投資家とは?マエストロの株式ボナセーラ熊谷亮氏を徹底調査!

皆さんは投資家というとどのようなイメージを抱き、誰を思い浮かべますか?
投資をしていない人は投資家とは縁がないと感じるかもしれませんが、
投資家の数は増加傾向にあり、比較的身近にもいるかもしれません。

中には仕事として投資家をやっている人もいますが、投資家とはどんな仕事をしているのでしょうか?
今回は投資家の仕事内容やどのような人がいるのかといったことを中心に、
株式投資のサポートをする「マエストロの株式ボナセーラ」を手掛けた投資家・熊谷亮氏についてもご紹介していきます。
投資家・熊谷亮氏がどのような実績を持っていて、口コミや評判はどうなのかも調べてみました。
投資に興味があり、株式投資のサポートをする「マエストロの株式ボナセーラ」を利用してみたいという方はぜひ目を通してみてください。

投資家ってどんな仕事?

投資家は、投資を目的とした金融商品などを保有している人のことを指します。
株式や債券、不動産、通貨など投資する対象は異なりますが、投資して利益を出すという共通の目的を持ちます。
まずは、そのような目的をもつ投資家がどのような仕事をしているのか見ていくことにしましょう。

■投資家の仕事内容

投資家は、投資で利益を出すことを目的としたトレードなどを行うことで収入を得ます。
投資家の中には、株式や為替のトレードで大きな収益を上げたり、世界各地で事業投資を行うことで収益を上げたりしている人もいます。
一口に投資と言っても色々な種類があり、どの投資を行っているかは投資家によって異なります。
まずはどのような投資を行うケースが多いのか見ていきましょう。

・不動産投資を行う

不動産投資は、不動産物件の家賃収入を得るという投資方法です。
空室リスクが低い物件を購入できれば安定した収入を得られるので、それを元手にして保有物件を増やすこともできるでしょう。
また、借入金を早期に返済することができれば、より大きな収入を期待できます。

・ブログのアフィリエイト収入を得る投資家もいる

投資家の中には、株式や為替のトレード成績や手法をブログで公開することで、アフィリエイト収入を得ている人もいます。
アフィリエイト収入はブログの広告をクリックしたり、その広告にある商品を購入したりすることによって、アフィリエイトサービス会社からの報酬を得られるというものです。
長く投資家をやっている人であれば相応の知識や経験を持っているため、それらを発信することで初心者投資家やこれから投資を始めたいと考えている人の役に立ちます。
ブログはコツコツと継続しなければいけませんが、安定した収入を得られるツールの1つでもあるため、投資家の中にはブログを書いている人も少なくありません。

投資家の仕事は不動産投資やブログの更新などが一般的で、一般企業での仕事とは違った内容になっています。
決して簡単なことではありませんが、軌道に乗れた人の多くは投資家としての人生を選んでいる様子です。

■講演会やメディアへの出演も

投資家として知名度が上がっていくと、講演会を開くようになったり、メディアへの出演依頼が来たりします。
自分自身が主催する有料セミナーを開催する投資家もいるため、ただ投資をすることだけが投資家の仕事ではなくなってきているのです。
しかし、講演会やメディアへの出演は実績がなければできません。
つまり、投資家として努力し、実績を残すことができた人だからこそ受けられる仕事だと言えるでしょう。

投資家にはどんな人がいる?

投資の世界では大成功を収めて有名になった人がたくさんいます。
どのような投資家がいるのか、何人かご紹介しましょう。

・藤巻健史

藤巻健史は債券や為替、株式でトレードをしているトレーダーです。
経済評論家や日本維新の会に所属する政治家という側面も持っています。
メディアにも多数出演していることから、実績のある投資家だと言えるでしょう。

・竹田和平

竹田和平はタマゴボーロを開発した武田製薬の創業者であり、株式投資を行っている投資家でもあります。
104社もの上場企業の大株主であることから、株式投資家としての知名度は非常に高い人物です。

・竹井佑介

竹井佑介は3万円の元手でFXをはじめ、成功を収めた人物です。
高級マンションが並ぶ六本木ヒルズを拠点にしていると言われており、投資で稼いだお金で豊かな暮らしをしていることが想像できます。
実は投資だけではなく、教育格差をなくすための社会活動も行っている人物でもあります。
その中でも、無料のオンライン塾は画期的なサービスだと言えるでしょう。

・Cis

Cisは100万円くらいの元手で株式投資をスタートして成功を収めた人物です。
デイトレードやスイングトレードを中心に投資を行っています。
2005年のジェイコム株誤発注事件では5億円くらいの利益を上げたと言われていることから、株式投資でかなり大きな収益を得ていることが分かります。

投資家熊谷亮氏ってどんな人?

