ビットコインボルト(BTCV)は将来どうなる?坂本よしたかの動画を分析!

ビットコインボルト(BTCV)は、資産を安全に保有するという目的で発行された仮想通貨です。

この仮想通貨は、坂本よしたか氏によって開始されました。

今回は、BTCVに関する理解を深めるために、坂本よしたか氏がどのような人物なのか、BTCVの将来性はどうなのか、投資目的で保有すべき仮想通貨なのかといった視点からBTCVについて解説していきます。

BTCVに興味がある人は、ぜひ目を通してみてください。

 

 

坂本よしたかって何者?

 

坂本よしたか氏は、愛知県春日井市で1973年に生まれました。

両親は飲食店を経営していましたが、6歳の頃に経営がうまくいかず廃業を決断しています。

それからは裕福とは言えない暮らしを強いられるようになってしまいました。

そんな坂本よしたか氏は中学校を卒業するとすぐに働き始めました。

飲食業で寝る間を惜しむように働き、たった1年で店長に就任するという実績を残したのです。

そのころには、月収100万円を得るようになったと言います。

その後、社内の派閥闘争に巻き込まれることになり、退職することになってしまいます。

退職後は転職しますが、転職先の業績が傾いて倒産してしまいました。

 

そんな中で、坂本よしたか氏はコンサルタント会社を興しました。

事業をスタートしたばかりの頃に、取引詐欺で1,700万円もの借金を背負うことになりましたが、借金返済のために様々な方法を模索し続けたのです。

そして物販事業を始めて6ヶ月経った頃に月商2,400万円を超えるようになり、借金も返済できました。

物販事業で培ったノウハウに坂本よしたか氏ならではのオリジナルノウハウの裏ワザと独自のツールを作成します。

そこから、情報発信業界へもビジネスを展開していき、教え子は数十万人以上に上っています。

 

また、『Amazonで億万長者』などの 「億万長者シリーズ」はAmazonでベストセラーになっていることから幅広い業界でしっかりと地盤を固められていることも分かるでしょう。

初版の『Amazonで億万長者』と2作目の『錬金術で億万長者』は、紀伊国屋書店やジュンク堂書店といった大型書店で週間ランキング1位に輝いている書籍でもあります。

3作目の『0でも億万長者』は、紀伊国屋書店など全国各地の主要書店でおよそ4週間1位を獲得し続けたベストセラーになっています。

 

現在も、ジャンルに捉われることのない企画をプロデュースし、全国各地を飛び回っているのです。

これまでに5,000人規模の大型セミナーを開催した実績もあるため、その実力は確かなものだと言えるでしょう。

初心者でも資産を築き上げられる独自のノウハウを提供する「Top Buyer Golden Club(TBGC)」は受講者が後を絶たず、受講者からは大きな支持を得ています。

 

 

動画を分析してみた

 

坂本よしたか氏は、「ビットX長者プロジェクト」というプロジェクトも手掛けています。

続いては、「ビットX長者プロジェクト」に登録することで見られる動画について分析していきましょう。

 

 

・動画の内容

「ビットX長者プロジェクト」に登録することで見られる動画は、ビットコインに関する基本的な説明や過去の値上がり状況などを解説しているものです。

その動画の中でBTCVについても言及しています。

 

・動画を分析してみた

動画内では最初に、実際に「ビットX長者プロジェクト」に参加した人の声を紹介しています。

参加した人の声では、「特に何もしていないのにお金が増えていく」、「毎日確認するのが楽しい」といった感想が取り上げられています。

毎日上昇していて、上場してから8ヶ月でおよそ447倍も上昇したというのです。

そんな風にお金を稼げる手段があることに驚きを隠せない人も多いでしょう。

動画でも言っているように、知っているか、知らないかというだけで大きな貧富の差に繋がってしまいます。

つまり、知らない人は損をしていることになるでしょう。

このような内容を発信しているのは、それだけBTCVに対して大きな自信を持っていることになります。

 

さらに、BTCVとビットコインの違いについても解説しているため、具体的な違いを知りたいと思っている人にとっても有益な情報が詰まっています。

ビットコインと比べてみると短期間で資産を大きく増やせる可能性に気付かせてくれるでしょう。

 

・坂本よしたか氏は大きな実績を積み上げてきた

坂本よしたか氏の実績についても動画内で紹介しています。

坂本よしたか氏が手掛けた書籍が累計10万部以上も売れていること、No.1経営者としての実力があることなどです。

実績を紹介することで、「ビットX長者プロジェクト」が信用できるプロジェクトだと感じさせる要因になっています。

 

 

BTCVは将来どうなる

 

BTCVは、ビットコインが持っている価値の保存手段というメリットを活かすための変更がなされている仮想通貨です。

そのため、普段の生活の支払いに使えるような万能仮想通貨とは言えませんが、仮想通貨が持っている価値を保存するために持つのであれば、非常に魅力的だと言えるでしょう。

ビットコインは、交換や決済の手段として優れているのか、価値を保存すための手段として優れているのかという議論の的になることが多いです。

それに対してBTCVは、価値の保存手段というメリットを活かした仮想通貨なので、ビットコインに対して行われている議論に決着を付けられる可能性も高いです。

 

BTCVが今後成功するかどうかは、仮想通貨業界の中でその価値が認められるか、実際に普及していくのかが重要なポイントになります。

まだBTCVのプロジェクトが立ち上がって間もないですが、世界的には大きな注目を集めています。

注目を集めているということは、新たな取引所に上場する可能性も高いと考えられるでしょう。

そうなれば、より大きな成長を遂げる仮想通貨になるはずです。

 

2020年8月現在BTCVが上場しているのは、

 

・BKEX(ビーケーイーエックス)

・Liquid(リキッド)

・WBF Exchange(WBFエクスチェンジ)

・Coineal(コインニール)

・ChainEX(チェーンエックス)

・CoinBene(コインベネ)

・MXC(エムエックスシー)

・Hotbit(ホットビット)

・LBank(エルバンク)

 

という9つの取引所です。

今後、他の取引所にも上場するかチェックしておきましょう。

 

 

投資目的で保有すべきか

 

BTCVのマイニングができるマイニングシティの実績を確認することで、投資目的で保有すべきか否かを確認できます。

マイニングシティの実績は、月利で計算するとおよそ20%となっています。

つまり、およそ5ヶ月間で投資額を回収できると考えられるのです。

マイニングは、1,100日~1,200日継続するため、元本を回収できれば全てあなた自身の利益になります。

今後BTCVの価値がさらに高まっていけば、もっと早く回収できる可能性ももちろんあります。

現段階での見通しでしかありませんが、BTCVは大きな注目を集めている仮想通貨です。

そのため、価値が高まっていく可能性もあると考えられるため、投資目的で保有する意味はあると言えます。

悩んでいるのであれば、BTCVのマイニングに対して前向きに検討してみましょう。

 

 

ビットコインボルト(BTCV)は、ビットコインと似たような特性を持つ仮想通貨です。

しかし、ビットコインとは違い、価値の保存手段というメリットを活かすための変更がなされています。

まだ始まったばかりではありますが、世界的にも大きな注目をあつめていることから、将来性も期待できます。

BTCVに投資をしたいけど将来性が不安だと感じているのであれば、ぜひ前向きに検討してみると良いでしょう。

今後、その価値が認められる可能性は大いに期待できます。

坂本よしたか氏のSNSを以下にまとめたので、気になる方は見てみてください。

YouTube

LINE

Instagram

Twitter

Facebook

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。