田中美孝氏はいったいどんな人?起業はそんなに素晴らしい!?

田中美孝氏は、株式会社ベンチャーコントロールを創立した人物です。
株式会社ベンチャーコントロールでは、起業家の育成や起業の支援を行っています。
日本では起業家が成長できる環境が整っていないと考え、田中美孝氏は会社を立ち上げました。
今回は、田中美孝氏が一体どのような人物なのか解説していきます。
また、企業のメリット・デメリットも解説しているため、起業したい人は必見です。

こんな人におすすめ
・株式会社ベンチャーコントロールの社長について知りたい人
・起業を考えていて、有益な情報を知りたい人
・起業するメリットとデメリットを知りたい人

田中美孝氏の経歴と起業家を目指した理由

画像はイメージです。

はじめに、田中美孝氏の経歴と起業家を目指した理由からご紹介します。

田中美孝氏の経歴

田中美孝氏は、1969年5月に東京都で3人兄弟の末っ子としてこの世に生を受けました。
父親はゲームセンターや飲食店などを経営する経営者で、幼い頃からその背中を見て育ちました。
父親の姿を間近で見ていたこともあり、「将来は経営者になりたい」という夢を幼い頃から持っていたと言います。
そのような夢を持って育った田中美孝氏は、3回の起業を成し遂げています。
1985年から高校生として学校に通いながら輸入ビジネスに取り組んでいました。
輸入ビジネスでは、1億円もの大金を手にするという大成功を収めています。
このことから、田中美孝氏は類い稀なビジネスセンスを持っているとわかるでしょう。
輸入ビジネスの成功を機に、田中美孝氏は様々なビジネスに対する興味が生まれたようです。
その後は父親が経営する飲食チェーン店で常務として経営に携わりましたが、退社を決意します。
退社後は、熱帯魚のリース事業に注力していました。
そして1996年4月22日に、株式会社ベンチャーコントロールを創立し、代表取締役に就任したのです。

起業家を目指した理由

田中美孝氏は、起業家の育成を行う株式会社ベンチャーコントロールの創立者です。
ただ起業家を育成するのではなく、自分自身の経験を活かしたビジネスを展開しています。
では、なぜ田中美孝氏が起業家を目指したのか、その理由に迫っていきます。

田中美孝氏が起業家を目指した最も大きな理由は、経営者である父親の背中を見て育ったことでしょう。
サラリーマンとして働けば、会社が倒産したりクビになったりしない限り、安定した収入が約束されます。
多くの人は安定を求めるため、会社員という道を選択するものです。
しかし田中美孝氏は、父親の姿を見て会社を経営することの魅力に気づいたのではないでしょうか。

田中美孝氏は今何をしている?

株式会社ベンチャーコントロールを創立するなど起業家として実績を残している田中美孝氏ですが、現在は何をしているのか気になる人もいるでしょう。
現在の田中美孝氏は数々の講演会に参加したり、ブロックチェーンカンファレンスの幹事を務めたりするなど、幅広い分野で活躍しています。
幅広い活動をしているのは今に始まったことではありませんが、可能性をどんどん広げる力を活かした活動を継続していると言えます。
今後も様々な経験の中で培ってきたノウハウを活かし、講演会などを積極的に行うのではないかと想定できます。
田中美孝氏自身が起業し、その魅力やリスクなどを十分理解しているはずです。
そのため、これから起業をしたいと考えている若者に対して情報を発信する機会もあるのではないかと予想できるでしょう。
起業を目指している人は田中美孝氏の動向もぜひチェックしてみてください。

田中美孝氏がおすすめする起業!そのメリット・デメリットとは?

