オープンハウスの内情や年収は?ブラック企業なのか調査してみた

オープンハウスは不動産業界の中でもトップクラスの業績成長率を誇る企業です。

そんなオープンハウスに興味を持ち「働きたい」と考える方も多いでしょう。

オープンハウスへの転職を考える前に、まずは内情や年収などをチェックすることも大切です。

そこで今回は、オープンハウスで働きたい方に向けて気になる内情や年収などを調査してみました。

どんな企業か改めて確認したい方は、ぜひ参考にしてみましょう。

オープンハウスってどんな企業?社員の平均年収は?

オープンハウスは高い年収が狙える職場として、転職活動中の多くの人に注目されています。

まずは、オープンハウスがどんな企業なのか、どのようなサービスを提供しているかを把握し、社員の平均年収をチェックしてみましょう。

オープンハウスとは

オープンハウスは、不動産業界で驚異的な成長スピードを見せ、注目されている企業です。

設立16年目で東証一部上場を達成し、中途採用の正社員も募集しています。

本社は東京都千代田区にあり、不動産売買の代理・仲介事業や新築戸建分譲事業、マンション事業などが主な事業内容です。

店舗は首都圏から名古屋まで、いわゆる都市部が中心となっているため、勤務地も首都圏・名古屋・福岡・大阪などから基本的に選べます。

不動産の営業職と言えば飛び込み営業などのイメージが根強く残る中、オープンハウスでは時代の流れに合わせて業務改善を行い、広告費やITなどに投資し営業活動がしやすい環境を整えています。

働きやすい企業で、高い年収が期待できる企業として中途採用市場でも高く評価されています。

オープンハウスが提供するサービス

オープンハウスでは、住宅の紹介、資金計画の相談、住宅の売却などのサービスを提供しています。

住宅の紹介は、東京都・神奈川県・さいたま市・名古屋市・福岡県の新築一戸建てを始め、中古一戸建てや土地の紹介などをしています。

多くのエリアで地域ビルダーNo.1を獲得しており、川崎市商圏、名古屋市区部、東京都区部で多くの分譲実績があり、長瀬智也さんが出演するCMで知名度もアップしているため、知っている人も多いでしょう。

限られた敷地に広い住空間を実現するため、敷地の条件を活かしきる設計力があるオープンハウスは、ニーズに合った住宅提供が可能です。

豊富な実績があり、ノウハウも蓄積しているため、土地の特性を最大限に活かしたプランニングができるので、オープンハウスの住宅は多くの顧客に選ばれていると言えるでしょう。

さらに、豊富な独自物件があるからこそ顧客の要望に合った環境や立地、お好みのテイストに応えられます。

顧客に対して真剣に向き合って、丁寧でスピーディな接客をするオープンハウスは、顧客と一緒に考えて納得の家探しを実現します。

そして、人気エリアや都心でもリーズナブルな価格を実現できる点もオープンハウスの強みです。

独自の建築ノウハウがあるから、商品化が難しい土地を敢えて取得し、価格を抑えた住宅提供を可能にしています。

もちろん、土地から探して注文住宅づくりをする顧客へのサポートも万全です。

「駅近の家に住みたい」「間取りにこだわりたい」など、マイホームに対する様々な要望にお応えし、ライフスタイルに合った理想の家を安心価格で提供しています。

オープンハウスは家探し、家づくりに必要な様々なノウハウを持っているため多くのユーザーから選ばれており、営業活動もしやすいと言えるでしょう。

オープンハウスの平均年収

徹底的な実力主義で知られるオープンハウスは、成果に応じた報酬が得られ、未経験でも高い年収にチャレンジ出来る環境が整っています。

20代で活躍するスタッフも多いオープンハウスの平均年収が気になると言う人も多いでしょう。

オープンハウスには様々な職種があり、職種によっても年収は異なります。

同じ営業職でも扱う業務内容は違い、居住用不動産を扱う部署、投資不動産を扱う部署、土地仕入れを扱う部署、投資不動産を扱う部署などがあるので、平均年収はあくまで参考程度と考えてください。

オープンハウスは東証一部上場企業ですので、有価証券報告書が提出されています。

こちらの情報を基にすると、全従業員の平均年収は642万円です。

もちろん、これは全従業員を平均していますので、一概に給与水準を考えるのは難しいですが、参考までに厚生労働省が公開している「平成30年賃金構造基本統計調査」と比較すると、その差は歴然としています。

不動産業界全体 年収約446万円
不動産営業・仲介 年収約400万円
不動産管理 年収約420万円
不動産事務 年収約350万円
不動産経営 年収約500〜1,000万円
不動産鑑定士 年収約645万円

