不動産投資を展開するシーズクリエイト株式会社のリンクスシリーズとは?

近年、少子高齢化によって公的年金制度の継続が危ぶまれており、老後の生活資金を心配する方も多いです。そんな中、投資不動産はリスクが少なく安定した収入を得られるとして、資金形成に役立てたいと購入を検討する方が増えています。

投資不動産を扱う企業は数多くありますが、環境に配慮した高品質の物件を扱うシーズクリエイトが注目されています。では、シーズクリエイトの会社概要や投資不動産、人気商品のリンクスシリーズなどについて見ていきましょう。

シーズクリエイトはどんな企業?

1999年創立のシーズクリエイト株式会社は、不動産買取再販や一棟収益マンション事業、リフォーム事業など行う企業です。

「人に地球に未来にやさしい都市空間を創造する」という企業理念のもと、地球環境に配慮した事業を展開しています。

シーズクリエイトでは、環境への負担を軽減させるシステムである「国際環境規格ISO14001」を取得しており、エネルギー資源の有効利用や汚染の予防に注力しているようです。

エコやロハスを意識しながら常に新しいことへ挑戦し続け、多くの人々に豊かで快適な住まいを提案している会社なのです。

シーズクリエイトのシーズは「顧客満足」の意味で、「お客様を大切にする気持ち」を1番に考えて事業に取り組んでいるそうです。

顧客満足を実現するためには、お客様だけでなく地域の方との対話も重要と考え、相手の視点からニーズを読み取って要望に応えていく必要があります。

シーズクリエイトではお客様からの多様な要望に対応すべく、社会の変化に合わせた次世代の不動産ビジネスに挑戦し、分析・研究を重ねることで顧客満足度の向上につなげているのです。

より多くの方に快適な住まいを提供するシーズクリエイトは、今後もグローバルな展開と新しい挑戦によってさらなる成長が期待できるでしょう。

シーズクリエイトの投資用不動産とは

安定した収入が得られるとして注目される投資用不動産は、豊かな暮らしを実現するために役立つ商品です。

ここでは、シーズクリエイトの投資不動産がどのような暮らしに役立つ効果を持っているのか見ていきましょう。

年金、保険代わりになる

少子高齢化社会の影響により老後に十分な公的年金を支給できるか分からない状態にあるため、今のうちに資金を蓄えておきたいと考える方も多いでしょう。

老後に公的年金だけで豊かな暮らしをするのは難しいと考える人が多く、投資不動産の家賃収入で不足分を補いたいと注目されているのです。

投資不動産はローンを組む場合が多いですが、ローンの支払いは家賃収入から行うので多くの現金を用意する必要がありません。

市場の変動が収入を左右する株式投資と違い、投資不動産の家賃収入は景気に影響を受けにくいのでリスクが抑えられます。

ローンの返済が完了すれば家賃収入を全て生活費に充てられるため、収入が安定して豊かな生活が送れるでしょう。

また、投資不動産の収入は生命保険代わりとしても有効であり、万が一のことがあった時も安心です。

金融機関でローンを組む際に「団体信用生命保険」へ加入する場合が多いので、別途で生命保険を利用する必要がありません。

ちなみに団体信用生命保険とは、投資不動産の購入者が事故や病気によって死亡・高度障害となった場合に、残っている借り入れ金額を全て保険会社が払うものです。

万が一のことがあったとしても、不動産のローンが残らずその後も家賃収入は入り続けるので家族の安定した生活が保障されています。

節税効果、相続税対策になる

2019年10月からの増税や所得税増税の可能性を踏まえると、今後も様々な税金が家計を圧迫し苦しい状態になることが予想されます。

そこで重要なポイントとなるのは節税ですが、企業で働く方は給与所得のみとなるので節税するのは難しいでしょう。

投資不動産を購入すると、不動産事業として建物・設備を減価償却費で計上し、固定資産税や広告費なども経費として確定申告できます。

確定申告した経費と給与所得から損益計算すると、節税できていることが分かります。

また、現金で相続をする場合には相続額全てが課税対象となり、多くの相続税がかかってしまいます。

一方、不動産を相続する場合は路線価や固定資産税評価額によって課税対象が定められており、一般的に不動産の購入金額のうち7~8割が課税対象となります。

現金と不動産が同じ金額だったとしても、不動産の方が課税の割合が軽減されるため節税に繋がるということです。

資産運用としても有効

株式投資やFXなどの投資商品の場合、少額から投資を始めることもできますが、十分な利益を出すのは難しいでしょう。

多くの資金を用意できたとしてもその分株価変動による損失リスクが高くなるので、安定した収入を求める場合には投資不動産がおすすめです。

前述したように、ローンの支払いは家賃収入から行うので多くの現金を用意する必要がなく、自己資金が少ない方でも始めやすいです。

金融機関でローンを組む際に、毎月の返済額が家賃収入を上回らないように計算しておけば、資金が足りずに返済できない状態に陥りにくいでしょう。

仮にもし毎月のローン返済が難しくなったとしても、物件を売却すればローンの借入額を返済できるので、少ないリスクで投資運用ができます。

また物件によっては自己資金なしで購入できる場合もあり、誰でも気軽に始めやすいという点が大きなメリットとなっています。

シーズクリエイトが扱う投資不動産は、品質がよく資産価値の高い物件が多いため、資産運用として有効そうです。

高品質のリンクスシリーズが人気

RC造投資マンションのリンクスシリーズは、シーズクリエイトが持つ投資不動産の中でも高品質な人気物件のようですが、ここでリンクスシリーズの特徴について解説しましょう。

リンクスシリーズのRC造とは?

リンクスシリーズに使われているRC造は、ビルやマンションなどによく見られる鉄筋とコンクリートを使った建物構造のことです。

建物の基盤となる型枠に鉄筋を使用し、基盤にコンクリートを流し込むことで頑丈な骨組みを作り上げます。

耐火性に優れた鉄筋と耐久性の高いコンクリートを組み合わせることによって、高強度で安全なマンションになるのです。

マンションは隣同士の生活音が気になることも多いですが、RC造のマンションは気密性が高く音を通しにくいです。

気密性が高いと断熱性も高まるため、夏は涼しく冬は涼しい過ごしやすい快適な空間となるでしょう。

リンクスシリーズの特徴

リンクスシリーズは、4つのテーマ(安心安全性・高利回り・基本品質・管理体制)の向上を探究した高品質の投資マンションのようです。

シーズクリエイトが創業当時から取り組んできた分譲マンションの知識を活かし、居住性や機能性はもちろん収益性にも注力したシリーズとなっているみたいです。

投資不動産を求める方のニーズに対応し、好立地に高品質な物件を建設することによって効率の良い収益性を生み出しているのですね。

まとめ

投資不動産は、投資運用としてだけでなく年金や生命保険、節税にも役立つ安定した収入を得られる投資商品です。

今回取り上げた環境に配慮し、地球に優しいシーズクリエイトのリンクスシリーズは、品質や資産価値が高く、高利回りを実現しているシリーズですので、長期的に安定した収入を得られるでしょう。

企業ホームページに物件情報が掲載されており、無料で資料請求や見学申込ができるので、投資不動産の購入を検討している方はまず相談してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。