熊谷亮氏は日本国内で活躍する有名投資家の一人です。
続いては、投資家・熊谷亮氏がどのような人物なのか見ていきましょう。

株式会社クマガイサポートの代表取締役を務めている熊谷亮氏は、
「短期暴騰銘柄提案のスペシャリスト」と呼ばれている投資家です。

なぜこのように呼ばれているのかというと、短期間で上昇する銘柄の提案に定評があるからです。
1992年から株式投資を始めた熊谷亮氏は、テクニカル理論を独学で身に付けるだけではなく、短期売買の方法を身に付けました。
非常に長けた分析力を持っていたため、それを活かすために株式会社クマガイサポートを立ち上げ、マエストロの株式ボナセーラというサービスを提供し始めました。

「焦らない」「欲をかかない」「堅実に」という考え方を念頭に置いた株式投資を行ってきた熊谷亮氏は、目の前の状況に左右されることのない投資をしてきたのです。
また、1日1銘柄というシンプルな提案も熊谷亮氏ならではだと言えるでしょう。
その他にも、書籍の出版をしてベストセラーになるという実績も持っています。

【口コミ・評判】

“熊谷さんは一人で分析、投資判断、助言を行っていて複数の仕事もこなしていて、素直に凄い方だと思いますよ、努力家だし”

熊谷亮氏が努力家である部分や多彩な仕事を一人でこなす姿勢に好感を持つという意見がありました。
実力も含め、人柄の良さから信頼を寄せる投資家は多いと考えられます。

投資家としての実績は?

次に、熊谷亮氏がこれまでに行ってきた予想に対する実績について確認していきましょう。

■熊谷亮氏によるマエストロの株式ボナセーラの内容について

始めに熊谷亮氏が運用しているマエストロの株式ボナセーラについて解説していきます。
マエストロの株式ボナセーラでは、「焦らない」「欲をかかない」「堅実に」をモットーとして、株式投資に関する方法を教えています。
一般会員と特別会員に向けて注目した銘柄を1日1~4銘柄紹介しています。
そのほかにも、資産運用に関するセミナーなどを開催し、様々な人たちに資産形成について指南しているのです。

マエストロの株式ボナセーラには、3つのコンセプトがあります。

DREAM

投資は夢を達成させるためのひとつの方法としてポジティブなものであると考えています。
前向きに考えることで勝率も上がっていくと熊谷亮氏は教えています。

CATCH

専門的な情報を徹底的に分析し、勝率の高い株をキャッチすることです。

STANCE

投資は着実に資産形成することが重要です。
そのためにも、マエストロの株式会社ボナセーラでは「8%」での切り替えを推奨しています。
損切りに関しては、投資を進めていくと躊躇してしまう場合も多いでしょうが、「8%値下がりしたら売る」というルールを決めておくことで資産形成に繋げられると熊谷亮氏は考えているのです。
また、買い値から8%値上がりしたら売ることもルールとして定めています。
投資が初心者だとしても、このルールがあれば安心して始められるのではないでしょうか?

この3つのコンセプトのもとでサービスを行い、成果を上げられるよう会員に向けて注目銘柄の紹介などを行っています。

■熊谷亮氏が提案している銘柄の特徴について

・暴騰銘柄の急落後の反発狙い

値上がり幅の半分が値下げした状態で止まっている半値押しの銘柄は、段階的に購入することをマエストロの株式ボナセーラでは推奨しています。
売却することが多い株を買うことに躊躇してしまう人は多いと思いますが、その分儲ける可能性があり期待できる銘柄なのです。
実際に、東日本大震災が起こった後に100円台となった東京電力の株を熊谷亮氏は買いだと紹介しました。
数ヶ月後には600円台まで上昇し、購入した人は大きな利益を獲得したのです。
勇気のいる方法ですが、熊谷亮氏が提案する通りに行動することで利益を得た人も多く、信じることで資産を増やせる可能性が高まるでしょう。

