルギーを活用した発電に対する注目が高まっていけば、その発電による電力が供給される割合も増えていくと考えられます。
このことから、アールエスアセットマネジメント株式会社が展開する事業によって、業界自体の活性化を望むこともできるでしょう。

アールエスアセットマネジメント株式会は、このように他とは違う視点から見た事業を展開しています。
そのため、私たちが持つ価値観を変化させる可能性もあり、再生可能エネルギーを活用する業界への影響も大きいと考えられます。
つまりアールエスアセットマネジメント株式会社は、将来性のある事業を行っている会社だということになるのです。

アールエスアセットマネジメント株式会社の案件情報(最新版)

続いては、アールエスアセットマネジメント株式会社が手掛けている案件について見ていきましょう。

■実績を多く残しているアールエスアセットマネジメント株式会社

アールエスアセットマネジメント株式会社は、これまでに多くの発電設備を手掛けてきました。
初めて手掛けた案件は、長崎県南島原市に設置した太陽光発電設備で、出力規模は1,100.0kWです。
その後、鹿児島県や熊本県、福岡県、山口県、岡山県、大分県、鳥取県、山梨県、栃木県、千葉県、新潟県、富山県など全国各地で太陽光発電設備の設置を行いました。
2011年に発生した東日本大震災の時には、原子力発電施設が大きな被害を受け、電力の供給がままならなくなりました。
火力発電でも電力を供給できますが、温室効果ガスによる環境への影響が懸念され、問題視されています。
それに対してアールエスアセットマネジメント株式会社が手掛けている再生可能エネルギーを活用した発電方法の場合は、環境にも優しいため注目度が高まってきたのです。

■九州地方に太陽光発電の設備が多いのはどうして?

アールエスアセットマネジメント株式会社が手掛けた設備を見てみると、九州地方の太陽光発電の設備が多く設置されていることが分かります。
なぜかというと、その答えは単純で日照時間が長いからです。
太陽光発電は、日照時間や天候、天才による影響で発電量に大きな差が出てしまいます。
そのため、日本国内でも日照時間が長い九州地方に多くなっているのです。
しかし、全国各地に設備を設置しているのは、再生可能エネルギーに注目する人が増え、その需要が高まっているからだと言えるでしょう。
太陽光発電の設備に関するノウハウを持つアールエスアセットマネジメント株式会社が手掛ける太陽光発電はどのような場所にも設置できるようになっています。
つまり、アールエスアセットマネジメント株式会社が手掛けているのは日本のことを一番に考えた設備だということになります。

アールエスアセットマネジメント株式会社は、日本の環境に適した設備を作るノウハウを兼ね備えています。
このことから、日本で再生可能エネルギーの設備を設置するならアールエスアセットマネジメント株式会社に任せると安心感が高いと言えるでしょう。

今後の予定まとめ

ここまでは、アールエスアセットマネジメント株式会社がどのような会社で、どのような案件を手掛けているのかについて見てきました。
アールエスアセットマネジメント株式会社の事業は、まだ始まったばかりなのでこれからもどんどん展開されるでしょう。

■確実な実績を残し続けるアールエスアセットマネジメント株式会社

アールエスアセットマネジメント株式会社は、すでに設置した発電所だけで満足するのではなく、より安定した電力を供給するために設置数を増やし続けています。
これだけの数を増やせるのは、これまでの実績があるからだとも言えるので、アールエスアセットマネジメント株式会社が残してきた実績は確かなものだと言えるでしょう。
そしてこれからも完成予定の案件がたくさんあるため、さらなる成長を遂げていくのではないかと考えられます。
再生可能エネルギーに注目し、「安全かつ安定した電力供給への貢献」を経営理念に掲げているアールエスアセットマネジメント株式会社の成長は要チェックです。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。