参考:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査

こうしてみると、オープンハウスは業界平均よりも給与水準がかなり高いと言えます。

続いて新卒社員についても見ていきましょう。

2021年4月入社の初任給については、

・総合職(営業・企画)
・総合職(建築・技術)
初任給300,000円(基本給206,700円、営業/業務手当93,300円)

・一般職
初任給220,000円(業務手当49,200円含む)

となっています。

この他に、賞与が年2回(6月・12月)、更に昇給・昇格の機会が年4回(1月、4月、7月、10月)あります。

大手企業だと昇給・昇格の機会は年1~2回ですが、この機会が年4回もあるのは新卒社員にとっては大きなメリットになりそうです。

続いて中途社員について見ていきましょう。

オープンハウスに中途社員で入った営業職は入社5年目で平均年収1,025万円となっています。

入社2年目 平均630万円(最高1050万円)
入社3年目 平均740万円(最高1,580万円)
入社4年目 平均890万円(最高1,750万円)
入社5年目 平均1,025万円(最高2,000万円)

更に「若い社員が多いのに給料が高い」トップ74社の1位(※平均年齢が20歳代)にもなっているようで、オープンハウスが他社に比べて給与が上がりやすい会社であることがわかります。

建設技術職については、年収390~800万からで入社ができるようですので、こちらも実力があれば高い報酬を得られると思われます。

オープンハウスに転職するにはどうすればいい?

せっかく転職するなら高い年収が狙えるオープンハウスに転職したいと考える人も多いでしょう。

オープンハウスでの仕事は、不動産関連業界での経験がなくても、営業の経験がなくてもチャレンジできます。

実際に、オープンハウスで成績上位の営業マンの中には、美容師や消防士など営業経験が無い人もたくさんいるので安心です。 オープンハウスへの転職を成功させるコツをご紹介しましょう。

応募と選考について

中途採用は、オープンハウスの公式Webサイトからエントリーが可能であるほか、転職エージェントを利用して応募することもできます。

基本的に、選考用の書類提出は必要ありません。

一次面接は遠方に住んでいる人ならテレビ電話でも可能で、最終面接は事業部長との面談となります。

内定までは最短1週間とスピーディに中途採用を行っているため、早めに仕事を始めたい人も安心です。

応募資格は普通自動車運転免許があることが必須である以外は、学歴や経歴は問われません。

面接でのアピールポイント

採用面接では、基本的に自己PRと志望理由を聞かれます。

加えて、中途採用の面接では前職を辞めた理由も聞かれることが一般的です。

まずは、自己PRとオープンハウスを志望する理由をリンクさせてください。

自分自身の性格や資質をどのようにオープンハウスで活かせるか、オープンハウスでどのように活躍したいかをアピールしましょう。

そして、将来的にオープンハウスで何を実現したいかも語れるようにしておくと安心です。

営業未経験者でもチャレンジできるオープンハウスは、実力主義を徹底しているため華やかな学歴や経歴は武器にならないと考えて良いでしょう。

むしろ、入社後いかに成果を上げられるかを採用でも重視されると言えます。

前職でどんな成果を上げたか、それがオープンハウスにどのような貢献になるかをアピールできるかがポイントです。

もし、高い年収が志望の理由なら正直に言っても良いでしょう。

もちろん高い年収を実現するために、どのような努力をしていくかの意気込みを熱意をもって面接で伝えてください。

仕事に対する熱量やガッツ、行動力がある人材を求めるオープンハウスでは、高い年収を目指す人も歓迎しています。

高い年収を狙う人は、稼ぎたい理由も納得できる内容で話せるようにしておいてください。

さらに、マイナスな質問への対策もしておくと安心です。

例えば、なぜ前職を辞めたのか、入社後に目指していた目標が達成できなかった場合はどうするかなど、その人のパーソナリティーを決定付けるマイナス質問も想定し、プラスに変える練習をしておきましょう。

