日本リーダー育成推進協会とは?おもしろい活動をしている団体を調査!

当サイトでは様々な企業や団体を調査していますが、その中で子どもの教育に対し「おもしろい活動」をしている団体を発見しました。今回は、その団体「日本リーダー育成推進協会」にフォーカスをあて、活動内容を紹介していきたいと思います。

近年、不登校やいじめ、引きこもりといった子どもにまつわる問題は後を絶ちません。その証拠に「子どもが学校に通えず十分な教育が受けられない」「学力が落ちないか心配」といった声をよく耳にします。

そんな中、子どもを将来日本や世界のリーダーとして活躍できる人材へと育成するべく立ち上げられたのが、日本リーダー育成推進協会です。

日本リーダー育成推進協会が行っている取り組みに興味がある方、既に知っていて参加を考えている方はぜひ参考にしてください。

日本リーダー育成推進協会はいったいどんな団体?

日本の将来を担う指導者やリーダーを育成するために立ち上げられたのが、非営利型一般財団法人日本リーダー育成推進協会です。

協会が設立されたのは2015年で、東京と兵庫にそれぞれ事務局を構え精力的に活動を行っています。

代表理事は、長年にわたり人材育成コンサルタントや企業経営者・メンタルコーチとして活躍してきた、井上顕滋氏が務めています。

日本人らしいリーダーを輩出するための活動を”というコンセプトを掲げ、世界でも活躍できるリーダーを育成するために活動しているのが特徴です。

主な活動内容は以下です。

■保護者・指導者を対象とした講座やイベントの実施
■経営者・幹部を対象とした組織づくりプログラムの実施
■アスリートやプロスポーツ選手のメンタルサポート支援の実施

子どもを教える立場にある保護者や指導者に向けた活動が中心です。
講座やイベントを通し、指導者を成長させ日本の教育文化そのものを改変していくことを目指しています。

日本リーダー育成推進協会について詳しく解説!

日本リーダー育成推進協会がいったいどのような団体なのか、簡単に説明をしてきました。
続いて、日本リーダー育成推進協会が行っている活動を詳しく見ていきましょう。

日本リーダー育成推進協会の活動目的

日本リーダー育成推進協会の活動の目的は、日本や世界の未来を牽引するリーダーの育成を行うことです。

企業のリーダーとして社員をまとめる経営者・幹部、教育現場の指導者である教師・保育士、家庭内のリーダーとなる保護者に、価値のあるプログラムを提供することで、日本の発展に貢献しています。

また、冒頭で少しお伝えした教育現場で見られる不登校や学級崩壊、いじめ、青少年犯罪の凶悪化、引きこもり、モンスターペアレントなどの増加は、日本社会全体の存続に関わる問題にまで発展しかねません。
このような状況を好転させるために教育の在り方自体を変えていかなくてはならないと、日本リーダー育成推進協会では優秀なリーダーの育成を推進しています。

次に、具体的な活動について見ていきましょう。

子どもの潜在能力を引き出す脳科学講座

子どもへの接し方が分からない、子どもの教育方針が定まらないなど、様々な悩みを持つ保護者を対象に行われている講座です。

講座では心理学や脳科学の専門家を招き、学習能力・理解力・思考力・コミュニケーション力・リーダーシップといった、実践的な方法が学べます。あわせて、脳科学に基づいた子どもを伸ばすための叱り方や褒め方も学べるので、子育てにすぐ活かせるのが魅力です。
コロナ禍に突入してからは、オンライン講座も実施しています。

筆者も2歳になる子どもを育てていますが、今のうちから必要知識を学び、小学期の成長過程で活かしたいと常々考えています。脳科学の観点から学べる講座なので、まずは親の意識改革を目的に参加してみるのも良さそうです。

脳科学のプロによる 成功脳をつくる合宿 ザ・チャレンジ

脳科学のプロの力を借りて成功脳をつくる合宿です。
セルフイメージを高め、自分の可能性にチャレンジしていきます。
最先端の脳科学や心理学に基づいてつくられたカリキュラムを通じて、子どもが持っている本来の能力(脳力)を引き出すことが目的です。
合宿で行うのは、チームワークチャレンジやコミュニケーションチャレンジ、気づき力UPチャレンジ、精神力チャレンジといった、リーダーに必要な資質を養うカリキュラムを学んでいきます。

経営者・幹部育成 エグゼクティブアカデミー

金メダリスト・ボクシング世界王者・プロゴルファーなど、各分野のプロフェッショナル達への指導実績を持つ講師から、本物の脳科学を学べる講座です。主に、企業の経営者や幹部向けに実施されています。
経営者たち自身が成功の鍵を握る必要な脳の使い方を学び、企業の業績向上を目指す講座です。

上記のように、日本リーダー育成推進協会では様々な講座や講演会を行ってきました。
子どもを持つ親や教育機関の指導者、会社経営者など、参加対象は幅広く、社会全体で優秀な人材を育てようという姿勢が表れています。
こうした取り組みは、子どものためになることはもちろんですが、親・指導者自身のためにもなる講座となりますので、参加してみる価値は大いにあるでしょう。

日本リーダー育成推進協会の取り組みは推薦者が多数!

日本リーダー育成推進協会の活動を推薦している人も沢山いるようです。

株式会社イエローハット創業者の「鍵山 秀三郎氏」や、ウィスコンシン医科大学の名誉教授でありオキシトシン研究の第一人者でもある「高橋 徳氏」、Jリーグ ザスパクサツ群馬の監督やサッカースクールの代表を務める「奥野 僚右氏」などが推薦しています。
推薦した人からのメッセージを見てみると、目標や志に共感できる、実践的な学びを得られる、子どものうちにしか身に付かないスキルが学べる、などの声が挙がっています。
分野や対象は違いますが、いずれの方も「教育」と密接に関わる現場で活躍してきた第一人者であるのは確かです。

もし、参加を迷っている方がいるのであればこうした方たちの経歴を調べた上で、考えてみるのも良いでしょう。

まとめ

日本リーダー育成推進協会は、次世代のリーダー育成を通して社会貢献活動を行っています。

中でも、子育てをする中でぶつかってしまう悩みを解消する「子どもの潜在能力を引き出す脳科学講座」は、多くの親世代に支持されています。

気になっている方は、一度参加してみる価値はありそうですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。