・高値抜き銘柄の新展開狙い

当日に付けた株価の高値が調整前の高値よりも上回った銘柄があれば、買いであると熊谷亮氏は考えています。
この他にも、「ラインの放れ銘柄の買い」などの特徴を持ち、堅実に利益を得るための提案を行っています。

■熊谷亮氏の実績について

「短期暴騰銘柄提案のスペシャリスト」とも言われている熊谷亮氏の実績について見ていきましょう。
Yahoo!ファイナンスの株価予想においては、43連勝を達成したこともあります。
そこで、2019年4月から5月までに行った予想の中で当たりとなった銘柄をご紹介していきます。

・予想期間4月1日から4月5日

日経平均レバレッジ上場投信:買い
始値(18,520円)→終値(18,970円)

・予想期間4月1日から4月5日

TOPIXベア2倍上場投信:売り
始値(2,425円)→終値(2,399円)

・予想期間4月1日から4月5日

TOPIXブル2倍上場投信:買い
始値(16,510円)→終値(16,670円)

・予想期間4月11日

シルバーエッグ・テクノロジー:買い
始値(1,350円)→終値(1,420円)

・予想期間4月12日

日経平均レバレッジ上場投信:買い
始値(18,960円)→終値(19,070円)

・予想期間5月17日

ASTI:買い
始値(1,743円)→終値(1,790円)

・予想期間5月24日

倉元製作所:買い
始値(140円)→終値(149円)

■多くの書籍も発売している

熊谷亮氏はこれまでに株を予想するだけではなく、実績を残したことで書籍も発売してきました。

2014年には「明日ドカンと上がる株の見つけ方」を発売し、短期上昇する株を見極める方法を伝授してくれています。
理解することが難しい、苦手だと感じる人や初心者向けの指南書としての活用に最適です。

2015年8月には「あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン」が出版されました。
第2弾となり、実践的な方法が詳しく記載されています。
売買のタイミングや損切りの方法などをわかりやすく教えてくれ、文字だけではなく図やチャートによって説明されているので、文章を読むことが苦手な人でも理解しやすい内容となっている本です。

2015年10月には「熊谷亮が推す お金が増える極上株 (稼ぐ投資)」が発売されています。
熊谷亮氏おすすめの銘柄が100個掲載され、市場の動きについても解説しています。
本を読むことが苦手な人向けにDVDも販売されていました。
完売済みで現在は販売されていませんが、「資産運用セミナー」としてトレード方法や銘柄の見つけ方について伝授してくれています。

投資家と熊谷亮氏についてのまとめ

投資で利益を出すことを目的としている投資家は世界中に多くいます。
投資家と言っても、不動産投資やFX、株式投資など様々な方法がありますが、近年では自身が持っている知識や手法を公開し、アフィリエイト収入を得ている投資家も増えてきました。
講演会やセミナーなどを開催することで、より多くの人に投資の魅力を発信し、利益を得る人もいます。

そんな中、熊谷亮氏「マエストロの株式ボナセーラ」というサービスによって、投資に関する方法や注目される銘柄について会員に向けて紹介しています。
分析力の高さから、これまでに多くの実績を残してきた人物です。
そのノウハウを活かして多くの書籍も出版しています。
資産運用セミナーなども定期的に開催し、資産形成の方法を様々な人たちに伝授してきたことで、トレードに自信を付けてきた会員たちも多くいるようです。

マエストロの株式ボナセーラでは、安心してトレードできるように初心者にもわかりやすい知識を発信しています。
損切りのルールなども明確になっているため、提案通りに実行することで投資方法を覚えることもできるでしょう。
株式投資についてのノウハウを知りたいと感じているのであれば、マエストロの株式ボナセーラを活用してみてはいかがでしょうか?

また、著書を読むことでも熊谷亮氏について知ることができるので、熊谷亮氏が考える資産形成の方法を知りたいのであればこの機会に読んでみることもおすすめです。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。