ぶたの貯金箱

CMでも見かける近畿産業信用組合って何をしている会社なの?

この記事では近畿産業信用組合についてご紹介します。

しかし、そもそも信用組合とは何なのか、どんなことを行っているのか、実はよくわからないという方も少なくないと思います。

そうした方のために、信用組合とはどんなサービスなのかを詳しく解説します。

また信用組合No.1の「近畿産業信用組合」はどういった組織なのか、働いている方の声や取り扱っているサービスについて詳しく紹介していきますので、信用組合のサービスについて気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

信用組合とはどんなサービス?

首をかしげる女性

信用組合とは、「中小企業等共同組合法」に基づいた協同組合組織の非営利の金融機関であり、中小企業や個人が組合員になり、組合員の相互扶助を目的としています。
銀行ではありませんが、ほぼ銀行と同様の業務をしています。

では銀行と何が違うのかと言うと、信用組合は地域の中小企業や個人が組合員となり、組合員から集めた出資金を基に互いに助け合う「相互扶助」を目指した非営利の金融機関です。

組合員になるには?

運営の方針は法律によって、誰がどのくらいの額まで取引ができるかなど定められています。信用組合は全国各地にありますが、営業エリアはそれぞれ決まっています。

組合員になるには信用組合の営業エリア内に住所がある、営業エリア内に勤めているなどの条件を満たし、出資をすることで組合員になることができます。地域の活性化を促すべく、地元の企業を支援しているため、大手の銀行に比べると口座開設や融資に応じてもらえる可能性が高いです。
そのため、個人事業主や中小企業は信用組合の利用が多い傾向にあります。

また、預かったお金に関しても、基本的にはその地域の発展に活かされるため、大手銀行よりも地域に根差した信用組合を利用するという方もいるでしょう。

信用組合No.1の「近畿産業信用組合」を調査

顔の絵文字

可愛らしいオスのとらである「とらきち」がマスコットキャラクターを務めている近畿産業信用組合は、大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県・奈良県・岐阜県・長崎県の8府県に33支店を展開している信用組合です。

近畿産業信用組合のCMにはとらきちが登場しますが、この可愛らしさから地域の方々から愛されており、2015年に開催された「ゆるきゃらグランプリ2015」では、「関西ゆるきゃらNo.1」「金融機関ゆるキャラNo.1」の二冠を達成する快挙を成し遂げました。

その人気からLINEスタンプも発売されています。また、このスタンプの売上金は日本赤十字社に全額寄付されてます。

「KINSAN My Smile Bank」をキャッチフレーズに掲げ、地域に根差し、お客様のパートナーとして必要とされる金融機関を目指している近畿産業信用組合は預金積金・貸出金どちらも全国信用組合No.1を獲得しました。

2002年に新生近畿産業信用組合としてスタートしてから、18期連続で増加し、最高記録を更新し続けていますが、この実績に驕ることなく今まで以上に必要とされる信用組合を目指し、地域への貢献やよりよい商品の提案をできるよう努力を続けていきたいと考えているのです。

その実現のためにも近畿産業信用組合では金融機関の基礎知識や社会人としての基礎・ビジネスマナーはもちろんのこと、お客様によりよい提案ができるよう研修体制にも力を入れています。

近畿産業信用組合で働く人の声を紹介

ネクタイを締める男性

近畿産業信用組合で働いている人の声を紹介します。

“きんさん(近畿産業信用組合)の好きなところはどんなところですか?

きんさんは地域に密着した金融機関であり地域主催のイベントへの参加やきんさん独自のイベント(名湯浪漫紀行・ゆかた祭り・キッズスクール・相続セミナーetc)を開催しており、お客様との親交を深く図れます。また、社内での行事(業績評価大会・慰安旅行etc)も沢山あり上司や同僚との親交を図る機会を多く設けているので、職員同士の距離も近く働きやすい環境にあり、日々の業務にも活かせています。またチャレンジ休暇(有給休暇取得推進に向けた制度)の導入や、業績が伴ってこそですが年二回の定期賞与とは別に特別賞与が頂けたり、福利厚生が充実している点です。”

引用元:https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp59562/obog20003618/obog.html

“仕事の中で一番印象に残っている出来事はどんなことですか?

支店で掲げられた目標までの道のりが険しく、正直不可能だと感じたことがありました。しかし、諦めずに支店全員が一つの目標に目線を置き、取り組むことで達成できた経験が印象に残っています。達成した時は全員が達成感を感じ、喜び合うことができたので、支店内が団結した瞬間だと思います。全員で協力して取り組むことで、やり遂げられることがあると感じ、最後まで諦めないことがいかに大事かを感じました。”

引用元:https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp59562/obog20004171/obog.html

近畿産業信用組合では、幅広い世代の職員が活躍していますが、どなたもやりがいを持って働いていることが伝わってきます

各種サービスのまとめ

財布 カード

近畿産業信用組合で取り扱っている各種サービスをご紹介します。

個人の方向け

・貯める…普通預金・定期預金
・借りる…フリーローン・カードローン・教育ローン・マイカーローンなど各種ローンをご用意しています。
・増やす、備える…投資信託・個人向け国債・保険
・各種サービス…ATMサービス・きんさんダイレクト・テレホンバンキング・国税ダイレクト納付等幅広いサービスに対応

法人事業主の方向け

・貯める…普通預金・定期預金・定期積金
・借りる…ビジネスローン・地域企業応援ローン・welcomeローン・その他融資
・各種サービス…ビジネスダイレクト・ビジネスマッチング・国税ダイレクト納付・地方税共通納税システム等幅広いサービスに対応

普通預金やATMといったサービスはもちろんのこと、パソコンやスマホで窓口と同じようにサービスを利用できるきんさんダイレクトや、用途に合わせた教育ローンやマイカーローンなど各種ローンが用意されています。

また個人事業主や中小企業向けのビジネスサービスマッチングでは、事業のニーズに合わせたビジネスパートナーとして、各分野におけるプロフェッショナルを紹介するサービスを行っています。

他にも納税目的定期積金アシストでは、納税で慌てず済むように毎月少額を計画的に積み立てることで、一般の定期預金より金利がお得なサービスも取り扱っており、お客さまの幅広いニーズに応える内容となっています。

まとめ

お金

近畿産業信用組合についてご紹介してきました。

近畿産業信用組合は、地域に密着したサービスを展開し、18年連続で預金積金・貸出金の増加の最高記録を更新し続けています。

このことからも、地域から信頼される金融機関であるとおわかり頂けるのではないでしょうか。

働いている方もそれぞれ自分の仕事にやりがいを持ち、目標を持って取り組んでいる点や、地域のお祭りやイベントにも積極的に参加し、地域の方たちとコミュニケーションを取ることで信頼される金融機関を追及する姿勢も、No.1獲得の一助になっていると考えられます。

地域企業応援ローンやビジネスマッチングなど、地域の企業に特化したサービスを数多く提供することで、地域の活性化につながっているのです。また、とらきちという可愛いマスコットキャラクターの存在も、近畿産業信用組合を身近に感じさせるという点でしっかりと役目を果たしていると言えるでしょう。
そして、販売したLINEスタンプの利益は日本赤十字社に寄付するという姿勢は、地域社会に貢献したいと考える近畿産業信用組合の理念を感じさせてくれます。

今後も現状に満足することなく、常にお客様のことを考え、全国信用組合No.1の記録を更新し続けてくれることを期待していきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。