【悲報】10連休でも浮かれない日本人のGW 理想と現実がかけ離れている件

平成最後・令和最初となる大型連休は、最大10日間の休日になる方も多いようです。このような大型連休はこれからないかもしれないと思うと、旅行に行くなら今が絶好のチャンスと言えますが、どうやらその理想と現実は大きくかけ離れているようです。

そこで、10連休でも浮かれない日本人の理想と現実の差について調べてみました。

 

昨年に比べて4日多いGW

今年は昨年のGWに比べて、最大で4日間も休日が増えています。4日も増えていたら、普段はなかなか行けない海外旅行を計画する方もいるでしょう。しかし、スカパーJSAT株式会社によって実施されたGWに関するアンケートでは、意外な結果が明らかになりました。

 

【今年のゴールデンウィークの過ごし方に関する意識調査】

調査対象は19歳~59歳の男女951人です。

「今年のゴールデンウィークに外出する予定を立てていますか?」

・外出の予定あり…53.5%
・外出の予定なし…46.5%

「今年のゴールデンウィークは、どのように過ごす予定ですか?」

・予定あり…85.1%
・予定なし…14.9%

「今年のゴールデンウィークの外出日程を教えてください」

・外出予定3日以内…48.5%
・外出予定4~6日以内…31.8%
・外出予定7~10日以内…19.7%

「昨年のゴールデンウィークの外出日程を教えてください」

・外出3日以内…55.2%
・外出4~6日…40.6%
・覚えていない…4.2%

このような結果から、約半数となる46.5%が外出の予定がなく、さらに全体で見た場合では14.9%は予定がないと答えていることから、10連休という休みがあっても外出するのではなく、自宅でそのほとんどを過ごすということが分かります。

また外出日数に関するアンケートでは、今年の外出予定3日以内が最も多く、約半数となる48.5%となっています。これは昨年のゴールデンウィークと比べてもほとんど差がない結果となり、休日が増えても外出にまで至らないということが分かりました。

これは大型連休ならではのどこに行っても混雑が避けられないことや、お金がかかるということが考えられ、この連休は自宅で過ごす時間の方が充実するということでしょう。

 

理想と現実、その差は?

では、実際に理想のゴールデンウィークの過ごし方と実際のゴールデンウィークの過ごし方、どのような差があるのでしょうか?

【理想】

1位 国内旅行に行く(帰省を除く)…52.6%
2位 海外流行に行く……………………41.0%
3位 ショッピングに行く………………33.1%

11位 家でテレビを見る…………………9.4%

【現実】

1位 ショッピングに行く………………38.4%
2位 家でテレビを見る…………………36.9%
3位 国内旅行に行く(帰省を除く)…28.4%

16位 海外流行に行く……………………6.4%

やはり理想と現実では大きな差があっただけでなく、本当は旅行にでも行ってのんびりと充実した休日にしたいようですが、金銭的な理由や混雑によって旅行に行くのは難しいのが現実のようです。

また以下のアンケートから、何もしないことに罪悪感がある方がいることが分かります。

「ゴールデンウィークなのに家で過ごすことに対して罪悪感を感じたこと(感じること)はありますか?」

・ある…25%
・ない…75%

罪悪感があると思う方は25%と少ないように見えますが、あると回答した方の多くは子どもを持つ親であることが分かりました。やはり子どもにとってはせっかくの連休だからと、子どものことを考えると特別な経験をさせてあげたいと考える一方で、様々な理由から行けないことに申し訳ないという気持ちになってしまうようです。

 

連休中は今までできなかったことを実践

大型連休は旅行やレジャーなど外出するイメージが強いのですが、意外と家の片付けや掃除を予定している方もいることが分かりました。

「週刊ポスト」の読者アンケートによれば、「GW中にやろうと思っていること」というアンケートで、第2位の旅行を抑えて第1位には掃除・片付けがランクインしました。

これまでのアンケートからも分かるように、このゴールデンウィーク中は休日が長い分、今までできなかったことができるチャンスのようです。衣替えを控えたこの時期にきちんと整理整頓をしておくと、断捨離で部屋をスッキリできるでしょう。また収納グッズも同時に揃えれば、部屋の統一感も出せるのでおすすめです。

片付けには物を分ける・減らす・収めるということが重要であり、見極めてから整理しないとすぐに元通りに戻ってしまいます。この作業は時間もかかるため、時間に余裕のあるこのタイミングがベストでしょう。

 

片付けを簡単にする手順とは?

片付けを簡単にする基本的な手順は以下の通りです。

掃除の手順
  1. 使っているもの、使っていないものに分類する
  2. 使っていないものを捨ててもいいものと捨てたくないものに分類する

これだけを覚えておくだけで簡単に分類できます。片付けが苦手なタイプはいきなり収納グッズを揃えたり、使わないのに手放せないものが多くなったりしがちです。

このような場合は、収納できるものが決まってから収納グッズを購入することに決めておき、使わないのに手放せないものが多くある場合は一度段ボールなどに保管しておき、時間が経ってから見直すようにしましょう。

また、これらを分類する場合は収納スペース全部の物を外に出してから行いましょう。長い期間収納されたものは忘れているものが多く、出してみてあったことに気が付く場合もあるでしょう。全部を出してから簡単に分類すると分かりやすくなります。

 

物の位置を決めて収納する

どれだけのものが必要なのか分かったら、物の位置を決めて収納していきましょう。不要なものがなくなった収納スペースは、物がないような感覚がありますが、そこで手当たり次第に収納しては意味がありません。

適当に空いているスペースに収納してしまうと、後からどこに何が入っているのかわからなくなるだけでなく、同じジャンルに分類していないため、また同じ物を購入してしまいがちです。物の位置を決めておき、簡単にその物がどこに収納されているのか把握していくと、無駄な買い物をしないことにも繋がるでしょう。

また収納には、物を詰め込み過ぎないようにしましょう。ぎゅうぎゅうになった所では目的の物が取りにくいだけでなく、取りにくさから収納が雑になってしまう場合もあります。収納場所が少ないのではなく、物が多いという考えを持つとスッキリさせられるでしょう。

 

家族で片付けを一緒に楽しもう

片付けを行っている最中、どうしても手が止まる瞬間があります。それは、思い出の品を見つけた時ではないでしょうか?家族の思い出の品としてはアルバムや映像、日記やお土産など様々な物があると思います。

家族でこの連休を一緒に片付ける時間にすると、外出先では見つけられない思い出に浸る時間を作れるでしょう。片付けの最中に思い出の品を見つけてしまうと、そこで片付ける手が止まってしまうため、一旦思い出の品はそのままにしておき、最後に家族一緒に思い出の品を整理してみましょう。

工作などは写真に撮っておくと、実物がなくてもどんな作品を作ったのかが分かるのでおすすめです。また写真もデジタルアルバムにしておくと、いつまでも色褪せない鮮明な記憶と同じように残しておけるでしょう。

10連休でも浮かれない日本人の理想と現実の差が、これらのアンケートからも分かり、大型連休に旅行などの外出もいいですが、今までできなかったことに時間をかけるのもおすすめです。部屋がきれいに片付くとすっきりするだけでなく、運気も上がってくると言われています。

今後10連休でなくても長期連休があった時は、部屋の片付けや掃除などを行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。