【噂は本当?】森谷式翻訳カレッジで翻訳者になれるのか調べてみました

翻訳をするためのスキルを身に付けるには、多大なる努力が必要です。
翻訳者は努力をしても報われないこともある職業で、諦めてしまう人も少なくありません。
しかし、森谷式翻訳術を駆使すれば、最短最速で翻訳に関するスキルが身に付くと言われています。
業界トップクラスの翻訳術には、どんな特徴があるのでしょうか?
ここでは、森谷式翻訳術の特徴や口コミなどをご紹介していきます。

■森谷式翻訳術を生み出した人は誰?

森谷式翻訳術を生み出したのは、翻訳のプロである森谷祐二さんです。
彼は翻訳者として、年収1000万を稼ぐ実力の持ち主です。今は講師に専念しているようです。

元々普通の会社員であった彼は、仕事からくる疲労によって入院したこともあります。
そこから「好きなことがしたい」と翻訳者を目指しますが、上手くいかずに挫折しそうになったこともあるそうです。
しかし彼は翻訳者としての問題点を見つける度に解決して、腕を上げていきました。
実力派翻訳者と言われるのは、これらが理由になっています。
現在は翻訳講師として尽力し、多くの優秀な翻訳者を育てています。

■森谷式翻訳術で翻訳者になれる理由は?

森谷式翻訳術は翻訳ノウハウであり、身に付けるためのカリキュラムも用意されています。
このカリキュラムをこなしていけば、最速3ヶ月で翻訳者としてデビューできると言われています。

短い時間での翻訳者デビューが可能になっている理由は「トランスクリエーション」にあります。
トランスクリエーションは森谷式翻訳術にとって最重要である技術です。
トランスクリエーションとは、正しい翻訳に「意訳」を加えたものです。

つまり、辞書に載っている単語の意味を当てはめるだけの翻訳ではなく、原文の持つ意図と意味の両方を重視して、本来の目的や魅力が伝わるように文章を作るということです。
情報を正確に伝える必要のある技術や医療、法律などの分野では、トランスクリエーションは多用されません。トランスクリエーションはマーケティング目的を持つ文章で有効です。

しかし、なぜ森谷式翻訳術は業界最短での翻訳者デビューが可能なのでしょうか?
秘密は森谷式翻訳術が学べるカリキュラムにあります。

実は、翻訳者デビューへの第一歩である翻訳試験の完全攻略方法も学べるのです。
翻訳試験の最初の難関と言われる試験前の書類審査「CV」の対策や、合格率が約5%である「トライアル」の攻略法までしっかりと伝授してくれます。
それらをしっかりと身に付けることで、3ヶ月での翻訳者デビューが叶えられるのです。

■森谷式翻訳術は森谷式翻訳カレッジで学べる

森谷式翻訳術の魅力が分かったところで、森谷式翻訳カレッジについてもご説明していきます。
森谷式翻訳カレッジは、オンライン学習をメインとしています。
パソコンやスマホ、タブレットなどがあればどこでも森谷式翻訳術が学べます。

学習効率が下がりがちなオンライン講座でも、24時間年中無休でサポート対応してくれるので即時解決につながるでしょう。
学習が滞ることなく、スムーズに進められるところも魅力的と言えます。
コースは2つ用意されているので、自分に合ったコースを選ぶと良いでしょう。

・通常コース

通常コースは1人の講師が複数人の受講者を受け持つタイプです。
同じ夢を追っている人と一緒に学んでいくと、モチベーションにもつながります。
受講できる期間は6ヶ月で、その間は何度でも動画を見返して学ぶことができます。

・マンツーマンコース

講師1人が生徒1人に教えていくスタイルです。
苦手な部分や気になるところをその都度質問できる魅力的なコースになっています。
「他の生徒に気を使って質問できないかも」などの不安も、マンツーマンコースなら心配ありません。
受講期間は通常コースと同様、6ヶ月です。

■口コミや評判はどうなっている?

森谷式翻訳術を学習した方たちは、その後どうなったのでしょうか。

老後の心配がなくなった
オンライン講座も的確でどんどん英語力も上昇していき、トランスクリエーションに必要なスキルも理解していきました。 そしてトライアルを突破して翻訳者として今は仕事をしています。 収入はまだ大したことがないのですけど、老後の心配はもうなさそうです。 引用元:https://www.headsbunker.com/

将来に不安を抱えていても、森谷式翻訳術を学ぶことによって余裕ができた人は多いです。
オンライン講座でも、トライアルを突破できる実力が付いたとのことです。
また、英語に自信がなくても受講を続けていれば翻訳力と同時に英語力も上がっていきます。
トライアル突破後も、自身のさらなる成長に期待しているようです。

稼ぎながら上を目指せる
デビューして稼ぎながら学べるのが森谷式翻訳術の長所。 正直、私のように本業が忙しい者には稼ぎ始めるのに何年も勉強するなんて余裕はない。 その点、森谷式翻訳術は稼ぎながら更に上を目指せるのが良いところ。 私のようなシニアでもここまでなれるのはすごいと思う。 引用元:https://www.britishkodalyacademy.org/english-teaching-materials/moriya-style-translation/

自分に合ったコースを選べば、本業が忙しい方も効率良く森谷式翻訳術を学べます。
ある程度のスキルアップが叶えば、翻訳を本業として稼ぐことも可能です。

好きなことを仕事にできる
授業内容はとても論理的でわかりやすく、あっという間に試験に合格。翻訳者として仕事をスタートさせることができました。自分の好きなことを仕事にできているので、やりがいがあって毎日楽しいです。 引用元:https://www.elsolvillas.com/

講座の内容は全て筋が通ったものなので、頭に入ってきやすいのも特徴です。
自分の好きなことを仕事にすると、モチベーションも自然に上がっていくでしょう。
ここまで1つも悪い口コミがなく、受講した全ての人が森谷式翻訳術に満足していることが分かります。

■運営しているのはトランスクリエイターズ

森谷式翻訳カレッジを運営しているのは「トランスクリエイターズ」という会社です。
翻訳者の育成だけでなく翻訳依頼の受付もしており、得意とするビジネス分野から医療・法律まで対応しています。

トランスクリエーションの需要は高まっていますが、扱える人はほんの一握りです。
しかし、トランスクリエイターズには、トランスクリエーションを駆使できる人材が揃っています。
優秀な人材が揃っているからこそ、受講者や依頼者が絶えないのでしょう。
さらに時代への適応力も抜群なので、さらなる成長が期待できます。

■まとめ

森谷式翻訳カレッジは、カリキュラムが充実しているだけでなく講師も優秀です。
これら全てが揃っているからこそ、短期間での翻訳者デビューが可能になるのです。

「短期間で翻訳者になれるわけがない」と怪しまれることも多いですが、口コミなども確認できましたので、怪しいスクールではないと思います。

また、時間の調整が難しい方でも、自分に合ったコースが選べるので安心です。
需要が高まっているトランスクリエーションですが、まだまだ人材が足りていない状況となっています。
トランスクリエーションで稼ぎたいという方は、森谷式翻訳術が学べる森谷式翻訳カレッジを活用してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。