オープンハウスの社員の口コミを分析してみた

オープンハウスへの転職方法が分かったとしても、実際に働いている社員が満足していないと転職に不安に感じる方も多いでしょう。

転職して後悔しないためにも、入社前に企業情報を集めておくことは大切です。

ここでは、オープンハウスの社員の口コミについてご紹介します。 ちなみに、公式サイトの中にも社員インタビューがあるようです。

前職がゴルフ場勤務や消防士など、経歴が多彩な男女9人のインタビュー記事が紹介されています。

オープンハウス中途採用サイト

オープンハウス社員の口コミ

“明るく楽しく元気に働ける。成果主義ならではのゴリゴリで殺伐とした雰囲気などは一切なく、常にモチベーションを高く保てるように上司が工夫して雰囲気づくりをしてくれる。やる時は本気でやるが楽しむ時は本気で楽しむので、意外と楽しく部活みたい。人間関係もライバル意識を持つ社員はいるものの、仕事は仕事、プライベートはプライベートのようにはっきり分けているため、人間関係が悪い雰囲気は全く感じない。飲み会がゼロなのも意外で良いポイント。仕事だけに集中して取り組めるので、成長はできるし営業力はつく。あとは上司が常に指導してくれるので、それも成長できるポイント。” 引用元:https://en-hyouban.com/company/10010158946/kuchikomi/4875620/

メリハリのある企業風土をしているオープンハウスでは、腰を据えて仕事に打ち込むことができます。

社員が気持ち良く仕事ができる雰囲気づくりを上司がしてくれることも好印象と言えるでしょう。

人間関係も良好であるため、お互いに励まし合ったり、刺激をもらったりしながら厳しい仕事も乗り越えていくことができます。

飲み会が少ないことも、プライベートの時間や家族との時間を大切にしたい人にとっては魅力となる部分です。

お客様を実際に物件案内するのがメイン。または接客で物件の紹介をする。案内がない時は電話やメールでお客様に物件の情報を届ける。最初の半年くらいは研修の意味も込めてキャッチのやうな街頭販売もするが、それで意外とお客様には喜んでもらえて契約につながるし、実際にお客様と話せる機会になるので、営業力はつく。2年目になるとローンの契約業務も行ったりするので、金融面でも知識はつく。入ってすぐ家を売ることができるので、裁量は大きい。
引用元:https://en-hyouban.com/company/10010158946/kuchikomi/4875630/

挑戦することを恐れず、若手にもチャンスを与えているオープンハウスでは、入社間もなくから大きな仕事を任せてもらえます。

企業の顔である営業職は、対面で顧客とやり取りすることで信頼関係を築いていきます。

顧客の悩みを聞く中で、効果的なアプローチ手法も身に付いていくでしょう。

入社直後は仕事に慣れることに大変かもしれませんが、2年目以降は知識も増えて、責任ある仕事もどんどん任せられるようになります。

頑張って結果を出せば稼げる。2年目でそこまで上にいるわけではないが既に年収は800万円のため、会社の恩恵は受けている。基本給は1つ役職があがるごとに5万円~10万円プラスだが、ボーナスでもらえる額が大きい。1年目のボーナスでも半年に一回100万円以上もらう人は多い。何かしらの仕組みで数字は入るような仕組みなので、ボーナスがゼロだという社員は聞いたことがない。つらくてもお金が入った時は頑張った甲斐があったと思える。
引用元:https://en-hyouban.com/company/10010158946/kuchikomi/4875605/

給与の高さは、オープンハウスの魅力です。

成果を上げれば、20代の若い社員でも年収800万円と高額な報酬を受け取ることができます。

1年目から100万円以上のボーナスをもらう人が多いというのも、他企業と比べて異例と言えるでしょう。

スピード出世や昇進も可能であり、頑張った実績が報酬として反映されやすい体制が整っています。

大変な環境であることを分かって入社する人が多いので、意外と辞めていく社員はいないイメージ。若くして上に上がれてキャリアアップできるため、ステップアップの転職をする人はいる。20代で東証一部上場企業の管理職となれば転職市場では、かなり優位。そんな立ち位置にほぼなれるのが会社の良さだと思う。クビになった社員も過去いないし、頑張り続けさえすれば報われる環境なので、覚悟があればおすすめ。常に成長している会社なため、潰れる心配もなし。
引用元:https://en-hyouban.com/company/10010158946/kuchikomi/4875643/

不動産業界でも急成長を遂げているオープンハウスは、雇用の満足度も高いようです。

社員は事前に情報収集をして入社しているためか、退職する社員もほとんどいません。

若くして管理職など責任あるポジションを獲得することもできるため、転職の際は目的を持ち、自身のキャリアアップを考えておくことが大切です。

“入社後の研修というよりは、入社前に全ての研修を終わらせる。入社と同時に即戦力として働くイメージ。だからこそ最初から成長のスタートダッシュはきれるので、他社の同期とは比べ物にならないくらい成長スピードは早い。入社前は前半戦はまず宅建をとる。模試なども充実して、やらざるおえない環境なため、自分で勉強するよりもはるかに取得率は高い。入社後は実際にやって覚えていくスタイルだが上司がしっかり教えてはくれる。大手の地味な研修制度よりも良い。接客、案内の同行もできる。” 引用元:https://en-hyouban.com/company/10010158946/kuchikomi/4875636/

