ウェブカツの真相とは?口コミや評判をチェック!

ウェブカツはかずきちが顧問を務め、ITエンジニアになるためのサポートプログラムを提供しています。
未経験でも知識を身に付けられるような仕組みを構築していることから、注目を集めています。

しかしそんなウェブカツやかずきちは、Twitterで批判を受けることもあります。
今回は、ウェブカツやかずきちについて紹介するだけではなく、SNSでの批判の真実についても考察していきます。
実際に炎上した関連ツイートなどもまとめながら考察していくので、興味がある人はぜひ目を通してみてください。
炎上している根本的な原因についても考えていくので、炎上商法ではないかと思っている人にも目を通していただきたい内容になっています。

Twitterで度々炎上しているかずきちと、かずきちが顧問を務めるウェブカツとは?

まずは、たびたび炎上しているかずきちやウェブカツの概要からみていきましょう。

かずきちについて

かずきちは、プログラミング学習サイトウェブカツの顧問を務めている人物です。
不動産や保険会社での営業マン経験を経て、エンジニアへと転身しています。

エンジニアになることを決めたばかりの頃は、HTMLすらわからなかったのですが、独学で知識を身に付けていきました。
そしてエンジニアに転職してわずか1年で年収1,000万円を稼ぐ凄腕エンジニアへと成長を遂げています。
独学でプログラミングの勉強をしていた頃に、プログラミング学習が分かりにくいと感じたり、技術だけあっても稼げないエンジニアの現状を目の当たりにしたりという経験もしました。
その経験から、エンジニアの現状を変えていきたいと思い、ウェブカツを立ち上げて運営しています。

ウェブカツについて

ウェブカツは、月々8,700円~というリーズナブルな料金で未経験からプロのエンジニアを目指すためのプログラミング学習を提供しているサイトです。
ウェブカツで提供しているのは、年収1,000万円をめざせるようなプロとしてのスキルです。
転職をするのはゴールではなく、新しいスタートだと考えていることから、転職後にプロとして生かせるスキルを提供していくことが目標だと考えられます。

また、作って終わりにならないチーム開発を行うことで、世の中に出せるようなサービス造りにも力を入れています。
サービスが世の中のニーズに合ってて成功すれば、その報酬もしっかりと得ることができるような仕組みになっているのです。
卒業試験で飛躍的にスキルを成長させるためこともできるため、現場で使える能力も身に付けられるという強みもあります。

かずきち・ウェブカツ関連のまとめ

かずきちやウェブカツは、Twitterなどでたびたび批判を浴びています。
具体的にどのようなツイートや書き込みがあるのかまとめてみました。

Ruby採用している理由が意味不明なんだけど。まず前提にRubyっていうほど儲からないよ?日本ではRuby on Railsの需要は確かにあるんだ。だけど、需要がある以上に供給もあるから使い捨て効いちゃうんだ。だからそれほど儲からないんだ。
引用元:https://note.com/umentu/n/n2e9ce2af12bf

他社を全面的に叩くことによって、自分のサービスの正当性をアピールして信頼させる方法は、圧倒的に業界内での孤立が強くなります。
他社を容赦なく批判して、ウェブカツの評価を上げる炎上商法を実践している点において、業界内での印象は良いとは言えないでしょう。
引用元:https://xb259063.xbiz.jp/webkatu/

#ウェブカツ の炎上の件、幼い頃からの友人かつ現役エンジニアから心配するLINEがきました。(文章は少し変えてます)

「生徒は悪くないんやけどね。
まだ受けているならどこかに鞍替えした方が良いよ。
既にエンジニア界隈に悪評は広まりきっているから」

現役からの声やとリアルすぎるね。
引用元:https://twitter.com/takaIT3/status/1188289319296831488

 

かずきちやウェブカツに関するツイートや書き込みにはこのようなものがありました。
この他にもかずきちのツイートに関する批判的な声も見受けられました。
エンジニア業界にも波紋が広がっていて、仕事を取れないのではないかという声まで上がっています。

色々言われている中で真実を考察してみた

かずきちやウェブカツは、Twitterなどで炎上することがあります。
先ほどは、実際にどのような書き込みがあるのかということについてみてきました。
続いては、かずきちやウェブカツが叩かれたり、炎上したりしている中で、真実はどうなっているのか考察していきましょう。

