ハロウィンどう過ごす?2018年イベント!

今日もこんにちは!

そろそろ10月も末。

秋が終わり、寒い冬も始まってしまうのか…という時期に、やってくる大イベントは「ハロウィ~~ン」!(笑)

世界的にも、七夕からクリスマスもなんでも祝ってしまう愉快な日本人にも、大人気の恒例イベントですね!

そこで今日はハロウィンに関して、ちょっとした歴史から、映画、テーマパークでのイベントまで幅広く特集しちゃいます!よろしくねっ☆

 

◆ハロウィンの歴史

では、最初に皆さんにクイズです!

ハロウィンの起源は?

 

アメリカ?それとも欧米?

いや最近ディズニー映画の「リメンバーミー」を見たけど、南米の「死者の祭り」が本当のハロウィンなんじゃない?

などなどいろんな意見があると思います!

それでは今から、簡単にハロウィンの歴史を見てみましょう!

 

ハロウィンはケルト人のお祭り

 

ケルト人ってケルティック・ウーマンのこと?

20代以上の人ではぱっとそう思いつく人も多いでしょう。

そうです、ハロウィンの起源は、アメリカでもなく、メキシコとかでもなく、ケルト人の国、古代アイルランドのお祭りが起源みたいです。

 

でも、え?全然ピント来ない…ですね!(笑)

それではケルト人のイメージを。

(あまり役に立たずすみません…)

今のイギリスらへんに住んでいる、こういう格好をした人たちが、焚火を囲んで儀式をしているイメージです。

 

なんかおどろおどろしい…?

お祭りの正式名称としては、「サウィン祭」というものなのですが、ハロウィンの日に死者の世界と現世が重なって、先祖が返ってくるというものなので、日本のお盆と似ている概念ですね!

「リメンバーミー」に出てくるような「死者の日」もまた然りです。

 

ハロウィン(米国、世界各地)  10月31日

サウィン(アイルランド)    10月31日~11月1日

死者の日(メキシコ)      10月31日~11月2日

 

↑これらが各国の「お盆」のような時期なのですが、

見事に時期がかぶっていますね。

ハロウィンとサウィンははっきり関連性がありそうですが、

この死者の日がその他と由来などにおいて関連性がないのであれば、それはまさに驚くべき偶然といえますね!!

 

説もいろいろありまして本当に複雑なんです。

サウィンをカトリック(キリスト教の一派)が抑圧しただとか、

それとも11月1日を「成人の日」と制定したからハロウィンはその前夜祭として勝手に楽しんでいいよ!とむしろ擁護しただとか…

 

それでも全部に共通することとしては、ハロウィンは本来「お化け」を呼ぶのではなく、

「先祖」を呼ぶものだということですね!

ハロウィンのコスプレをするときは、「ご先祖様がこの世に帰ってきた様子を全力で熱演する」つもりでやりましょう!(まさか嘘です。)

 

◆ハロウィンに関する映画

イベントというと、何かとDVDをレンタルして、親しい人・好きな人と映画を見たいものです。(私だけ?)

 

それで今回はハロウィンにとっておきの映画をご紹介いたします!

 

【伝統的!!】

・1995年 「キャスパー」

可愛い幽霊と少女が恋するなんとも甘酸っぱい映画。

お化け少年「キャスパー」が人間にもどれるかどうかという展開は、童話にでてくる「カエルの王子様」となんか共通するものがあってなんともロマンチックですね!

 

・1993年 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

ティム・バートンの伝統的な最高傑作!

この映画によって映画界に築かれた礎があまりにもしっかりしているので、もう古典といえます!もう一般常識にしたいくらい、いい映画なのでまだ見ていない人はぜひご覧あれ^^

 

【最新情報!!】

・2018年10月公開 「ハロウィン:2018」

これはホラー映画です!「生半可なかわいいハロウィンじゃなくて、本格的に怖いハロウィンを過ごしたいんだ!」という人にはぴったりですね!早く日本公開してほしいものです。

 

◆テーマパークでのハロウィンイベント

ハロウィンの歴史についても、ハロウィンのいい映画が沢山あることも良く分かった!

でも自分は実際に足を運んでハロウィンを楽しみたいんだ!という方、必見の情報です。

 

今年の三大テーマパークのハロウィンイベントについてみていきましょう!

【ハロウィンディズニーの一押し】

まずは皆さん大好きディズニーハロウィン!

 

・スプーキー“BOO”パレード

・ハロウィンのスペシャルセット

・セレブレーションストリートなどのデコレーション!

 

【USJハロウィン】

・ホテル・アルバート

・サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ

・ストリート・ゾンビ

大人のみんなはUSJの「大人ハロウィーン」コンセプトで、どっきりおしゃれなドレスに着替えて、セクシーに満喫してしまいましょう!

 

【ハウステンボスのゴーストインザタウン!】

九州でハロウィンもいいですね!参加型のハロウィンイベントが多くて、がっつり盛り上がれます!

 

・DANCE!DANCE!ZOMBIE

・Zombie Treat Wagon

・トリック・オア・トリート

◆渋谷ハロウィン

お金と交通費をかけて、わざわざ遠くのテーマパークに行きたくない!という人でもハロウィンを目一杯楽しめるところ、それが渋谷です!

 

皆さん思い思いにコスチュームなどきて仮装をしているので、周りを見ているだけで楽しいですね!

愉快な変人(?)にもたくさん出会えることでしょう!(笑)

ただ、ハロウィンはもともと先祖のお帰りを迎えるイベントのはず…

くれぐれも騒ぎすぎたり、ごみのポイ捨てなど出さないようにしましょう!

お化けちゃんたちもがっかりしちゃうぞっ!

 

◆まとめ

さて、ハロウィンについていろいろな角度で調べてみましたが、どうでしたか?

海外のイベントをこんなにいろんな方面で楽しみを見つけてやっているのは日本人くらいでしょう!(笑)(お盆はちゃんと真面目にやってるもんね)

今年も安全に楽しいハロウィンを過ごしましょうね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。