木村育生がアメリカに在住していた頃の職場、テキサス州ヒューストンについて

木村育生氏の経歴と留学

【実録】木村育生が小僧寿しの株を転がしたのか検証してみた

木村育生氏は1992年に株式会社インボイスの前身である
ゼネラル通信株式会社を創業したことで有名な実業家です。

創業から10年でJASDAQ 市場へ上場し、
2004年には東京証券取引所市場第一部への上場を果たす
という成功を収めています。

株式会社小僧寿しを始め様々な企業の買収を行い
企業の経営改善に尽力した経営手腕で常に熱い注目を集めてきました。

また、日本プロバスケットボールリーグの代表取締役会長に就任にして、
バスケットボールの普及にも尽力しています。

そんな木村育生氏は、慶応義塾大学商学部を卒業後にアメリカ合衆国に留学し、
ミシガン州立大学で学んでいます。

ミシガン州立大学を卒業した木村育生氏は、
テキサス州ヒューストンの貿易会社に入社して、アメリカ流のビジネスを習得し、
帰国と同時に株式会社I.Q.Oを設立して代表取締役に就任しています。

1958年生まれの木村育生氏が慶応義塾大学を卒業した年度は1982年、
テキサス州ヒューストンの貿易会社に入社した年は1984年で、
帰国までの数年間をアメリカ合衆国で過ごしています。

テキサス州ヒューストンと木村育生氏

若い頃に過ごしたテキサス州ヒューストンがどのような街かを知ると、
木村育生氏の人となりを知るヒントとなるでしょう。

古いビジネス手法に固執しない、
変化に対して柔軟かつ迅速に対応できる木村育生氏の経営スタイルは、
米国での経験が活きているともいえるでしょう。

テキサス州といえば伝統的なカウボーイ文化の
イメージを強く抱いている人も多いでしょう。

しかし、
実際のテキサス州ヒューストンは様々な文化的な特徴を有しています。

ヒューストンはテキサス州で最大の都市でアメリカでは4番目の大きさを誇り、
大企業や観光客がひしめくダイナミズム、迫力と躍動感に満ちた大都市です。

別名「Energy Capital of the world」とまで呼ばれる都市でもあり、
アメリカ内外から数多くのエネルギー関連企業が集まっています。

多国籍展開する世界トップクラスの石油ガス生産企業とその関連企業だけでなく、
商社・銀行・弁護士事務所などの様々な企業が集まる都市で、
90種類の言語が飛び交うテキサス州ヒューストンは常に進化を続け、
食文化やローカルアートなどの様々な文化にも出会えます。

・美術館や博物館も多い
大都市であるヒューストンには、
20を超える美術館・博物館・ギャラリーが集まっており、
見るべきものがたくさんあります。

特にヒューストン自然科学博物館の科学実験の実演や様々な展示物は必見です。

・NASAの宇宙センターがある
ヒューストンには観光客向けに、
NASAのヒューストン宇宙センターが運営されています。

アメリカの宇宙探索について学び、
宇宙飛行士のトレーニングの様子を知り、
月の石に触れるなど充実の内容を堪能できます。

・バスケットボールも熱い
テキサス州ヒューストンには野球、
フットボールとともにバスケットチームが存在します。

ヒューストン・ロケッツのバスケットボールの試合や
イベントなどを木村育生氏も夢中で楽しんだことでしょう。

テキサス州ヒューストンは、
乗馬や農業などの伝統的な側面だけでなく、
大都市ならではの多様な文化や宇宙開発を身近に感じられる街です。

刺激に満ちたヒューストンで若い頃を過ごした木村育生氏だからこそ、
常識にとらわれない経営戦略を次々と
展開して成功を収めてきたと言えるでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。