パナソニックの太陽光発電システムは安定した収益が得られる!その理由は?

株式投資や不動産投資といった方法は、投資の対象としてはリスクも高いと言われています。
そんな中で、太陽光発電投資は収入の安定性も高く、実際に収益を得ている方も多くいます。
しかし、何らかの理由で収益に行き詰まりを感じ、太陽光発電システムの買い替えやより効率的なものを導入しようと検討している方もいるのではないでしょうか?
そこでおすすめなのが、パナソニックの太陽光発電システムです。
今回は、太陽光発電システムの選び方や、それぞれのメーカーの特徴、パナソニックのパネルをはじめとする製品の特徴などを解説していきます。


■太陽光発電システムの選び方

太陽光発電システムを設置するときには、発電量を1つのポイントに踏まえて選ぶのではないでしょうか?
高い収益を得るためには、発電量を気にするのも当然です。
しかし、発電量だけでなく価格や保証内容、発電効率など、などのあらゆるポイントを確認しておく必要があります。
太陽光発電システムと言っても、メーカーは様々なものがあり、国内ではパナソニックをはじめ、シャープや三菱、京セラなどが挙げられます。
海外メーカーも多数あり、住宅用なのか産業用かによっても適しているメーカーは異なってくるのです。
日本のメーカーは、住宅用の太陽光発電システムを得意としている傾向がありますが、海外メーカーは収益性を重視する産業用を得意とするケースが多いです。
国内も海外も太陽光発電システムのメーカーは多いので、どのように選べば良いか分からない方もいるでしょう。
太陽光発電システムは、設置場所・重さ・発電量・発電効率・コストを重視しなければなりません。
住宅用・産業用なのかもそうですが、住宅用にしても一般住宅の屋根に設置するのか・マンションの屋根に設置するのかによってその形状に合う製品を探さなければなりません。
特に国内の住宅屋根は複雑な形状も多く、設置できるかどうかも把握する必要があるでしょう。
太陽光発電システムには重量のあるパネルも多いので、耐久性が低い築年数の古い住宅には向かない場合もあります。
設置場所を基に、検討しているメーカーの製品の重量に耐えられるかも確認しましょう。
また、発電量・発電効率に関してはどの種類のパネルを選ぶかによって魅力的なメーカーも変わっていきます。
コストパフォーマンスも重要なポイントなので、産業用として太陽光発電システムを買い替えるのであれば、広大な土地を利用するためコストも大きくなります。
これらのポイントを踏まえ、新たな製品を検討してみましょう。


■それぞれのメーカーの特徴

パナソニックの特徴については、下記で詳しく説明しましょう。
ここでは、パナソニック以外のメーカーの特徴を見ていきます。

【国内メーカー】

・シャープ
住宅用・メガソーラーなど、どのような環境でも対応できる太陽光発電システムを提供しています。
環境に合わせて、適切な製品を選べるのがポイントです。

・三菱
国内でも大手の家電メーカーの三菱でも、太陽光発電システムを制作しています。
三菱の太陽光発電システムには高出力・高効率にこだわった製品が多く、発電した電気を効率的に使えるように考慮されているのが特徴です。

・京セラ
太陽光発電システムの開発としては、20年以上の歴史を持つメーカーです。
住宅用として、どのような屋根でも設置できる種類豊富なパネルが魅力と言えます。

・東芝
変換効率で選ぶなら東芝と言う方もいるほど、住宅用パネルの変換効率の高さに自信があります。
東芝の太陽光発電システムの変換効率は、国内メーカーでもトップクラスと言われています。

・ソラキューブ
明成商会の太陽光発電システムは、一般住宅・ホテル・遊休地などあらゆる環境に対応したパネルを扱っているのが特徴です。
太陽光発電システムは塩害の影響を受けやすく、土地選びを慎重に行う必要があります。
ソラキューブでは、塩害を受けやすいエリアでも発電できるよう試験を実施しています。

・ソーラーフロンティア
住宅用だけでなく、産業用も扱っている国内メーカーです。
悪天候や高温などの影響を受けにくいようにするため、様々な気候条件に対応したCIS太陽光電池を採用しているのが特徴です。

【海外メーカー】

・カナディアンソーラー
カナディアンソーラーでは、産業用の太陽光発電システムを扱っています。
世界第3位の出荷量を誇るメーカーで、国内でも人気が高いです。
カナダ発のメーカーでもあり、低コストでありながら品質の高さが魅力と言えます。

・JAソーラー
2005年に創業したばかりの中国のメーカーですが、2007年にNASDAQに上場している期待のメーカーでもあります。
住宅用・産業用など様々な環境に対応した製品を扱っています。

・トリナソーラー
トリナソーラーも中国のメーカーで製造から販売までを全て自社開発しているという特徴があります。
30種類以上にもなる社内テストをクリアした製品だけが提供されており、出力保証も25年間で産業用として長く活用したい方に適しています。

・CSUN
元々は太陽光発電池生産に特化していましたが、現在は太陽光発電システムのメーカーでも人気です。
NASDAQに上場している中国のメーカーで、厳しい気候や環境でも耐えられる製品開発を行っています。

他にも、様々なメーカーは太陽光発電システムの製品を扱っており、それぞれこだわりを持って開発・販売しています。
収益に行き詰まりを感じているなら、まずメーカーの特徴を理解し、より高品質で安定した収入が得られる製品を見極める必要があるでしょう。


■パナソニックの太陽光発電システムの特徴は?

