スタバで出会ったおもしろエピソードまとめ

スタバは、多くの人が集う人気のコーヒーショップです。コーヒーを味わう人、新しいフレーバーを楽しむために並ぶ人、店内で仕事をする人、家族でワイワイとメニューを見る人など様々な人を見かけます。そんなスタバでは、おもしろいエピソードに出会うこともあります。もしかして、この記事を読んでいる人の中にも、スタバでおもしろエピソードに出会った経験があるという人もいるのではないでしょうか。では、スタバで出会ったおもしろエピソードをまとめていきましょう。

 

本来のスタバの楽しみ方は…?

本来のスタバの楽しみ方というのは、写真映えするオシャレな商品を注文し、写真を撮影し、味わって楽しむというものではないでしょうか?ツイッターを見ても、そのような楽しみ方をしている人はたくさんいます。

(引用元:https://twitter.com/prinitigolove/status/1075712935509422080)

あめはよふけすぎに~~⛄🎄✨🎵

(引用元:https://twitter.com/mint_tea711/status/1075152855000993792)

【何食べたっけmemo】 ・ストロベリーグラデーションケーキ ・チャイ ティー ラテ ケーキ土台のクランブルがサクサクすぎてクセになりそう!。 何時までも楽しんでいたいカンジなんヨ♪。

(引用元:https://twitter.com/KOMAhappygiving/status/1075910234164482053)

原宿〜。 あまり知られたくない憩いの場❤️ 東急プラザ おもはらの森だよ🌳 ここは限定フラペチーノが飲めるし テラス広いし最高❤️ ワッフルを貰おうと スズメちゃんがおねだりしてきたぁ😭

(引用元:https://twitter.com/maviko1119111/status/1075927497923911680)

娘とスタバに来ました😙 ピスタチオが美味しい❣️

(引用元:https://twitter.com/ultrajump2017/status/1074182243487109120)

上記のようなツイートは、まさに正統派なスタバの楽しみ方だと言えるでしょう。こうやって新商品などをSNSにアップすると、まだ試していない人からの反響も大きく、話題性が高まります。スタバは、季節ごとにラインナップが変わるので、SNSは情報収集に最適なツールになっているのです。なかなか足を運べないという人もいるので、ツイッターなどのSNSで得られる情報は貴重な生の声だと言えます。

 

大喜利大会になりかけているツイッターのスタバなう

そんなスタバに関するツイートですが、最近は大喜利大会になりかけているのです。実際にどのようなツイートがあるのかみてみましょう。

スタバなう。ゲキカラタンタンアジタマラテギョウザトッピング

(引用元:https://twitter.com/mahoco/status/1075948881618194432)

これは、スタバとは全く関係のない激辛タンタンメンと餃子です。確かに、見た目は食欲をそそりますが、写真映えするのは本家のスタバでしょう。

(引用元:https://twitter.com/77Thikuwa/status/1074625557709484032)

とても美味しそうなお肉ですが、「スタバで焼肉??」とびっくりなスタバなうです。
しかしこのお肉も、とても美味しそうですね。

こちらは、スープストックのスープです。飲み物という分類では同じかもしれませんが、スープはスタバのドリンクとはちょっと違うジャンルのような気がします。

スタバなう (一度やってみたかった)(後悔してない)(反省してない)(コーナーで差をつけろ)(1人の時はチーズ分多め)(揚げたて)

(引用元:https://twitter.com/ainyamo/status/1075688208174743553)

スタバなうで、他の場所の写真をアップするのが流行っているのでしょう。こちらの方は、ハンバーガーとポテトまでスタバで食べようです。

空腹と大荷物でヘトヘト 自宅でご飯を諦め、途中で食べて少しゆっくりしてから帰ることに… 久しぶりにビックリドンキーという名のスタバなう´( θ ω θ )`

(引用元:https://twitter.com/abckuroyagi/status/1075220052247343110)

確かにメニューにはコーヒーがありますが、はたして本当にスタバなのでしょうか?
ハンバーグプレートがスタバにあるのかすっかり忘れてしまいました。

スタバなうのツイートには、ラーメンの投稿が多いように感じます。
スタバという名前のラーメン屋さんでもできたのか?と思ってしまうほどです。

スタバなう(ラーメンの写真)

(引用元:https://twitter.com/Allermist_hiro/status/1074975081414062081)

こちらの方もラーメンです。ラーメンとチャーハンのセットは定番ですが、スタバなのか?と思ってしまうツイートです。ツイッターでは、スタバに関するツイートをたくさん見かけますが、最近はこのように大喜利大会になりかけています。ラーメンもある意味飲み物かもしれませんが、ここまで多くの人が「スタバなう」で全く違う写真をツイートしているのもなんだか不思議な感じです。

 

スタバの店舗では笑えるエピソードもたくさん

ツイッター上では、スタバとは全く関係ないようなことで盛り上がっていますが、スタバの店舗でもネタになるおもしろいエピソードがたくさんあります。どのようなエピソードがあるのか見てきましょう。

俺「ドリップホットトールで。」 スタバ店員A「本日、お味のあっさりしたもの、深煎りのどっしりしたものがごさいますが?」 俺「あ、深煎り、、いや、やっぱりあっさりで。」 A「トールドリップやっぱりあっさりでーす!」 B「やっぱりあっさりー!」C「やっぱりあっさりー!」

(引用元:https://twitter.com/naoharu/status/177654334610354176)

