再生可能エネルギーで資産を守る!金融リスクに対応できる投資とは?

経済成長が減速を見せている中、資産運用にも不安が生じる事態となっています。
忠実に資産を守り抜くためには太陽光発電などの再生可能エネルギーが有力であると考え、投資されている方も多いでしょう。
近年では投資家として活用する人が増えてきていますが、ここで気になるのは金融リスクに対応できるのかという点です。
ここでは「再生可能エネルギーは投資に向いているのか?」という疑問を解決するために、資産運用を進める理由について検証していきましょう。

■太陽光発電は投資しやすい環境が整っている

太陽光発電は最初にある程度まとまった初期費用が必要であるといったリスクの他に、優良事業の見極めが困難であるといったことが挙げられます。
収支をきちんと把握しておかないと損をしてしまう可能性がり、リスク対応にも注視しておく必要があるでしょう。
しかし、太陽光発電はこれまで以上に投資しやすい環境へと変化しています。
発電設備の設置基準が引き上げられ優良事業が選びやすくなったこと、本来であれば税金として徴収される資金も特別償却を利用することで手元に資金を残せるなどメリットを享受できる環境になってきているのです。
すでに投資を始めている人は、国の制度によってあらかじめ買取価格が決められているため、株価のように暴落する恐れもないでしょう。
太陽光発電による投資は、老後資金を蓄えるための安定資産運用にピッタリの投資対象となっています。

■改めて太陽光発電投資を知ろう

投資とは一般的に、一定の資産を運用し利益を出すことを目的に資金を投下することを言います。
投資には不動産投資や外貨預金、株式など数多くの投資商品がありますが、太陽光発電投資は土地や太陽光発電設備などを活用し、発電した電気を売却して利益を得ることです。
太陽光発電によって生産した電気の売却価格は、固定価格買取制度によって定められ、買い取ってもらう流れになっています。
この固定価格買取制度は2012年から施工を開始しました。
電気事業者による再生可能エネルギーが電気の調達に向けた特別措置法に基づき、電力会社が電気を一定金額で買取ることを義務付けるための制度です。
この制度は、全ての国民が再生可能エネルギー賦課金を負担することで成立しているのでしょう。
20年間は確実に買い取ってもらえるため、相場の影響を受けずに利益が得られ維持コストや利回りが比較的高いのが特徴です。
太陽光発電投資は「ローリスク・ミドルリターン」と言われており「儲けたいが損はしたくない」という投資家におすすめの投資対象と言えるでしょう。

■太陽光発電投資の今後の見通し

数ある投資対象の中で収入の安定性が比較的高いものに、再生可能エネルギーがあげられます。
社会的にも求められている再生可能エネルギーへの投資は、今後も価値が高まっていくことでしょう。
その理由の中には大手電力会社に売電できる安心感や、国の制度により20年間売電価格が維持されるという大きなメリットがあります。
日本における太陽光発電は、先進国に比べて導入は追いついていませんが、今後伸びる可能性は十分にあるはずです。
続いて、太陽光発電投資の今後の見通しについてさらに詳しく見ていきましょう。

・費用対効果が高まってきている

太陽光発電投資は、利回りが高く安定した収益が見込める投資対象です。
年間表面の利回りは約10%で、不動産投資や株式投資など他の投資対象に比べ3~6%も利回りが高くなっています。
例え太陽光発電の売電価格が下がったとしても、太陽高発電の設置費用が低下し初期費用を抑えられるようになってきている点も、高い利回りを実現できている理由の一つでしょう。
また、設備機器の性能が以前より向上しているため、効率的に電力を得られるようになってきている点も大きいようです。
電力会社に売電した利益は毎月入金され、キャッシュフローも安定してきます。
太陽光発電投資はローン契約できることも、事業の安定性を築ける裏付けとなっているようです。

・売電価格が大きい土地付き太陽光発電所がある

太陽光発電の売電価格自体は下がり続けているため、投資の醍醐味は欠けてきているという見方があります。
しかし、土地付きの太陽光発電の中には、価格が高い時期に認定された物件も存在しています。
これから自分で太陽光発電設備を建設し投資を始める場合、1kWhあたりの売却額は税抜でおおよそ14円くらいになるのが妥当です。
一方、投資用に売られている太陽光発電は、新築でも1kWhあたり21円くらいに換算されるのも珍しくありません。
投資用太陽光発電であれば、発電事業を対象とした土地もセットでついてくるので、用地探しに時間を費やされることもないでしょう。
中古物件であれば売電実績があるので、投資がさらに受けやすくなるというメリットも出てきます。
ですが、高い売電価格で認定された物件はとても人気があるので、情報収集をしながら物件を探す必要があります。

