ベンチャーコントロール社とは?事業内容や口コミなどをご紹介!

ベンチャーコントロール社は、ベンチャーインキュベーションや起業ビジネススクール、採用コンサルティングといった事業を展開している会社です。
創業して以来、多岐にわたる事業を展開しているベンチャーコントロール社がどのような会社なのかよくわからないという人もいるでしょう。
そこで今回は、ベンチャーコントロール社の概要や働いていた人から寄せられた口コミ・評判などをご紹介します。
ベンチャーコントロール社について理解を深めたい人は、ぜひ目を通してみてください。

こんな人におすすめ
・ベンチャーコントロール社の会社概要を知りたい人
・具体的な事業内容を知りたい人
・ベンチャーコントロール社は働きやすい環境なのか知りたい人

ベンチャーコントロール社はどんな会社?

はじめに、ベンチャーコントロール社の会社概要をご紹介します。

会社概要

ベンチャーコントロール社は、1996年4月22日に設立された会社です。
事業内容は、ベンチャーインキュベーション事業、起業ビジネススクール、採用コンサルティングとなっています。
これらの事業を行うために、管理本部やアクア事業部、スクール事業部、メディアディレクション事業部などの事業部が社内に設置されています。
事業所は、東京都に3ヶ所、埼玉県に1ヶ所です。

企業理念と目的

ベンチャーコントロール社の企業理念は、チャレンジ精神を持って職務に当たること、ベンチャースピリットを忘れることなく果敢に挑戦して勝ち抜くことです。
目的は、日本の経済構造を根本的に変えていくことで、起業家が生まれにくい環境を改善したいと考えています。
それを実現するために、グループが持つ力を集結させ、目的達成を目指しています。

グループ企業

ベンチャーコントロール社には5つのグループ企業があり、それぞれが異なる事業を展開しています。

株式会社アロワーズ……トータル通信ソリューション事業
株式会社スタイルワークス……広告企画請負業・企画制作請負業・イベント企画事業
株式会社クインテットWeb……Web・ツール・映像制作/TVショッピング事業
株式会社ドリームシェア……FCパッケージ及び加盟店の開発・推進
グローバルライズ株式会社……熱帯魚・海水魚・水草・飼育機材等の販売、水槽設計サービス、水槽リース・メンテナンス、新規事業開発、起業家育成

ベンチャーコントロール社が行っている事業について

ベンチャーコントロール社は幅広い事業を展開している会社です。
続いては、具体的にどのような事業を行っているのかみていきましょう。

起業再生・支援事業

ベンチャーコントロール社が行っている起業再生・支援事業は、事業化の育成や新規事業の創出を促進するための事業です。
事業化の育成と新規事業の創出を同時に進めることをJVIと呼んでいます。
この事業では、日本の風土に合うベンチャー支援を行っています。
ジョイントベンチャーインキュベーションJVI(Joint Venture Incubation)というユニークな事業形態を取り入れているのもベンチャーコントロール社ならではの特徴です。
JVI事業では、JBA(Joint Venture Alliance)による新たな事業の創出やM&Aによる事業の基盤拡大を実践し、相乗効果による成長を実現しています。
起業家に適した人材の確保や成長の加速化、ノウハウの蓄積など多くのメリットが享受できます。

インキュベーション事業

インキュベーション事業では、ビジネスモデルの策定・精査や資金調達の支援、業務提携先の紹介、間接部門におけるアウトソーシング、案件の精査、ビジネススキルを向上させるための教育を行っています。
ビジネスモデルの策定・精査においては、「ビジネスコンテストbirth」というビジネスコンテストでビジネスモデルのプレゼンテーションを実施しています。
ビジネスモデルをより洗練されたものへと昇華し、事業として実現できるようにブラッシュアップしていくためです。
新規事業の立ち上げに携わった経験がある人から、経営に関するノウハウやプレゼンテーションの方法まで一連の流れについてアドバイスがもらえます。

