• HOME
  • ブログ
  • 企業分析
  • タクラムデザインエンジニアリング&田川欣哉氏の評判は?採用・年収・作品などを分析
タクラムデザインエンジニアリング

タクラムデザインエンジニアリング&田川欣哉氏の評判は?採用・年収・作品などを分析

今日は、takram design engineeringという企業について調べてみた。
日本語だと「株式会社タクラム・デザイン・エンジニアリング」という名前。正直「全然聞いたことない・・・」って思っている人もいると思われるw

これもなにかの雑誌か新聞で見つけたのがきっかけ。新聞や雑誌に出てくる企業でも意外にまだまだ注目されていない企業も多い。

では、早速、タクラム・デザイン・エンジニアリングを掘り下げて参ります!

 

東京とロンドンで活動するデザイン・イノベーション・ファーム

タクラムデザインエンジニアリング

takram design engineeringは、東京都渋谷区に構えるパソコン周辺機器、ソフトウェアなどの事業展開を進めている企業。
企業や組織において、限界や領域を超えるデザイン・イノベーション・ファームとして位置付けられている。

また、デザインとエンジニアリングの両方の分野に精通するデザインエンジニアを中核とし、プロダクトデザイナーやグラフィックデザイナー、ビジネスデザイナー、教育者などの多様なプロフェッショナルが揃う企業でもある。

仮設を立て実験し、その都度新しい価値を形にするべく取り組んでいるのが特徴的。

HP上には「東京とロンドンを拠点に」という文言があるのでロンドンでも活動しているみたい。ロンドンで活動とか憧れる・・・!デザインと言えばヨーロッパが思い浮かぶので、やはり本場で勝負したいということなのかな。

テレビで取り上げられているデザイナーなんかもよくヨーロッパに行って様々なブランドとコラボしたり、イベント企画したりしているからね。

 

世界のグッドデザインアワードで受賞

タクラムデザインエンジニアリング

takram design engineeringでは、通信や電機・自動車・IT・物流・メディア・交通機関・行政など多岐に渡るクライアントを対象に、日本企業をはじめ、グローバル企業や上場企業、ベンチャー企業などと連携してプロジェクトに携わっている。

また、takram design engineeringが手掛けたプロジェクトは世界のグッドデザインアワードやイノベーションアワードなど、デザインアワードを数多く受賞しており、実績も高いのが特徴。

社会にインパクトを与えられるような事業展開を続けていきたいという思いから、デザイン・テクノロジー・ビジネスの3つの領域で奮闘している。

なんだか個性的でとがった印象だね。他企業との差別化を図るぞ!という気持ちが伝わってくる。デザインとエンジニアリングという2個の分野をかけあわせてポートフォリオを組んでいるところも面白い。ユニークで個性的。

 

作品・プロダクト・サービスのご紹介

タクラムデザインエンジニアリング

takram design engineeringでは、ハードウェア・ソフトウェア・サービスを立ち上げるべく、企画・デザイン・プロトタイピング・開発などにおいて豊富な知識と経験を活かし様々なサービスを提供している。

また、大規模なブランドや小規模なブランドのディクレションまで企業や組織レベルのプランディングなどにも携わっているため、多種多様なニーズに応じたアプローチを進めていることがわかる。

【ソフトウェア開発】
モバイルアプリをはじめ、自動車のソフトウェア開発などをデザインエンジニアを中心として複雑な過程を通じて進めている。
その中でも、日本経済新聞社へのデザインエンジニアサポートにおいては、日経ブランドガイドラインの制定やコーポレートロゴ、横文字リファイン、社員向けのブランドサイト構築などに携わっている。

日経ブランドデザイン制定に伴い、コーポレートロゴや横文字リファインを行い、それと同時に名刺や封筒などのデザインも手掛けている。

他には、名刺管理をデジタルで行うアプリ「Eight」も開発している。

スマホでスキャンするだけで、名刺情報が正確にデータ化され、スマホやタブレット端末、パソコンを通じてアクセス可能で、ソーシャルネットワークで共有することができる。

 

【ブランド】
様々な企業・組織のブラディングを行うtakram design engineeringは、アナログやデジタルを通じ、ブランドの本質価値とそれにおいて効果的なアプローチを行っている。

2018年にCESで発表した「e-PaletteConcept」では、トヨタ自動車のコンセプトムービー作成サポートに携わり、各方面から高い評価を受けているのが特徴。