オープンハウスの営業職では、実践を通して、知識や技術を磨いていきます。

研修は入社前に一通り終えて、あとは現場で学びながら個々のスキルを高めていく教育手法です。

資格試験の勉強も必要ですが、自らを追いこむ環境をつくることで合格しやすくなるでしょう。

営業で困った時は上司のサポートも受けられるため、安心して仕事に取り組めます。

男女平等の評価だからこそ多くの女性が活躍

上記の社員インタビューで、オープンハウスの風通しの良さや給与の高さ、若手のチャンスの多さなどを実際に働いている方々の声をもとに紹介しました。

このような声を聞いてオープンハウスを魅力的に思いつつも「不動産業界は男性社会だろうな」「女性の場合でも安心して働けるだろうか」といった不安を聞くことも少なくありません。

しかしながら、オープンハウスではそのような不安を持つ必要はありません。

“オープンハウスは、本当に結果主義なんです。結果さえ出せば、男女は関係ありませんし、平等に評価されます。よく“女性に優しい会社”と言われるところでは、女性にはキツイ仕事を任せなかったり、小さな商品しか扱わせなかったりしますけど、うちの会社は仕事自体も平等。それが私にとっては、本当の男女平等だと感じています。” 引用元:https://recruit.openhouse-group.com/career_sales/interview/128/

結果で評価してくれるからこそ、男女関係なく平等に働ける環境があります。

また、女性の働き方を改革するダイバーシティ委員会を発足し、産後も正社員で戻れる制度や、女性のみの営業部立ち上げなど、女性の働きやすさも整えているため、安心して働くことができます。

“若い社員が多いため実績が少ないが、その分会社が今の女性社員の意見に耳を傾けてくれ、働いやすい環境を整えてくれていると感じる。
実際時短制度は5パターンから成り、子供が18才になるまで使い続けることができる。時短制度で働きながら昇進昇格をしている社員もいるのは女性社員にとって希望となっている。これも家庭を持ちながらバリバリ働きたい女性社員が提案したことでできた制度。社長も会社も女性の活躍は応援してくれていると思う。”
引用元:https://en-hyouban.com/company/10010158946/kuchikomi/2934955/

実際以下のような口コミもあり、女性が働きやすい環境が整っていることがわかります。
現在は2パターンの就業スタイルがあり、その他、保育園の費用補助や、両立支援手当(ベビーシッター補助)などの制度も充実しているようです。

オープンハウスの事業内容・企業分析

ここではオープンハウスの事業内容を紹介し、企業の将来性についても解説していきます。

オープンハウスの事業内容

不動産グループであるオープンハウスの事業内容は、住宅の販売・仲介、分譲物件の開発から施工、不動産投資など多岐に渡ります。

ここではオープンハウスの主な事業である、4つの柱についてご紹介します。

戸建関連事業

戸建事業は、オープンハウスの急成長に欠かせないコア事業です。

強みである圧倒的営業力を活かし展開される戸建事業は、「東京に、家を持とう。」をスローガンに消費者のニーズを捉えることで成功を収めています。

遠くて広い物件よりも「多少狭くても近い物件を」という要望から、都心部に集中して事業を展開してきました。

近年はさいたま市や名古屋市、福岡にも進出し、異例のスピードで規模を拡大しています。

マンション事業

戸建事業で得た情報量を武器にマンション事業も展開しています。

当初はエントランスホールのない長屋形式のマンションで成功を収めましたが、時代の変化に合わせて、現在は、都心・駅近というコンセプトはそのままに一般的なマンションを販売しています。

他社が高価格帯でマンションを販売する中、同エリアでも合理的なコストダウンをすることで、東京23区内でもトップの供給棟数を誇っています。

収益不動産事業

収益不動産事業は、一棟丸ごと買い入れた不動産にリノベーションを施し、価値を高めて市場に再流通させる事業です。

金融や不動産の情勢に左右されやすい領域でありながら、オープンハウスは1,000億円を超えるまでに成長しています。

都内でも収益不動産事業を行っているところは各社ありますが、オープンハウスの特徴はメンバーが20代の若手を中心に構成されている点です。

この領域は、不動産知識に精通したベテランが任されるのが一般的ですが、あえて若手中心にメンバーを組むのは、オープンハウスが常に挑戦する精神を忘れないからだと言えます。