プロフィットセクション

ベンチャーコントロール社のプロフィットセクションには、アクア事業部、すごい起業塾、メディアディレクション事業部の3つがあります。
アクア事業部は、大型専門ショップ・ティアラで長年培ってきたノウハウを活かし、淡水魚や熱帯魚、金魚、水槽飼育に関する用品の販売を行っています。
すごい起業塾は、起業家育成スクールの運営や「ビジネスコンテストbirth」の運営を行っている部門です。
そしてメディアディレクション事業部は、Webマーケティング事業やWebディレクション事業、Webソリューション事業といった事業を担当しています。

ベンチャーコントロール社の口コミ・評判

ベンチャーコントロール社で働いていた人から寄せられた口コミや評判が気になる人もいるでしょう。
そのため最後に、ベンチャーコントロール社の口コミ・評判をピックアップしてご紹介します。

“独立志向の文化。関連会社含め、複数の営業組織が存在。各事業部長の裁量、能力による比重が極めて高く、反対の部門へ配属になった人間に対しては同情の余地あり。小生に関しては、尊敬でる上司と仲間に恵まれよい環境だった。好き嫌いはあるが、それはほかの企業でも同じと考える。いうなれば、20代で経験すべき環境であり、実力試しにはうってつけの環境。必ず役に立つ経験だったと胸を張って言える。”
引用元:https://www.vorkers.com/one_answer.php?vid=a0A3000000SBDQy&qco=1

独立志向が強い会社なので、それについていけない人は働きにくさを感じてしまう可能性が高いです。
全く別の部署へ移動になった場合は、能力を認めてもらえない可能性もないとは言い切れないことがこの口コミからわかります。
しかし、自分の実力を知るには絶好の環境となっているようなので、独立したいという重いが強ければやりがいを感じられるのではないかと考えられます。

“働きがい:
起業家を育てる育成理念には大筋間違っていない
ただ、自己管理能力が必須であり、会社からの教育体制は皆無に等しい、
モチベーションの維持は、詰まる所自分次第。

成長・キャリア開発:
ハングリー精神。
ギャグではなく、モチベーションが高い人間たちと切磋琢磨した経験は、間違いなく自身になっていると今でも感じる”
引用元:https://www.vorkers.com/one_answer.php?vid=a0A3000000SBDQy&qco=4

起業家を育てることが目的の会社なので、自己管理能力は必要不可欠です。
「言われたことだけやっていればいいだろう」と思っていると、あとで後悔してしまう恐れもあります。
会社には教育体制もほとんどないようなので、いかにモチベーションを維持できるかが重要だと言えるでしょう。
モチベーションの維持ができ、同じような志を持つ人と切磋琢磨しながら成長したいという熱い思いを持っているなら、将来のために役立つ経験ができる可能性が高いと考えられます。

ベンチャーコントロール社には、このような口コミ・評判が寄せられていました。
どの会社にも向いている人・向いていない人がいるものですが、ベンチャーコントロール社は独立志向が強い人に適した会社だと言えます。
起業家として将来は自分の足で歩みたい人なら、社内環境に不満を感じにくいでしょう。
しかし、会社員として指示や方針に従いながら仕事をしたいと思っている人には向いていないとわかります。

まとめ

ベンチャーコントロール社は、ベンチャーインキュベーションや起業ビジネススクール、採用コンサルティングといった事業を通じ、起業家の育成に力を入れています。
日本は起業家が生まれにくい環境になっているため、それを打破したいという思いからこのような事業を行っています。
起業家を目指したいと思っている人にとって有益な経験ができる会社でもあるので、独立志向が強い人に最適な会社です。
口コミや評判からもそのような会社であることがよくわかります。

この記事のまとめ
・ベンチャーコントロール社は起業家になりたい人を支援している
・これまでに培ってきたノウハウを活かし、適切なアドバイスができる体制が整っている
・独立志向の強い人が集まっている

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。