叩いている人はそもそもウェブカツで学んでいないのではないか

かずきちやウェブカツを叩き、炎上させている人たちは、ウェブカツで学んだ経験がない人たちのようです。
実際にサービスを利用していなければ、ウェブカツの表面しか見ることができません。
そのため、限られた情報の中で重箱の隅をつついてみると、どの会社であっても何らかのマイナスポイントは出てくるものです。
100%完璧な会社というのは存在していないはずなので、その実態を知らずに想像だけで物事を言っている人もいるのではないかと考えられるでしょう。

ネットではアンチの意見が大衆意見のように捉えられる

ネットではアンチの意見が大衆意見のように捉えられるケースが非常に多いです。
これはかずきちやウェブカツに限ったことではなく、これまでにも多くの人物や企業に対するアンチ意見が炎上の火種になってきました。
このことを踏まえて考えてみても、かずきちやウェブカツの炎上にも同じことがいえると考察できます。
アンチの意見は過激なものが多く、拡散されやすい傾向にあります。
そのため、それに同調する息をひそめていたアンチが声を上げ出すようになり、大きな炎上へとつながっていくのです。
つまり、かずきちやウェブカツが炎上した真相はアンチが目立ってしまったことで、事実とは違う側面も多いということになると考えられるのではないでしょうか?

結果、炎上している理由とは?

最後に、かずきちやウェブカツが炎上している理由についてより深堀りしながら考察していくことにしましょう。

アンチが意見を発信しているケースが多い

ネット上にはいろいろな情報が流れていますが、ネガティブな情報や意見を流しているのはアンチであるケースが多くなっています。
炎上する案件が消えない背景には、日ごろのストレスを吐き出すためのツールとしてSNSを使用している人がいることが挙げられます。
もちろん実際にサービスを利用して不満を感じたからそれを素直にツイートしたという人もいるでしょう。
そのようなツイートも含め、ネガティブな内容は拡散されやすいという特徴も持ち合わせています。
なぜかというと、TwitterをはじめとしたSNSでは拡散されている情報こそ支持すべきだという考え方も横行しています。
そのため、炎上した内容がさらに広がってしまうケースが非常に多いのです。

かずきちが発言した内容の一部だけピックアップされている

揚げ足を取ることはTwitterなどのSNSだけではなく、リアルな世界でもあるものです。
しかしTwitterなどのSNSでは、それがより顕著になっていることをご存知でしたか?
かずきちがTwitterで発言した内容の中でも、印象が悪くなるような内容だけ取り上げて引用リツイートをしたり、ブログの記事に取り上げたりしている人もいます。
それもかずきちやウェブカツに対するネガティブなイメージを多くの人に植え付ける要因になり、炎上に繋がっていると言えます。
かずきちがTwitterなどで過激ともとれる発言をしているのは、自分自身が提供しているサービスに自信があり、それが現れているからだと考えることもできるのです。
つまり、かずきちは他の同様なサービスを貶めるという目的で発信しているわけではないということになるでしょう。

5.まとめ

ITエンジニアになるためのサポートプログラムを提供しているウェブカツは、顧問であるかずきちの発言もあり、炎上することがありました。
月々8,700円~というリーズナブルな料金でプロのエンジニアを目指せるのはとても魅力的なポイントとなっていますが、炎上をしていると不安に感じてしまう人もいるでしょう。
そのため、炎上の真相を知りたいと考える人も多いはずです。

かずきちやウェブカツが炎上しているのは、ネットの特性が大きな影響を与えていると考えられます。
ネットでは過激な意見の方が拡散されることが多く、拡散されている意見こそ正義だという風潮があります。
そのため、かずきちやウェブカツに関しても拡散された情報を鵜呑みにして、ネガティブなイメージを抱く人が多いと考えられるのです。
実際にウェブカツで学んで良かったという声は多く見つけることができます。
知名度が上がっていけばその分アンチが増えてしまうのは仕方ないことなので、それも踏まえて真相はどうなのか確認することが重要なポイントになることを覚えておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。