田中美孝氏は自分自身も起業家であり、起業を支援する会社の創立者でもあります。
そのため、田中美孝氏はもっと起業家に活躍してほしいと願っているはずです。
最後に、起業を目指している人なら知っておくべきメリットとデメリットをご紹介します。

【起業のメリット】

経済的なリターンが大きくなる可能性がある

起業をすると、サラリーマンとして会社に勤めているより経済的なリターンが大きくなる可能性もあります。
サラリーマンだと、いくら頑張って仕事をしても毎月の給料やボーナスの金額が増えないというケースが多いです。
役職に就けば昇給する可能性もありますが、固定給の場合は仕事に見合う収入が得られていないと不満に感じることも往々にしてあるものです。
歩合制なら頑張りが認められていると感じるかもしれませんが、固定給だと仕事量が増えるばかりで給料が増えていないと悲しい気持ちになってしまうことの方が多いと考えられます。
一方、起業すれば事業が伸びるとそれに比例して報酬も増えていきます。
努力が報酬という形で現れるのは、サラリーマンにはないメリットです。

定年という概念がない

会社に勤めていると、定年退職の年齢が決められています。
定年退職後は嘱託社員として再雇用してもらえるケースもあるのですが、正社員として働いていた頃よりも収入は低くなってしまいます。
しかし、起業であれば定年退職という概念がないので、いつまでも現役で働けるのです。
生涯現役で働き続けたいなら、起業という選択肢は非常に魅力的です。

やりたいことに挑戦できる

サラリーマンとして働いていると、会社の方針に従うしかありません。
自分の裁量で仕事ができる自由度の高い会社もありますが、そのような会社は一握りです。
やりたいことが明確になっていて挑戦したいと思っているなら、起業を目指す方がモチベーションも維持しやすくなります。
休みのタイミングや働く場所も自由に決められます。
また、人間関係に関しても上下関係などに振り回されることなく、お互いに信頼できる相手と付き合うことも可能です。
萎縮せずにやりたいことを言える環境作りをするためにも、起業は最適なのです。

【デメリット】

責任が大きくなる

起業すると、責任は全て自分で背負わなければいけなくなります。
決断する場面が多くなるため、ストレスが負担になってしまうことも時にはあるでしょう。
起業した人がうつ病など精神的な疾患を患うケースもありますが、それは責任の重さがストレスになっていることが大きな原因だと考えられます。

同僚という存在がいなくなる

サラリーマンとして働いている時は、仕事で辛いことがあったり、自分では解決できないような悩みが生まれたりした場合、支え合うことができます。
しかし起業家になると、あなた自身がトップとなって周りを支えていかなければいけません。
経営事情などが苦しくても相談ができず、抱え込んでしまうケースも珍しくないのです。
それも前述したうつ病などのリスクを高める要素になりかねません。

収入が安定しない

サラリーマンは会社から毎月給料が支払われるので、金額の大きさは様々ですが安定した収入が手に入ります。
起業して早い段階で軌道に乗る人ももちろんいますが、それはほんの一握りです。
多くの起業家は安定した収入を得るまでに数々の苦労を重ねています。
収入のない月が続いてしまうこともあるでしょう。
そうなった場合、生活は大丈夫なのか、家族がいるなら養っていけるのか、などを真剣に考えなければいけません。
事業内容をしっかりと煮詰め、ある程度の収入が期待できるように準備してから起業することが重要です。

まとめ

株式会社ベンチャーコントロールを創立した田中美孝氏は、経営者である父親の背中を見て育ち、自身も起業したいと考えました。
そしてそれを形にし、幅広い分野で活躍できるような人物へと成長したのです。
田中美孝氏の生き方に魅力を感じ、「自分も起業したい」と思う人もいるでしょう。
しかし起業するなら、その魅力だけではなくデメリットも把握しておかなければいけません。
メリットとデメリットの双方を把握していれば、自分なりの逃げ道なども見つけやすくなるでしょう。

この記事のまとめ
・田中美孝氏は父親の影響で幼い頃から起業家になりたいと夢見ていた
・田中美孝氏自身は今まで3回起業し、成功を収めている
・メリットとデメリットを理解しておくことが起業家になるためには重要

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。