どっちにしようか迷った時に、「やっぱり…」ということは度々あります。しかし、こうやって連呼されることはなかなかないので、貴重で面白い体験の1つだと言えるでしょう。

スタバ店員「507円になりまーす」 500円のクーポンを出すぼく スタバ店員「500円引かせていただいて、飛び出した分が7円になります」 ぼく「飛び出した分」 スタバ店員「飛び出した…分……w」 ぼく「これが飛び出した7円です」 スタバ店員「ふふ…やめ……w」

接客業をしている人でも、ついつい言葉が出なくて、不思議な言葉づかいになってしまうこともあります。でも、それを復唱されてしまうとついついおかしくなって、笑ってしまうものです。

朝スタバで仕事していたら,向かいの席で割と大声で話す女性の方々がいらっしゃって,できるだけ話を聞かないようにしようとしたのだけれど,「職場の同僚の美和ちゃんが,好きになった男性の名字が三輪さんで,悩んでる」という話だけは,吹き出しそうになった.

(引用元:https://twitter.com/neuromusiker/status/735120155391315968)

スタバのようなお店では、周りの人の話し声が耳に入ることも良くあります。特に、声が大きい人だと聞こうと思わなくても、聞こえてしまいます。その会話では、このツイートにあるようなフッと吹き出しそうになってしまうものもあるでしょう。

妻へ。スタバでグランデより大きいのはトゥーリオじゃなかったよ。「妻が『グランデより大きい、トゥーリオで』って言ってたのでそれを」って言ったら店員さんが優しく「グランデより大きいのはヴェンティです」って教えてくれました。あとトゥーリオはサッカー日本代表選手(185cm)だそうです。

(引用元:https://twitter.com/pentabutabu/status/443998055969218560)

スタバのサイズは、イマイチ分かりにくいという人もいるのではないでしょうか?そのため、こんな風に間違えてしまうこともあるでしょう。大きなサイズを頼むという機会も少ないという人が多いので、グランデやヴェンティという呼び方自体、良く分かっていないという人も多いと予想されます。

スタバの店員さん「お待たせしました!ダークモカチップフラペチーノトールサイズ…の…?」 わたし「……(ど忘れしたのかな…)」 店員さん「ミルク……ミルクを…?」 わたし「……(低脂肪タイプで作ったんだよね…!)」 店員「なんか…………こう……はい!」 わたし「はい!!!」

(引用元:https://twitter.com/memecocco/status/671308257969889282)

スタバのメニューの中には、低脂肪タイプや豆乳に変えられる商品もあります。そのため、どのタイミングでどの注文がきたのか度忘れしてしまうこともあります。作ると気に間違えていなければ、問題はないので笑い話になるのではないでしょうか。

スタバで起こった面白い出来事には、このようなものがあります。多くの人が足を運ぶ場所だからこそと言えるでしょう。スタッフさんも、ふとした瞬間に気が抜けてしまうのか、面白い発言をしてしまうことがあるようです。基本的に接客業をしていれば、言葉遣いには気を使うものですが、ここで紹介したように笑い話になることで、多くの人の心を和ませるので良いのではないでしょうか。もちろん、クレームになってしまうような言葉遣いや態度をするのは接客業としてよくありません。

 

スタバで粋な注文をする紳士が話題に

続いては、ツイッターユーザーの方がスタバで出会った紳士に関するツイートです。注文が難しいと思われがちなスタバですが、この方のような注文をすればちゃんと注文できるんだということがわかります。では、どのようなやりとりが行われていたのか見ていきましょう。

同年代の知人と外で会い、話が弾んで「珈琲でも飲みながらゆっくり話そうか」となり、近くのドトールにでも…と思ったら知人はスターバックスへ!われわれ老人が入るには非常な勇気が必要とされる場所ですし、第一あんなに長くて複雑な注文体系は私の頭脳では対応できないと慌てたのですが…

しかし知人は落ち着き払った様子。注文をしてきてくれるというので、「慣れているのかな?」と安心して見ていたら、初めてだったらしい!その注文の仕方が…とても紳士的でした!!

「注文してくるよ」と落ち着きははらってカウンターに向かう知人に「慣れているのか」とほっとして見守っていたら、彼は店員さんに「失礼、こちらのお店は初めてなのですが、一番よく売れている珈琲はどれですか」「こちらになります」「ではそれを一番売れているサイズで二つ下さい」

彼曰くは「相手はちゃんと、初心者に対する対応の訓練も受けているはずだから、変に見栄を張らないで『分からないので教えて下さい』と言えば教えてもらえると思った」とのこと。客だと威張らず卑屈にもならなければ、かのスターバックスでもちゃんと注文は通るのだなあといたく感心してしまいました。

スタバでこのような注文をしている人を見たことがあるという人はいないでしょう。多くの場合、高齢の方はカタカナがたくさん書かれているメニューを敬遠してしまいます。そのため、スタバには若者が多いのです。しかし、ここで紹介した紳士のような注文をすれば、スタバの味を楽しめます。メニューが読みにくいからといった理由でスタバを敬遠している人は、ぜひ試してみてください。

スタバには、毎日多くの人が足を運んでいます。そのため、様々なおもしろエピソードを自分自身も体験できる可能性があります。おもしろエピソードは、ツイッターなどのSNSでも見れるので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。最近は、まとめサイトにもスタバで出会ったおもしろエピソードまとめができているので、そちらを見てみるのもおすすめです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。