パナソニックは国内の大手家電メーカーとして親しまれていますが、太陽光発電システムに関しても非常に人気のメーカーと言えます。
太陽光発電システムは、研究開始からすでに40年以上培ったノウハウと実績を持ち、自社で研究・開発・製造・販売までを手掛けているのが特徴です。
太陽光発電システムのパネルや製品は高性能・高品質なものが多く、買い替えや新たに導入する場合でもおすすめしたいメーカーです。
周辺機器の保証やサポート体制も構築されているほか、悪天候でも効率良く発電できる環境に合わせた製品も充実しています。
例えば、高性能パネルの「HIT」は、国内のメーカーを牽引するほどの実績があります。

・高性能パネルHIT
HITは、アモルファスシリコン・単結晶シリコンを採用したパネルです。
国内メーカーで販売されている単結晶シリコンパネルよりも高い変換効率を実現でき、252Wのパネルであれば19.6%の変換効率となっています。
また、アモルファスシリコンを採用したことで高温でも耐えられる製品となっており、安定した発電量を確保できます。
複雑な屋根形状でも柔軟に対応できるほか、パネルに雨水が溜まらないよう、ウォータードレインコーナーを設けているのも特徴です。

・パワーコンディショナ
パナソニックのパワーコンディショナRは、蓄電池の後付けが可能です。
蓄電池を後付けできるパワーコンディショナはパナソニックが業界初で、パワーコンディショナの交換費用を不要にしています。

・製品の種類が豊富
太陽光パネルやパワーコンディショナだけでなく、モニターをはじめ周辺機器の種類が豊富なのも大きな特徴です。
モニターは防水機能付きのものもあり、高機能な製品が多数あります。
また、HEMSに関しては、電気の使用状況の確認ができたり、余剰電力の効率的な活用法を行ったりできます。

・創蓄連携システム
長年の実績があるからこそ、パナソニックでは蓄電池にもこだわりを持っており、太陽光発電と蓄電池を連携させるシステムを開発しました。
太陽光発電と蓄電池を連携させることにより、経済効果だけでなく災害時でも安定した発電と電気の利用ができるという安心感が生まれます。
パナソニックの創蓄連携システムは、太陽光電池モジュールに100万円プラスするだけで導入できます。

・保証やサポート
先に述べたように、パナソニックの太陽光発電システムは保証やサポート体制が整っています。
例えば、太陽光電地モジュールは25年間の出力保証を無償で付けているのが特徴です。
太陽光発電システム保証も無償で15年、自然災害補償など充実しています。
特にモジュール出力保証や太陽光発電システム保証は他のメーカーでも付けているところが多いですが、お穴ソニックのように無償のところは少ないです。

このように、パナソニックの太陽光発電システムには魅力的な特徴がたくさんあります。
以前は、パナソニックの製品は導入コストが高いという印象を持つ方も少なくありませんでした。
しかし、近年は価格も下げ費用対効果の優れたメーカーとして注目されてきています。
太陽光発電投資は、住宅用が10年・産業用が20年の電力会社の買取保証期間が設けられています。
そのため、設置費用や導入にかかるコストの回収もそれらを基に検討する方が多いです。
パナソニックの発電量における経済効果は、167.9万円の製品を導入したと仮定して、売電価格24円・kW単価27万円で算出すると、10年目には設置費用を回収できる計算になります。
実際の発電量は日射量や太陽光発電システムの傾斜角などによっても変わってくるので、あくまでも目安です。
しかし、新規導入や買い替えなら、安定した収益が期待できるのではないでしょうか?
パナソニックの太陽光発電システムは、設置場所・重さ・発電量・発電効率・コストなど、トータルで見て優秀だと言えるでしょう。
長年培ったノウハウと実績があるからこそ、太陽光発電投資者に最適な提案を行っています。

今回は、太陽光発電投資を行っている方向けに、新規導入・買い替えの際に知っておきたいメーカーの特徴や、パナソニックの太陽光発電システムについてご紹介してきました。
パナソニックの太陽光発電は、長年培ったノウハウや実績を活かして、投資者にとって安定した収益が得られるような製品を多く扱っています。
納得のいく収益が得られず悩んでいる方は、パナソニックの太陽光発電システムを検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。