米国不動産事業

オープンハウスは、2017年から第4の柱として米国不動産事業を展開しています。

国内の富裕層の資産形成をアメリカの不動産投資を通じてサポートする事業です。

一兆円企業を目指すオープンハウスでは、新しい市場を海外で開拓することが必要不可欠でした。

自社で物件の選定から融資・購入・管理・売却に至るまでを行う「ワン・ストップ・サービス」を開発するなど、富裕層が安心して投資できるような環境を整えています。

無限の可能性を秘めている米国不動産事業への挑戦は、まだ始まったばかりです。

オープンハウスの企業分析

オープンハウスは、不動産業界でも抜群のスピードで成果を上げている企業です。

ここでは、2019年9月期決算説明会資料を参考に、事業の進捗状況や将来性などを解説していきます。

オープンハウスの事業進捗状況

オープンハウスは売上高を順調に伸ばしており、現在5,400億円に到達しました。

7期連続となる過去最高の売上高は、前期より38.3%増となります。

オープンハウスは1兆円企業へ向けて挑戦を続けていますが、その目標達成は確実に迫っていると言えるでしょう。

セグメント別では、ホーク・ワンとの連結効果もあって、オープンハウスの核となる戸建事業で大幅に業績を伸ばしました。

マンション事業も増益となり、米国不動産事業でも国内富裕層の資産分散ニーズを捉えることができたため、売上高を倍増させています。

米国不動産事業は他のセグメントと比べてそもそもの実績額が少ないですが、その成長スピードに驚かされる人は多いです。

共働きや子育て世帯など都市部へのニーズは続く

オープンハウスは、8期連続で過去最高の売上高更新を目指しています。

都心特化型の戦略は今後も需要が続くと思われ、世帯数は東京23区内を中心に、横浜市や川崎市など都市圏で増加中です。

女性の社会進出により共働き世帯や子育て世帯が増える昨今、通勤に便利な都市部へのニーズは依然として高くなっています。

日本の人口は減少傾向にありますが、価格が安定している戸建を中心に、オープンハウス来期も売り上げを伸ばしていくことでしょう。

オープンハウスの情報まとめ

オープンハウスは不動産業界で飛躍的な成長を続け注目されている企業です。

転職市場では、高い年収が期待できる就職先として注目されています。

首都圏を中心に住宅を提供しているオープンハウスは、一人ひとりが持つ様々なニーズに応え、マイホームという夢を現実にするサポートをしています。

首都圏に家を持ちたい、駅近の家に住みたい、リーズナブルな価格で家を手に入れたいなど、様々な要望に丁寧に応え、多くの人に選ばれて各地で地域ビルダーNo.1を獲得しました。

多くのユーザーに選ばれる魅力ある住宅を提供しているからこそ、営業もしやすく、高い年収が期待できると言っても良いでしょう。

もちろん、実績に応じて昇給のチャンスがある点で働くモチベーションが上がり、営業スキルが上がって年収が上がっていくという側面もあります。

実際に、オープンハウスで働いている社員の口コミからは多くの社員が生き生きと仕事をしている様子が伺えます。

口コミを分析すると、オープンハウスの企業文化・雰囲気は明るく楽しく、社員が気持ち良く働ける環境だということが分かりました。

徹底した実力主義・成果主義を実践する企業は、仕事の成果が報酬に反映されるメリットがある半面、職場の雰囲気が殺伐としがちというデメリットもあります。

しかし、社員の口コミからは上司が工夫して雰囲気作りをして、徹底的な実力主義でありながら良好な人間関係が構築されている点がオープンハウスの企業文化となっていることが分かります。

また、若手にもチャンスがあり、大きな仕事も任せてもらえて知識が身に付くという口コミも見つかりました。

入社してから家を売れるまでが早いオープンハウスは、取り扱う家に魅力があってユーザーに選ばれる企業だからこそ、営業もやりやすいと言えるでしょう。

仕事をしながら知識とノウハウも増えて、どんどん営業力がついていきます。

気になるオープンハウスの年収については、社員の口コミに頑張って結果を出せば稼げるという証言があります。 ボーナスでもらえる額が多いことも口コミに書かれていました。

高い年収が期待できるだけでなく、社員が働きやすいオープンハウスは、安心して転職先として検討できるでしょう。 もちろん、企業分析上でも企業として今後の成長も見込めます。

これから、オープンハウスへの転職を考えている人は、ぜひ熱意と行動力を武器に面接に臨んでください。

営業経験がない未経験者でも、オープンハウスなら高い年収を目指せるので、積極的にチャレンジしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。