■太陽光発電投資を行う時のポイント

太陽光発電投資では、以下のようなポイントを押さえておくことが大切です。

・正確な利回りを理解しておく

投資を行うにあたり、利回りが実質どのくらいになるのかは知っておく必要があります。
日射量など算出できない要素はあるにしても、発電にかかるコストがどれくらいになるのかはリストアップしておきましょう。
その中には維持・管理費やメンテナンス費用、保険料なども含まれ、ローンを利用している場合は金利なども忘れず経費に参入させてください。
場合によっては台風の影響や突発的な故障が起こることも想定し、災害保険や損害保険などに備える費用を上乗せしておくことをおすすめします。

・売電総額(20年間)を算出する

太陽光発電投資は、固定価格買取制度により20年間同じ価格で電力を買い取ってもらうことができます。
しかし、20年稼働し続けていれば、経年劣化や発電効率は確実に落ちていきます。
発電量も季節によって異なるため、発電量の推移を算出しておいた方が良いでしょう。
1年間の売電額が出たら、20年間でどのくらいの総額を売電できるか算出します。

■土地付きの太陽光発電投資はメリットが豊富

土地付きの太陽光発電投資は、土地と太陽光設備をセットで購入し投資することです。
建設業者が建物を建築して販売するように、太陽光発電もまた専門業者が太陽光発電設備を設置し土地と一緒に販売します。
これによって太陽光発電を始めたいけれど土地がないという人でも投資をすることが可能です。
また、土地付きの太陽光発電投資のメリットは、以下のような恩恵を受けることもできます。

・空室リスクや徴収リスクがない

不動産投資の場合は、入居者がいないと収入が得られないというリスクが伴います。
しかし、太陽光発電の場合は固定価格買取制度により、そのようなリスクとは無縁です。
家賃滞納など徴収リスクもないので、安心して投資を行うことができます。

・年間利回りが高い

土地付きの太陽光発電投資の利回りは、年間で10%前後が一般的です。
他の金融商品と比べ利回りが高く、長期的な収益が見込めます。
これによって投資プランが立てやすくなり、安定した収入が期待でるでしょう。

・管理の手間が省ける

太陽光発電設備は定期点検などのメンテナンスは必要ですが、可動部分がないことから耐久性が管理に手間がかかりません。
清掃やメンテナンスを専門業者に依頼すれば、自身で管理する手間を省くことができるでしょう。

・融資を利用して投資できる

株式や投資信託などは融資を受けることができないのに対し、土地付き太陽光発電投資は融資を受け、投資を行うことができます。

■太陽光発電投資に積極的なRSアセットマネジメント株式会社

RSアセットマネジメント株式会社は、太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの電力供給している会社です。
太陽光発電以外に風力発電やバイオマス発電など、様々な自然エネルギーを活用して電力を作っています。
全国に数多くの太陽光発電所を建設し、再生可能エネルギー投資の全てを担うトータルサポート事業としての実績も豊富です。
また、電力エネルギーを投資対象にした再生可能エネルギーファンドにも携わっており、イオンベストメント事業やアレンジメント事業の実績もあります。
自分が投資した電力エネルギーが何年後かに、数倍以上になって手元に返ってくるかもしれません。
太陽光発電は今後、日本のインフラ改革を左右する重要な再生可能エネルギーになると、RSアセットマネジメントはいち早く注目したのです。
そんなRSアセットマネジメントは、2011年3月に発生した東日本大震災の影響で、これまでの電力供給に対する考え方を改めることになりました。
RSアセットマネジメントは2013年創業以来、電力供給の質の高さにこだわり続けてきたのです。
安全かつクリーンな環境を維持するために、太陽光発電という省エネに注目しました。
アレンジメント事業においては、初期費用を最小限に抑えた設備導入に踏み切り、継続される管理費用についても安定させることに成功しました。
また、インベストメント事業においても特別目的会社に匿名組合出資を行い、適切な出資を目指します。
安定的に出資することでそれ相当の利益が戻ってくるよう、多くの人に安定的な運用が実現できるということを証明しています。
現在、日本の太陽光発電にかかるコストは低下してきていますが、それでも欧州などに比べるとまだまだ割高です。
品質とコスト、どちらも両立させなければ電力構造の再構築は難しいでしょう。
そんな次世代の電力構造を見据えたRSアセットマネジメント株式会社は、より安全で安価な太陽光システムが必要であると考え、現在の「クリーンで低コストなエネルギー供給」を実現させることができたのです。

太陽光発電投資は、発電量が多い物件や利回りの良い物件など条件の良いものが投資先に選ばれます。
電力会社から電気を供給してもらえるだけでなく、できるだけ高い価格で電気を売ることでローリスクかつ安定した投資を行うことができるのではないでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。