クイーンズヘナ

クイーンズヘナの成分って実際のところ身体にいいの?

髪と地肌にやさしいヘアカラートリートメントとして話題のクイーンズヘナシリーズですが、詳しい成分を知っていないと不安を抱く人もいると思います。

ヘアカラ―となるとパッチテストも行わなければならないので、誰が使用しても必ず安全だとは言い切れません。

今回はクイーンズヘナの詳しい商品情報と、含有成分についてご紹介していきます。

 

クイーンズヘナに含まれるヘナの魅力とは?

 

株式会社エヌティーエイチから発売されているクイーンズヘナは、髪にやさしく、より美しい髪へ導くための白髪用カラートリートメントです。

植物由来100%で化学成分無添加のトリートメントなので、市販で手に入るカラー剤よりも髪に優しい製品です。

クイーンズヘナの中に含まれている「ヘナ」という原料が、様々な効果をもたらしてくれます。

ヘナは5000年もの歴史を誇るハーブで、古くから多くの人に愛用されてきました。

ミソギハ科の植物であるヘナは、日本だと指甲花(シコウカ)またはツマクレナイノキと呼ばれています。

古くから栽培が盛んであるインドでは薬草として親しまれており伝承医学の代表的なハーブとしても認められています。

 

クイーンズヘナで使用されるヘナの栽培は無農薬・無化学肥料で行われるので、とても安全な素材です。

加工工程でも防腐剤、保存料、着色料、発色促進剤、香料が一切入っておらず、髪を傷めずとも髪が綺麗に染め上がります。

なぜヘアカラーとして使えるのかと言うと、ヘナにはローソンという赤色の酵素色素が含まれているためです。

ローソンは髪のたんぱく質に反応し、絡みつくことで赤く発色する特徴を持っています。

 

髪だけではなく肌や爪も染まるため、古来ではクレオパトラが爪にも塗っておしゃれを楽しんでいたという歴史も残っているほどです。

クイーンズヘナシリーズではあらゆるカラーを実現するために、ヘナにプラスして、様々な無添加ハーブを調合して素敵な色合いを作り出しています。

ヘナのみではオレンジ色にしか染まらない髪も、ナンバンアイ葉やカシアアウリクラタ葉を混ぜることによってベージュやブラウンといったトリートメントカラーも作れるようになっているのです。

 

 

 

 

 

化学染料の染まり上がりと何が違うのか

化学染料の染まり上がり


基本的には1剤には染料とアルカリ剤が主成分となった薬剤が入っており、2剤には酸化剤が主成分となっている薬剤が入っています。

化学染料が染まる過程としては1剤の中に含まれているアルカリ剤が髪の毛を膨潤させ、髪の毛表面にあるキューティクルを開くことにより、染料が内部に浸透しやすい流れを作っています。

開いたキューティクルの隙間に1剤の染料と、2剤の過酸化水素が浸透していき、酸素を発生させて髪内部のメラニン色素を脱色させることで染まるようになっているのです。

また、市販のカラー剤は染料がより発色させるために、酸化重合できるように成分を組み合わせて作られています。

酸化重合すると発色した塗料は分子同士が互いに結び付き、どんどん大きくなります。

そのためキューティクルの隙間から出られなくなり、髪のカラーとして定着していくのです。

ただ、市販のカラー剤は特に危険で、美容室のカラー剤以上に髪の毛を染める成分をフルパワーにして配合しています。

色が明るくても暗くてもさほどダメージ具合は変わりませんが、髪を明るくする場合にはキューティクルをより大きく開くようにアルカリ成分を多く含ませ、髪内部のたんぱく質やメラニン色素をたくさん分解してしまうためダメージを感じやすくなっています。

特にブリーチ剤はメラニン色素を分解するだけではなく除去する働きもあるので、髪が大きく傷んでしまいます。

普段のシャンプーのように使えるため簡単で選ばれがちな泡カラーも実は危険で、市販のフルパワーなカラー剤にプラスして界面活性剤が入っているため、ダメージは非常に大きくなります。

界面活性剤は泡立つ仕組みにはなっていますが、髪の毛を硬くしさらにはごわつかせる作用もあるので注意が必要です。

一見ダメージが少なそうに感じるものでも髪の毛には多大なダメージを与えており、キューティクルが開いてどんどん潤いのない髪になってしまいます。

クイーンズヘナの染まり上がり


一度はキューティクルを開いて染料していきますが、与えられるダメージは最小限になるのでごわついた髪にも潤いをもたらしてくれます。

また、クイーンズヘナは太い髪質から細い髪質の方にまで使えるのが魅力的です。

あらゆる髪質にアプローチできるため、多くの人から愛用されています。

クイーンズヘナ

使えば使うほど髪が健康になるクイーンズヘナ

通常、ヘアカラーを重ねると髪はどんどん傷んでしまうものです。

思い通りの髪色にする頃にはギシギシに傷んでしまった髪になるケースも多く見られます。

クイーンズヘナは、コシやハリを保ちながらカラーリングができます。

使えば使うほど本来の健康的な髪質に近付けてくれるため、徐々に髪が美しくなっていくことを実感できるでしょう。

また、使用後に何日間か空気に触れさせることで、濃いめのブラウンへと変化してくれます。

 

ヘナ以外のカラートリートメントでは、使用から数日で色褪せていくことがほとんどです。

クイーンズヘナは回数を重ねなくても綺麗な色が生まれていくので、何度も使用する手間を省いてくれて便利です。

クイーンズヘナシリーズはどの商品もヘナとハーブのみを使用した無添加のヘアカラートリートメントです。
使うたびに髪が美しくなるクイーンズヘナで、年齢に負けない髪を作り出してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。