平文俊全氏が代表のノーバル・ホールディングスの役割とは

エコに対する考えがクローズアップされることが増えた昨今、以前に比べて再生可能エネルギーに対して興味を持つ人も増えてきているのではないでしょうか。
これまで主なエネルギー源を石油や石炭、天然ガスといった化石燃料に頼っていましたが、必要とするエネルギー量が上がり続ける今、これらが枯渇するのもそう遠い未来ではないと言われています。

そこで注目されているのが太陽光や風など自然の力を利用する方法です。
自然の力をエネルギー源とする再生可能エネルギーは環境に優しく、地球温暖化の抑止にも効果があります。
今回はこの再生可能エネルギーの普及に努めている株式会社ノーバル・ホールディングスと、その代表である平文俊全氏について詳しく掘り下げていきます。

企業概要、事業内容について

再生可能エネルギーの普及を目的としている株式会社ノーバル・ホールディングスとはいったいどういった会社なのか、詳しく見ていきましょう。

【会社概要】
株式会社ノーバル・ホールディングス
本社:茨城県つくば市島名4372番地(区画整理番号:市諏訪C22街区7画地)
資本金:50,000,000円
代表取締役:平文 俊全、平文 暉朗(共同代表)
外部取締役:園 博昭
事業目的:純粋持株会社として子会社の管理を担当

ホームページに独立系投資グループとあるように、社内外に拘らず各分野の専門家の支援を受けることで、
発電所開発から運営までの一連のプロセスを一貫して行うことを可能にしています。
また、自社保有目的案件だけでなく、他社の発電所建設の助成業務や共同投資事業にも取り組んでいます。

エネルギー事業の企画や開発、メンテナンスなどの管理を行っている合同会社ノーバル・テクノロジーが太陽光発電設備を保有している合同会社ノーバル・ソーラーの運営をしていますが、
これら二つの会社を管理しているのが純粋持ち株親会社である株式会社ノーバル・ホールディングスです。
他にも合同会社ノーバル・ウインドという風力発電設備を保有している会社もグループ会社であり、代表社員が株式会社ノーバル・ホールディングス、職務執行者は平文俊全氏となっています。

このことから株式会社ノーバル・ホールディングスは太陽光や風力を利用した発電事業に力を入れている会社だということがわかりました。
風力発電設備を保有しているノーバル・ウインドと太陽光発電設備を保有しているノーバル・ソーラーがあり、それらを開発・メンテナンスするノーバル・テクノロジー、そして管理するノーバル・ホールディングスによって、発電所開発から運営までの一連のプロセスをノンストップで取り組むことを可能にしているのです。

太陽光発電事業について

では、そもそも太陽光発電事業とはいったいどういうものなのか、詳しく見ていきましょう。

太陽光発電事業って何?

電気は電力会社から供給されるのに、なぜ他の事業者が太陽光発電事業をしているのか気になったことはありませんか。
太陽光発電事業は、「固定価格買取り制度(FIT)」と呼ばれる国が定めた法律に基づいて行われています。
つまり、太陽光発電事業を行っている会社から電力会社が一定の価格で電気を買い取ることを義務付けたのです。
一度契約した売電単価は20年間変わりません。
安定した収益につながることから、電力会社以外の企業も太陽光発電事業に乗り出したのです。

なぜ「固定価格買取り制度(FIT)」ができた?

かねてから地球温暖化問題が取り沙汰され対策が求められていた中で、震災が発生し脱原発の流れが一気に加速しました。
政府も再生エネルギーへ転換すべく方針を定めましたが、再生エネルギーには導入コストが高い割に、採算性が低いという問題がありました。
そのため、多くの事業者が参入しやすいように、固定価格を導入し再生エネルギーによる電力を増やそうと試みました。
その結果、太陽光発電による発電量が大幅に増え、地球温暖化の抑止にもつながっています。

太陽光発電の設備を設置するまでの流れ

設置には検討を初めてから、実際に電力が供給開始されるまでさまざまな手続きや作業が必要になります。

1.用地取得
太陽光発電設備を設置する土地について、日照時間や積雪や凍結などの自然条件についての調査や、土地の形状、周辺環境などを調査し確認します。
また、農地法や森林法、景観条例等法令なども関わってくるため、自治体に確認する必要があります。

2.設計
想定に合わせて太陽光発電設備の出力の仮決定やパネルやPCSなどの設備を選び、基本設計します。
また、現地で詳細な調査を行い、地域の方々へ説明やコミュニケーションを取りながら、発電設備や機器などの設計をします。
それらに伴い、必要となる総費用を計算し、確定します。

3.発注~造成開始
設備の設置に必要となる資材や機器を発注するとともに、それらの工事を実施する企業の選定をします。
また発電設備区分や発電設備名称、発電事業者名や連絡先などが明記された標識も設置します。
屋根や屋上に設置する場合は不要ですが、それ以外の場合運転開始まで柵や塀の設置も必要です。

これらはあくまでモデルケースであり、個別のケースによって異なる場合があります。
国から事業計画認定にあたり、電力会社からあらかじめ系統接続について同意を得なければなりません。

ノーバル・ホールディングスの実績

株式会社ノーバル・ホールディングスは本社のある茨城県を中心に栃木・千葉県に15ヶ所のソーラーパネルを設置し、
太陽光発電の設備を保有・管理しており、さらに福岡県・鹿児島県・熊本県の3ヶ所の設備設置・運営を予定しています。

自分たちの身近に太陽光発電の設備が設置されるとなった際に、現地住民の中には「太陽光発電設備のせいで大雨のあと土砂崩れするのではないか」「電磁波の影響はないのか」など自分たちの生活を脅かすのではないかと不安を感じる人も少なくありません。

しかし、株式会社ノーバル・ホールディングスの設置しているソーラーパネルは、現在運営されている中では茨城県つくば市にある2014年10月に竣工されたものが一番古いものとなりますが、現在に至るまで問題が発生することなく管理されています。
株式会社ノーバル・ホールディングスはグループ会社である合同会社ノーバル・テクノロジーによる一貫した管理・メンテナンス及び万が一の非常時にも対応できるよう備えています。

このように株式会社ノーバル・ホールディングスには太陽光発電事業に対する積み重ねてきた実績があり、国や自治体、電力会社によって定められた手順にそって運営しているのです。

まとめ

ここまで太陽光発電事業やそれらを行っている株式会社ノーバル・ホールディングスについて紹介してきました。
太陽光発電事業という言葉を聞いたことはあっても、どのようなことをしているのか知らないと言う方もいたのではないでしょうか。
資源に乏しい日本は、これまでエネルギーの8割以上を石油や石炭などの化石燃料に頼っており、それらのほとんどを海外に依存していました。
しかし、太陽光や風力などの自然エネルギーを利用した再生可能エネルギーは、温室効果ガスを排出することなく、国内で生産可能という重要なエネルギー源です。

つまり、太陽光発電事業は脱原発や地球温暖化の抑止につながるだけでなく、それらを改善するための極めて有用な手段なのです。
今回太陽光事業について調べてみたところ「電磁波が発生するのでは」「有害物質の流失が心配」と言った反対の声によってなかなか設置が進まないケースもあるようです。

しかし株式会社ノーバル・ホールディングスの行っている太陽光発電事業では、工程管理やメンテンナンス、開発を一貫して行うことのできるグループ会社もあることから、そのような心配も不要なようです。
こうした企業努力によって日本における再生可能エネルギーの普及が進んでいくのでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。