ほかにも、Eテレでお馴染みの「ミミクリーズ」という番組のキャラクターデザインやアートディレクションも担当しており、世代を問わず愛されるような企画、デザインを手掛けている。

 

【R&D型プロジェクト】

R&D型プロジェクトは、企業の未来研究やR&D型プロジェクトサポートを主に行っている。
宇宙ベンチャーサポートでは月面ローバーデザインに携わり、今後の未来に向けて様々な企画とデザインを続けている。

こうして見ても、takram design engineerinが企画し、開発しているデザインを手掛け、方面でのプロジェクトに取り組んでいると言える。

takram design engineerinは、今後も豊かな発想と確かな技術を活かし、様々な場面で活用できるようなサービスを提供してくれるのではないかと思う?

 

採用情報をご紹介

タクラムデザインエンジニアリング

多岐に渡るデザインを広げるため、デザイナーとしてのスキルをはじめ、プロフェッショナルなレベルでのアプローチに携わる社員を募集している。

【グラフィックデザイン】
アートディレクターまたはデザイナーとしての経験やスキルを持っている方は、グラフィックデザインやブランディングの領域で活躍できる。

グラフィックデザインやウェブデザイン、ブランド構築などの経験やスキルがある方を対象としているので、その分野に携わってきた方であれば、応募することができる。

 

【ビジネスデザイン】
事業開発や戦略策定の実務レベル経験スキルを持っている方や、マーケティング関連の技術を持っている方、デザイン思考についての実務経験がある方は、企業の計画から事業戦略、個別事業立ち上げなどに携わることができる。

 

【サービスデザイン】
サービスデザインやデザイン思考の経験やスキルを持っている方が対象で、医療・小売などの幅広い業界においてサービスやオペレーションの設計を行う。

 

【デザインリサーチ】
デザインリサーチのスキルを持っている方であれば、多種多様な業界のプロジェクトにおいてリサーチ・インサイト・デザインなどといった構築に携わることができる。

 

【ソフトウェアエンジニアリング】
フロントエンド、バックエンドなどの設計や実装におけるスキルや経験を持っている方を対象
に、ウェブやアプリのフロントエンド・バックエンドに関わることができる。

 

【UIデザイン】
ウェブサイトやアプリなどでUI設計・デザインの経験がある方は、そのスキルを活かしてUIの専門家として活躍できる。

 

【デザインエンジニアリング】
takram design engineeringのデザインエンジニアリング事業においては、テクノロジーまたはデザインの分野において、高いスキルを必要としている。

ウェブデザインやソフトウェアエンジニアリングなどに携わった経験がある方は、さらにデザインエンジニアリングを極めることができると言えそう。

 

【コラボレーター】
こちらは、テクノロジーやデザインの経験を持ち、フリーランスとして活躍していた方が対象となっている。
takram design engineeringのイノベーションプロジェクトに携わる。

このように、takram design engineeringでは、専門的な分野の知識と豊富な経験を持っている人材を募集している。
takram design engineeringは、事業の成長性や将来性を感じている方が多いのではないかな?

人工知能などグローバル化が増々進んでいく中で、takram design engineeringのようなレベルの高い事業展開は将来性が十分にあると言える。

グローバル化とIT化の波を取り入れて成長

タクラムデザインエンジニアリング

takram design engineeringが展開している事業は、IT化が加速する現在において非常に将来性の高い分野であると言えるのではないか?
また、takram design engineeringでは、随時共にプロジェクトに参加することができるインターンを行っている。

ヴィジュアルデザイン分野・サービスデザイン分野・ソフトウェアエンジニアリング分野・UI分野・プロダクトデザイン分野など、幅広い分野において積極的に募集しており、専門的な知識やスキルを持っている方が活躍しやすい場であると言える。

takram design engineeringは、枠組みがなく手探りな状態にあっても、新しい価値を見出し、形にしていく。
多岐に渡る企業や組織から常々相談がくるのも、それだけ信頼性と質の高いデザインエンジニアを手掛けているのだと言える。

常に新しいプロセスを経て、幅広いアプローチやジャンルを生み出し続けているところはすごい。

takram design engineeringは、そういった面を踏まえても将来性の高い企業であると言えると思う。
また、専門的な知識や経験が必要不可欠としている点も、プロフェッショナルとして高い意識を持ち続けようと考えているに違いない。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。